« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日

体操男子団体 37年ぶりの優勝!

なんとも悔しかった 前回の銀メダル から 早1年

ついに 内村航平選手が引っ張る 体操男子日本チームが 世界選手権(@グラスゴー)で優勝しました!

世界選手権では 37年ぶりの 優勝だそうです。
おめでとうございます。

オリンピックを含めても アテネ五輪の優勝以来 崩せなかった 中国チームの壁でした。

個人総合では 前人未踏の5連覇を達成した 内村選手が 世界大会前に常々口にしていた 団体での優勝
白井選手、萱選手と 次世代のホープ達の 物怖じない活躍もあって 予選も中国を押え首位通過。

決勝でも 常に 中国をリードする展開。

続きを読む "体操男子団体 37年ぶりの優勝!"

| | コメント (0)

2015年10月30日

リンゴのシーズンに!

気がついたら葡萄のシーズンは終わり、これからはリンゴですね。

さすがに我が家の近くにリンゴ園無いので、美味しそうなところから通販して取り寄せている。

そして今年も楽天サイトの「弘果フレッシュ便」より「おまかせりんご」を注文。

届いたのが4種類のリンゴでした。

シナノゴールド、シナノスイート、星の金貨、弘前フジ…

スーパーで並んでいるものを選ぶと、つい無難なものしか買いませんが、これならもう後は食べるのみです。

全部で16個、これで2,500円(税込・送料込)なので、まさにお試しでいただけます。

しばらくはスーパーでの衝動買いは無さそうですね。

4

続きを読む "リンゴのシーズンに!"

| | コメント (0)

2015年10月29日

これからの手引き本

前回 勝沼の ミル・プランタンでランチをしている際に 手に取った本です。
即買いしてしまいました。

この本は 2005年から隔年に発行されていて、最新号は 2014年の第6号

既に、1年が経っていますが、その豊富な内容に 2016年の次号まで待てませんでした。

やはり 勝沼エリアの話題は多いけど、それだけではありません。

全国を回っての 徹底した現地取材は ワイナリーの特色、おすすめワイン、ワイナリー周辺のお食事処、予定されているイベント まで 網羅して、読んでいるだけで ぶどう畑の真ん中にいる気分になります。

兄貴と二人で この本を見ながら、次に立ち寄りたい ワイナリー、購入したいワイン を 想い浮かべ ニンマリしています。

山梨(勝沼)だけでなく、日本全国のワイナリーを対象としています。
それぞれの地で、ワイン作りに挑戦している姿は、応援したくなります。
これから旅行での 立ち寄り先候補探しにも 重宝しそうです。

| | コメント (0)

2015年10月28日

大学2次リーグ最終日

2次リーグに入り、我がチームは3戦3敗と良いところがありませんが、残すところあと2戦。ここは頑張らねばなりません。

その対戦相手は目下全勝で1位を走るK沢大。1次リーグは3点差というところで負けてしまいました。今度こそリベンジしたいところ。

スタートは#47・#57・#31・#28・#71でマンツーマンで入りました。

立ち上がり、K沢大は得意の外角が決まらずリバウンドからの速攻を試みますが上手くいかず、逆にミスプレイから相手センターに決められてしまいます。

我がチームはメンバー交代を入れながらK沢大に離されない様に粘りますが、相手の厳しい当たりに対し審判の笛が味方になってくれず苦しい時間を過ごす。

それでもこの試合に負けられないという4年生PFである#31のドライブやセンター#71のリバウンドやブロックショットにはこれまでにない気迫を感じられたが、この苦しい前半は21-39と我がチームが18点のビハインドで終わった。

追いつきたい後半。2年生シューター#57や#87のスリー、2年SG#32やPG#47の粘り強いゲームコントロールで10点差まで詰め、あともう少しというところまできましたが、再び審判の笛が暴走。試合を壊す。

4ピリには我がチーム#32が相手選手にユニフォームを引っ張られて倒されているにもかかわらずそれを見ていなく、それをアピールしたうちのベンチがテクニカルファールを吹かれるという、本当に信じられない出来事まで起きてしまい、結局このままK沢大のペースで最終スコア49-67で試合が終わってしまいました。

