« 初スクリメージ | トップページ | 夏の予定 »

2015年7月 8日

世界から猫が消えたなら

今年も とうもろこし がおいしい季節がやってきました。
両親が 朝採れの とうもろこしを 持ってきてくれました。

***** ご注意!!!! 一部 ネタバレ ありです *****

最近では 良本の判断基準のひとつにもなっている 「本屋大賞」 にノミネートされた作品

何でも略すのはどうかと思うけど、 「セカ猫」 っていうらしい

主人公は 余命宣告をされた 郵便配達員

失意に暮れ、自暴自棄になりがちな主人公の前に 自分そっくりな悪魔がでてきて、その命を1日延ばす変りに 世の中のものをひとつ消すという交換条件を提示される

という、 ファンタジー作品

悪魔と出会うという 設定の是非はともかく、 悪魔とのやり取りの中、主人公が自分の幸せ を 考える ストーリー で、 読後感に心温かくなった

派手な事件は起こらないし、感動的なエピソードもないけど、

普通の人が ”生きる”ってこと、
普通の人の ”家族”ってこと、
そして ”幸せ” ってこと

などなど、すっと 心に染み入るフレーズがあって、心が洗われる感じがする

悪魔という ファンタジー設定をしているが、そんな軽い設定だから 死に直面した暗い設定も 相殺されているような気がする

読者の置かれている環境、経験で 感じ方は 様々かもしれない

2016年公開予定で映画化も決まっている(主演 佐藤健)
ページ数も多くないので、映画を観る前に 一読されるのがいいと思う

|

« 初スクリメージ | トップページ | 夏の予定 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初スクリメージ | トップページ | 夏の予定 »