« 話題の CM 白鳥 vs 黒鳥 | トップページ | あの男が帰ってくる! 二人の豊 »

2015年9月 9日

新人大会に向けて

市民大会ではまずまずの出来を見せた中学バスケチーム。

次の課題は10月中旬に行われる新人大会です。
新人大会では我々の所属するT摩市以外にH野市とI城市の中学校が加わり、市民大会の倍以上のチーム数が参加する内容となりますから、ここで勝ちあがるには何か戦略が必要になるでしょう。

前回行った市民大会が終わった後にビデオを観ながら試合データーの集計を行いましたが、2点シュートの成功率が低すぎるのとターンノーバーの数が半端なく多く、このままでは勝てなくなりそうです。

ですがこれは練習試合の数をこなしながらバスケットを理解し、ガードを中心にゲームコントロールを少しずつ出来る様にするしかないですね。
またシュート確率については今回の試合を通じて普段のシューティングのままで良いのか?という具体的課題を選手らに提示する形となり、ただシュート成功率を上げればよいということを理解できたことでしょう。

またシュートステップについても大会終了後から新たなシュートドリルとして取り入れることとし、多くのステップを習慣的に行うことから試合中での色々な状況に対応できるように使いこなして欲しいと考えています。

そしてディフェンスについてはU-15での「ゾーン禁止」を受けて、マンツーマンに力を入れてはいますが、ゾーンプレス自体は禁止ではありませんの、マッチアップエリアでの守り方を徹底させつつ、どこかでトラップを入れる展開を練習をしたいと思っています。

ただ、チームとしては間もなく始まる「定期試験前休み」に入るので、その前に少しでも練習をしていきたいと考えています。

|

« 話題の CM 白鳥 vs 黒鳥 | トップページ | あの男が帰ってくる! 二人の豊 »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 話題の CM 白鳥 vs 黒鳥 | トップページ | あの男が帰ってくる! 二人の豊 »