何ともしっくりこない終わり方。両チームの選手は必死にプレイをしているのであり、審判はもっと精度の高いジャッジをしてもらわないと戦った選手の心に何も残りません。

続きを読む "大学2次リーグ最終日"

| | コメント (0)

2015年10月27日

紅妃 ~ 赤いキウイ

015b5a0bc39fb99ac60104c0a902870a3aa

不思議な キウイ を 見つけてしまいました。

藤沢のわいわい市にて 紅妃(コウヒ) と 名づけられたキウイ
名前の通り、実に赤い部分があります。

出品は 湘南台の 神山果樹園 さん
5-6個で500円と お値段も納得でしたので、新し物好きとしては早速購入

大きさは グリーンキウイより小さ目
毛も少なく、ゴールデンキウイに似ている

カットした見た目も綺麗でしたが、何より 糖度が高くて甘さにビックリ。
キウイのイメージが変わってしまいます。
キウイの酸味がOKの我が家では ヨーグルトを入れて 酸味を足しました。
砂糖は全く不要。

食べ慣れると その甘さに 幸せを感じます。
フルーツの甘さって やさしくて 心地よいですよね。

キウイというより その色合いから イチジクを思い出すよね~と兄貴と話してました。

ネットで調べてみたら、キウイの種類には 紅妃と同じ様に 赤い部分のあるキウイが数種類あるのですね。
レインボーレッドキウイ とか 紅鮮 とか。
いずれも 酸味が控え目で甘味を強く感じるようです。

低温下で追熟する性質のため、貯蔵性はあまりないとか。
今が 食べ頃ということでしょう。

尚、神山果樹園さんに 電話で問い合わせをしたら、11月上旬くらいまではある様子
直売所も毎日 午後2時半から開いているそう。
今度寄ってみたいと思います。

| | コメント (0)

2015年10月26日

アメリカ大会から グランプリシリーズ始まる

いよいよ フィギュアスケートは シニアのグランプリシリーズも始まりました。

初戦のアメリカ大会から 女子 宮原知子選手が3位、男子 宇野昌磨選手が ショート4位から順位をあげての2位 と 見事な結果を残しました。

特に シニアGPデビュー戦となった 宇野選手
ショートで 4回転ジャンプの転倒もあり 4位スタート

翌日のフリーでは ジャンプにこらえるところとか、小さな取りこぼしはあったけど、Japan Open に続いての 素敵なトゥーランドットの世界だった。
4回転ジャンプも トリプルアクセルも 2回決めて、会場を唸らせる演技で堂々のフリー1位

ショートの得点差で 優勝とはならなかったけど、世界のフィギュアファンに ”宇野昌磨 Shoma Uno” を印象つける 素晴らしい演技でした。

私は ライブストリーミングで観ていたけど、最後のポーズに待ちきれず、立ち上がる人が映っていましたが、私も 最後のスピンの時既に拍手していました。

おめでとうございます!

続きを読む "アメリカ大会から グランプリシリーズ始まる"

| | コメント (0)

2015年10月25日

全日本ノービス大会観戦

Dscf1461昨日 東伏見まで フィギュアスケートの全日本ノービス選手権を 見に行ってきました。

場所は 西武新宿線 東伏見駅
駅前ロータリーに面してある ダイドードリンコアイスアリーナ

ノービスは ジュニアの下のカテゴリーで、大雑把に言って、ノービスAが 中1、小6、ノービスBが 小4、小5
というのも スケートでのカテゴリー分けの年齢が7月1日で分かれるので、誕生日が6月までなら ひとつ上のカテゴリーとなります。

初のノービス大会、初の東伏見
リンク入口から入ると すぐに受付があり、入場料1000円
写真のパンフが付くので、納得のお値段。

お目当ては 男子ノービスA

既に 3回転ジャンプをアクセル以外は身に付け、さらに3回転ー3回転の連続ジャンプも習得している 小6佐藤駿選手を始め、小6世代を中心に期待の選手が多くいるからです。

時間の関係で 途中までしか観れなかったけど、すっごく楽しみました。
優勝した 佐藤選手や 2位 佐々木選手ら 3回転をマスターしている選手にもちろん 利がありますが、 まだ習得途中の選手も ステップやスピン等の他の見せ場をしっかり持っていて 小学生ながら頼もしい。

