« 読書の秋・食欲の秋2 ~ 和菓子のアン | トップページ | 今年の秋は東海大記録会から »

2015年9月29日

大学リーグ4週目

大学バスケのリーグ戦は4週の8戦目に入った。

今回の対戦相手はビッグセンターを擁するS玉工大です。

昨年度負け越した相手だけに何とか勝利したい我がチーム。スタートは#47・#57・#51・#31・#71の5人でマンツーマンで入りました。

立ち上がり我がチームはマンツーマンからの速攻で波に乗り、3年FW#51と2年シューター#57の外角でリードを奪う。

一方S玉工大はファールトラブルに陥り、メンバーを替えてもなかなかシュートまで至らず、1ピリを24-12と我がチームがリードを奪う。

この勢いで我がチームが走り抜けるかと思ったが、2ピリに入るとS玉工大のビッグマンのシュートやFW陣のスリーが決まり始める。

1ピリと真逆な展開となりましたが、問題は我がチームのシュートが10分間全く入らず、前半を終えて24-34と10点のビハインドとなってしまった。

あまりに極端な状況にベンチは静まり返ってしまいましたが、我がチームがやれることと言えば脚を使うことで、3ピリに入ると一気にひっくり返したところで相手がタイムアウト。ここから再びシーソーゲーム状態になる。

4ピリではこちらは最後フィニッシュの部分が雑になって得点に繋げられないところで、S玉工大のスリーがよく決まってしまい、最終スコア56-69で痛い3敗目を喫してしまいました。

チームの弱さを見せてしまった今日の2ピリ。この立て直しが出来ずに負けてしまいましたが、翌日に9戦目はあります。今日のこの悔しさを明日の勝利に繋げて欲しいところ。

続く9戦目の対戦相手は個人能力が高く、外角シュートの得意なT京経済大学です。

ここまで3連敗の我がチームですから雰囲気は決して良くありませんが、ここは死に物狂いで勝利を掴まなくてはなりません。

スタートは#47・#57・#51・#31・#71の5人。マンツーマンで入る。

試合が始まるとT京経済大学は持ち前の運動能力を生かした1対1で勝負してき、我がチームは瞬間劣勢になる。

T京経済大学は1対1だけでなくエースFW#19(4年)のスリーも決めてきて、こちらはもっとマンツーマンを激しくしなければなりません。

我がチームは2年シューター#57や3年FW#51のシュートで対抗しますが、得点を取っても直ぐに奪われるという展開が続き、なかなかリードを奪うことが出来ません。

興奮の前半戦。38-41と3点ビハインドで前半を終えた。

昨日の試合でスタートの選手を引っ張ってしまった関係で、この試合では交代を早めに行い、リザーブが気を吐く時間が多かった。

そんな中で高い能力のT京経済大学に対してこの点差は上出来。ですが後半はもう少しゲームコントロールをして失点を抑えなければなりません。

後半になってもT京経済大学はGF#23(2年)を中心に1対1をねじ込んできましたが、こちらは2年PF#87のスリーや3年FW#51のミドルがよく決まり、更にはシューター#57のスリーや2年PG#47のドライブからのカウントプレイも決まりリードを奪い、最終スコア80-72で見事勝利を奪いました。

苦しい状況での勝利はチームに活気を与え、上位リーグに向けての士気が高まったことと思います。

1次リーグは残すところ2試合です。厳しい試合が続きますが、全て勝利を掴む気持ちで頑張って欲しい。

|

« 読書の秋・食欲の秋2 ~ 和菓子のアン | トップページ | 今年の秋は東海大記録会から »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読書の秋・食欲の秋2 ~ 和菓子のアン | トップページ | 今年の秋は東海大記録会から »