« 大学チームの苦悩 | トップページ | 15 箱根駅伝予選会 »

2015年10月17日

反省練習1015

気合を入れて初戦突破に挑んだ中学バスケチーム。

その結果は非情なものでしたが、いつまでも下を向いて入られません。

ミーティングを行い、試合データーを共有し、まずは何が足りなくてこうなってしまったかを話し合った。

下を向いて落ち込んでいる彼等がその内容をどの位理解をし、次の大会に向けてやる気を出せるようになったかは分かりませんが、コーチとしては声を大きくして彼等を引っ張るのみです。

色々足りないところはありますが、まずは来年に行われる多摩大会に向けて体力アップを図ることが大切です。

正直暑い夏練習で走り込みが十分に出来なかったので、涼しくなった今こそトレーニングに力を入れたいと思います。

またそれ以外に多くのオフェンスステップの反復練習を導入し、日々これを行うことにより1対1のレベルアップを図りたい。

そうすればディフェンスの能力も引っ張られて上がると思うので、上手くはまってもらいたいところ。

15日の練習では、涼しさから意欲的に走ってくれましたが、体が動き過ぎたせいで逆にダウンした選手が何人か出てきました。

少しずつこういったことに慣れてくれば、オールコートでの展開で相手に負けなくなる時が来るかもしれません。

その日を目指して頑張るのみですね。

|

« 大学チームの苦悩 | トップページ | 15 箱根駅伝予選会 »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学チームの苦悩 | トップページ | 15 箱根駅伝予選会 »