続きを読む "全日本ノービス大会観戦"

| | コメント (0)

2015年10月24日

野田秀樹版 フィガロの結婚@東京芸術劇場

01b0135f4499caae5332a2e1a4a8ebe1e97久しぶりに 野田秀樹の演出作品を観てきました

”フィガロの結婚 ~庭師は見た!~ (新演出)

今年の5-6月にかけての 春期公演で好評を博し、秋期公演はほぼ即売だった 野田版フィガロ

東京芸術劇場での追加公演分を 運よく入手できました。

最近 辻井さんのコンサートで遭遇率の高い 井上道義が 指揮・総監督
この 野田・井上のコラボは30年越しの企画というから期待せざるをえません。 

今回は 日本人オペラ歌手が演じる フィガロ・スザンナは日本語で、外国人歌手には原語で 歌わせる 演出

舞台も 黒船来航時の長崎

と 有名オペラも 野田演出にかかると デフォルメ感が素晴らしい。

会場では NHKの収録の案内がありましたので、後日放映されるかな?

*** 以下 チラッと ネタバレあり ***

続きを読む "野田秀樹版 フィガロの結婚@東京芸術劇場"

| | コメント (0)

2015年10月23日

15 高島平ロードレース

Dsc_5363箱根駅伝予選会の翌日 日曜日に 高島平ロードレースを観に行ってきました

昨年に引き続きの好天気
いゃ、日向では暑いくらいでした。

大学チームでは、シード校で予選会を走らなかった 東海大、駒大、城西大 など
予選会校からは 帝京大、国学院大、創価大 等が 多数 参加していました。
前日の予選会での厳しさを見た後だけに、それぞれに思うところはあったでしょう。
特に、予選会落ちとなった 国学院大、創価大は 再来年の箱根駅伝を目指す第一歩です。

私は 過去2年の経験を踏まえ、今年はスタートライン → 7キロ地点 → 周回路を逆走する形で ゴールへ 戻るルートを選択しました。

続きを読む "15 高島平ロードレース"

| | コメント (0)

2015年10月22日

食べ応え充分!

食べ応え充分!
食べ応え充分!
大学バスケチーム週末の連敗は本当に堪えました。

ベンチで見ているだけの私が暫く何も考えたくない位の感じでしたから、プレイヤーの落ち込みや体力の消耗は半端ないことでしょう。

今日はそんなプレイヤーの何人かを呼び出し、力の元となるお肉を食べさせ、今週の試合に向けて気合を入れました。

入ったお店は「いきなりステーキ相模大野店」で、リブロースを注文。

いゃあ〜、若者は沢山食べますねぇ〜。

すっかり財布が軽くなりました!

| | コメント (0)

2015年10月21日

大学リーグ・2次リーグ2週目

大学バスケチームは17日、2次リーグ2戦目を戦いました。

対戦相手は前回大きく突き放されてしまったJ天堂大です。

ディフェンスのチェンジングをしながらリバウンドとブレイクを課題にした我がチーム。スタートは#47・#57・#31・#28・#71の5人。

ゾーンとマンツーマンのチェンジングで入った我がチームに対して、J天堂大は思う様に得点を決めることが出来ず、ロースコアの展開で進む。

J天堂大の攻撃を抑えてることは良いのですがこちらのシュートも決まらず、試合が進むにつれマンツーマンでのキャッチが甘くなってしまい、J天堂大に中盤突破からのドライブを許して1ピリを15-22とビハインドで終える。

前回やられているだけに、このビハインドは気になるところでしたが、J天堂は前回と異なり外角を落としており、そのリバウンドも取れているので流れ自体は悪くはありません。

我慢の2ピリ。前半を終えて29-35と6点ビハインドとはいえ、雰囲気は悪くありません。

後半に入るとJ天堂大に疲れが見えてきました。エースプレイヤー#38を下げたり、ディフェンスをゾーンディフェンスにしたり、我がチームは速攻やスリーを決め、ここで42-42と同点となりラスト4ピリを迎えました。

