« ミニ国体 @深谷ビックタートル | トップページ | 大学練習試合0818 »

2015年8月23日

JR深谷駅

01b8f29aef4dec214cc806fe54b9e475153バスケのミニ国体を観戦に JR深谷駅を利用したのだが、ホームに降りて なんとも言えない感じがした。

ホームから見える駅舎が とても立派

深谷体育館までのタクシーの中で伺った話だと、この駅舎は東京駅をモチーフに建築されたそうです。

なんとも言えない気持ちは 私にとって見慣れた東京駅を思い出させたからだったんですね。

何故に 東京駅を・・・ といえば、東京駅に使われている 煉瓦が深谷煉瓦と呼ばれるこの地の日本煉瓦製造のものだから。

深谷駅舎は 1996年の建て替え時に現在の姿となったが、耐震性の観点から 煉瓦は使われず煉瓦風タイルを使っている。

0197bf94077324fe2102ec0b7dff1af2056あいにくの雨でしたが、素敵な佇まいでしょう。

深谷煉瓦は 東京駅だけでなく、法務省旧本館や 迎賓館などにも 使用されたそうだ。

バスケ観戦をした 深谷市総合体育館も レンガを使用されていたし、駅周辺の公園等にも多数う使われていた。
深谷市は レンガを使った町づくりを推進しているとか。

01712161dde7d64b93c43ef081a63f473f3

駅から少し離れて撮った右写真
ビジネスホテルのルートインも 駅舎にマッチした作りになっていますね。

思いもよらず、興味深い建物を見知ってしまいました。
レンガを使用した興味深い建築物が多数あるとのこと。
時間を作って再訪したいものだ。 

この地は 日本金融界で活躍した 渋沢栄一氏の出身地
駅北口には 渋沢栄一氏の没後80周年事業で 毎時動くからくり時計があるらしい。

湘南エリアから乗り換えなしで行けるようになったとはいえ、片道約2時間半
やはり 遠い・・・
交通費は JRの休日お出かけパスを利用すれば お財布はさほど痛くはありませんが。
往復約5時間のローカル電車旅は 流石に帰路は 少々 腰が痛くなってきてしまいました。

|

« ミニ国体 @深谷ビックタートル | トップページ | 大学練習試合0818 »

あしあと@関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミニ国体 @深谷ビックタートル | トップページ | 大学練習試合0818 »