« お好み勢揃い | トップページ | 9月!卓球も リオ代表 決定へ »

2015年8月31日

辻井伸行 自作&クラシック コンサート

0124064ceb42ed3ebe2ff8d6819402e81c8

8月26日 サントリーホールで開催された 辻井伸行 自作&クラシック コンサートに行ってきました。

昨年は 苦労せずに入手できた 辻井さんのコンサートチケット
しかし、今年は抽選漏れが続き、巷で言われる 今一番入手困難なチケットを実感しています。

そんな中で 久しぶりの 辻井さんのピアノです

夏休みではありますが、平日午後2時開演にも関わらず、会場はほぼ満席

1部は 辻井さんの自作曲を オーケストラ・アンサンブル金沢(田中祐子指揮)との共演でオーケストラバージョンで披露した

辻井さんは マエストロ、神様のカルテ等の映画やTV番組に楽曲を提供している。
今まで リサイタル等で聞いたもの、CDに収録されたもの等 馴染みのある曲が多かった。
いずれも 綺麗なメドレーの中にも 芯の強さを感じる曲で 聴いていると明るく前向きになれる気持ちの良い曲ばかりだ。

休憩後の2部は オーケストラで パリのアメリカ人、辻井さんが加わって ラプソディ・イン・ブルー と ガーシュウィンを2曲

昨年末のクリスマスコンサートでも感じたが、 辻井さんは ジャズ系のピアノを弾く時は本当に楽しそう
ラフマニノフ、プロコフィエフ等の王道クラッシックも素敵だが、ガーシュインも別な一面を感じて 辻井さんのレパートリーの広さを感じる。

アンコールは ガーシュイン プレリュード1番(ピアノソロ)と 自作の それでも、生きてゆく

それでも、生きてゆく は 東日本大震災後に作った曲だ との説明があった。
こちらも 心地よい旋律の中に 後押しをされているような気持ちになる曲だった。

最後まで 心洗われ、元気をもらえた コンサートだった

なお、今回の席は A席 2階 RD
S席は外れた結果の席だったが、 ステージをしっかり見渡せ 程よい距離感の席だった 

|

« お好み勢揃い | トップページ | 9月!卓球も リオ代表 決定へ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お好み勢揃い | トップページ | 9月!卓球も リオ代表 決定へ »