この苦しい時間にJ天堂大はスリーやミドルを決めてきて得点差を広げてきましたが、かなり疲労が見えており、こちらが速攻に持ち込めば追いつけません。

そして粘り強いマンツーマンでJ天堂大のミスを誘い、我がチームは#57の連続シュートが決まったところで64-64の同点となり、これで延長戦か?と思った残り1秒でJ天堂大フォワードの放ったスリーが劇的にも決まり、最終スコア64-67でこの試合に敗れてしまいました。

前回大敗してしまった相手に対して、あと少し…というところまで追い込みましたが、本当に残念でした。

続きを読む "大学リーグ・2次リーグ2週目"

| | コメント (0)

2015年10月20日

白いポスト

先日 みつけた この物体

Image

何かと思ったら 郵便ポストでした

最初見つけた時は、何の案内もなかったので、いよいよ 変わり種のポストもできるのか? と ワクワクしました

そういえば、ポストの真上に 鳥が集まる大きな木があって、糞害が酷いから、それを隠すためかな? とも思ったり。

その後 只今 塗り替え中の 案内が出ました
今は 普通の赤いポストに 戻っています。

白いポスト、意外と いい感じだったんですけどね、、、

| | コメント (0)

2015年10月19日

今読んでいるのは?

今読んでいるのは?
警察小説の好きな私(兄貴)ですが、最近読み始めたのはこれです。

佐々木譲さんの『犬の掟』です。

犬と言っても可愛いワンちゃんのことではありません。

まだ読み始めなので全てを理解した訳ではありませんが、久々の硬派な警察小説を楽しんで読んでおります。

なお、これは道警シリーズではなく、東京の城南エリアが舞台です。これからこの東京シリーズも続くと良いよなぁ〜。

| | コメント (0)

2015年10月18日

15 箱根駅伝予選会

昨日行われた 箱根駅伝予選会で、来年の本戦出場校が決まった

昨年は創価大が初出場を決めたが、今年は東京国際大が創部5年目にして、箱根駅伝スタートラインへの扉を開いた
おめでとうございます

留学生の力もあったが、昨年の予選会でも途中まで通過圏内にいたが、ラスト5kmで13位に。
次の初出場校候補筆頭だった

と秘かに今年の躍進を期待してた大学ではあったが、6月の全日本予選会では全く戦いになっておらず、今年はまだ厳しいかと思っていました
よくぞ、その後力をつけ、予選会にピークを合わせてきました

成績発表前に不安な表情をみせた箱根常連校に比べ、東国大陣営がやりきった感と期待に溢れた雰囲気だったのが、会心のレースだったことを物語っていました
予選会挑戦 43校目の 箱根駅伝出場校となりました

2年ぶりに帰り咲いた法政大も、次点に泣いた6月の全日本予選会からよく立て直した
特にエース足羽選手のゴールまでの粘りの走りは法政大の覚悟を感じたし、後続の選手も各々が果たすべき仕事をきちんとして、エースの粘りに応えた

そして、予選会通過の明暗は、10秒の差だった

国士舘大が通過圏内でレースを展開していたが、最後の2キロで上武大に逆転されてしまった
17.5キロ地点の速報では 9位で、東京国際大、上武大に先行していた。
チーム 9、10番手のゴールは圧倒的に国士舘大が早かった
出走選手全員がやるべき事はやったのだと思う

箱根駅伝予選会は、上位選手が速くゴールして貯金を作り、下位選手がいかに遅れを最小限にしてその貯金を使わないかの戦いだ

今回は上武大の1〜3番手選手が作った貯金が僅かに上回った

今年の箱根駅伝出場校からは 国学院大と創価大が予選会敗退となった。

| | コメント (0)

2015年10月17日

反省練習1015

気合を入れて初戦突破に挑んだ中学バスケチーム。

その結果は非情なものでしたが、いつまでも下を向いて入られません。

ミーティングを行い、試合データーを共有し、まずは何が足りなくてこうなってしまったかを話し合った。

下を向いて落ち込んでいる彼等がその内容をどの位理解をし、次の大会に向けてやる気を出せるようになったかは分かりませんが、コーチとしては声を大きくして彼等を引っ張るのみです。

色々足りないところはありますが、まずは来年に行われる多摩大会に向けて体力アップを図ることが大切です。

正直暑い夏練習で走り込みが十分に出来なかったので、涼しくなった今こそトレーニングに力を入れたいと思います。

またそれ以外に多くのオフェンスステップの反復練習を導入し、日々これを行うことにより1対1のレベルアップを図りたい。

そうすればディフェンスの能力も引っ張られて上がると思うので、上手くはまってもらいたいところ。

15日の練習では、涼しさから意欲的に走ってくれましたが、体が動き過ぎたせいで逆にダウンした選手が何人か出てきました。

少しずつこういったことに慣れてくれば、オールコートでの展開で相手に負けなくなる時が来るかもしれません。

その日を目指して頑張るのみですね。

| | コメント (0)

2015年10月16日

大学チームの苦悩

中学バスケチームが惨敗した日曜日。大学チームはその日リーグ戦のセカンドステージ(2次リーグ)が始まりました。

私は指導者としての責任上、中学チームに帯同したのですが、大学チームはこの日セカンドステージで一番勝てるのではないかと思っていたY梨学院大に対戦し、中学チーム同様に惨敗したと後で知りました。

惨敗と言っても中学とは全くレベルの違う戦いですが、さすがにこの結果には驚きを隠せませんでした。

その後、混沌としているだろう大学チームの練習に顔を出しましたが、やはり混沌の跡が見られました。

ただでさえメンバーが多く、しかもそれなりに経験・実績のあるメンバーが多いだけに、特に応援に回ったリザーブやBチームのメンバー達から多くの声(恐らくはネガティブな内容)があがったのでしょう。ミーティングを終えてから練習に入った選手達でしたが、重い空気を感じられました。

こんなんで今週末の2戦、しかも高さ強さのある2校と戦えるか?と心配になってしまいます。

ですが、これは彼らにとって試練であり、これから対戦するチームだって内心では苦しみながら練習をしていることでしょう。

「弱さ」を表に出すことは簡単ですが、それを言い訳にしていい加減なプレイをするなら今期のチームはもう終わりでしょう。

ですがまだ戦いは終わっていないのですし、チャンスは残っているので、是非気持ちを切り替えて、次の戦いに臨んでもらいたいです。

| | コメント (0)

2015年10月15日

今年は 地上波で 予選会

出雲駅伝が終ると、今週末は箱根駅伝予選会

応援している東海大は 今年シード校のため、 予選会はテレビ観戦の予定
忘れないうちに、録画予約をしようと、例年 中継している 日テレG+ の番組表をみたら、 放送予定がない!

BS 日テレ では 夕方の放送予定

まさか、今年はライブでの中継なし? と焦っていたら、 今年は 堂々と 地上波での ライブ中継 なんですね。
しっかり 順位発表まで 放送時間が確保されています。
例年以上に 日テレ取材のエピソード 多そうですね

近年 所謂 "箱根特番" が少なくなって、日テレ系列も いよいよ 力抜き始めたか、、、と心配していましたが、逆に益々 力をいれてきそうですね
日テレの箱根駅伝ホームページも 開設されています

今まで ライブ中継していた 日テレG+ は、10月下旬に 予選会の舞台裏も含めた 特別版の番組を予定しているようです。
箱根特番も 11月下旬に予定されているようです。

さて、 箱根駅伝予選会
エントリーをみると、主力選手を欠く 大学が多く感じます。
どのチームも、予選会突破を 第一の目標に 練習してきたのですから、悔いのないよう、いいレースをして欲しいですね

17日(土)朝 9時35分スタートです

| | コメント (0)

2015年10月14日

15 出雲駅伝

今年の 出雲駅伝は TV観戦

応援する 東海大は 前半を2年(川端選手)ー1年(湊谷選手)ー2年(春日選手)、後半3区間を 3年生 (廣田選手、林選手、石橋選手) のオーダー

1区から 区間5位 でまずまずのスタートを切ると、 区間 5位ー6位ー4位ー4位ー3位 と 各区間 安定した走りをみせて 5位で フィニッシュ

トップ争いには 全く加われなったけど、久しぶりの出雲駅伝を 全日本・箱根駅伝、そして来年に繋がる レースを展開できたと思う。

1区 川端選手が 途中から単独5位になってしまったけど、きっちり1区の役目を果し、2区ルーキー 湊谷選手がしっかり戦力としての走りをみせ、流れを作った。
3区以降も 中継所前で 前に出る走りを見せた。

4区の廣田選手のラスト1キロで離れそうな苦しい表情から 一転 逆に仕掛けた場面は東海大ファンには なかなか 胸の熱くなる場面でした。
入学当初から 期待の大きかった廣田選手ですが、 故障もあってこれまでの駅伝で結果がなかなか残せませんでした。
まだ 復帰途上であるようですが、今年こそは チームに大きく貢献してくれそう、と期待が高まります。 
 

続きを読む "15 出雲駅伝"

| | コメント (0)

2015年10月13日

データーをまとめながら…

思わぬ大敗で終わってしまった中学バスケの新人大会。チームの状態が悪い訳では無かったこともあり非常に残念でした。

この試合データーのまとめですが、これまで教えていた中学では選手達が試合中に付けていたものを私がまとめていたのですが、今は別のチームを教えている訳であり、そのデーター表の記入方法も新たに教えなくてはいけない状態でした。

記入自体はそれ程難しい訳ではありませんが、2人1組で作業を行い、それぞれ自分のチームと相手のチームを記入する関係で最低4人がこの作業をしなくてはならない所が弱点です。

記入は1年生が行いましたが、1年生3人が途中試合に出て、2人がカメラ撮影についた関係で落ち着いて記入作業できる環境ではなくなってしまい、結局完璧な記入が出来ない状態で試合が終わってしまったのです。

すみませんでしたと言ってきた1年生でしたが、勿論彼らが悪い訳ではありません。

よって試合後の夜に自宅で試合ビデオを観ながら我が夫婦で記入をすることとなりました。

そこで解ったのは、相手のオフェンス能力が極めて高かった訳では無く、こちらのシュート確率があまりに低かったという事実。そして相手に得点を与えていたのはこちらのパスミスなどのミスプレイからの失点であったことが分かりました。

無論、これ以外にリバウンドやゴール下などの接触に関わるプレイが弱かったり、1対1のディフェンスやカバーに入るのが遅かったりなど、取り上げれば沢山の原因はあります。

ですが、これはまだ新人戦段階での話ですし、特に彼らは今年から私の指導を受けているのですから、技術の積み上げすら無いわけです。

だから負けても良いとは言いませんが、いつまでも下を向いてないで、これからもっとしっかり練習をすれば良いのだと思います。

まだまだ未完成で未熟なメンバーを大人がちゃんとリードし、来年2月の多摩大会までにはチームに仕上げたいと思います。

続きを読む "データーをまとめながら…"

| | コメント (0)

2015年10月12日

新人大会初戦!

新人大会初戦!
今日から中学バスケチームは新人大会の地区予選に臨みます。

地区で上位2チームに入ると来月から始まる都大会本戦に出場出来ます。

力の入る初戦ですが、対戦相手はH野市のM沢中です。

M沢中は6月の選手権大会でも対戦しましたが、その時にはゾーンディフェンスを崩しきれず大敗。

今回はどうなるでしょう。

試合が始まると固い我がチームは緊張からかシュートやパスが短くなり、そこから相手#4のドライブが決まりいきなり差が開いていきます。

落ち着いてディフェンスをすれば相手はシュートを落としてくれるので、そのリバウンドボールを拾って、そこからのカウンターを狙いました。

ですが、自分達よりも体格のよく、接触の強いM沢中はディフェンスでも我がチームより1枚も2枚も上を行き、我がチームは得点を奪うことができません。

ビハインドでもここは新人大会ですからメンバーを替えながら多くの選手にチャンスを与えましたが、反撃のチャンスを掴むことはできず、後半も突き離され、今回もM沢中に大敗を喫し、あっという間に新人大会が終わってしまいました。

チームの運営としてはここまでうまく行っていましたが、強くなる為にはそれなりの相手と切磋琢磨をし、選手たち自らが考えて、負けない為に修正していけなけらばいけませんね。

試合のビデオは撮りましたので、それを見ながら反省点を見つけ、明日からまた選手達と練習を頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

2015年10月11日

スポーツ雑誌 Standard

Standard という雑誌、ご存知ですか?

"神奈川をひとつにするのは スポーツだ"
として、昨年10月に 創刊された、神奈川のスポーツ マガジンです。

隔月 10日発売で、880円

特に 高校生スポーツの特集が多い
特集は 高校野球、サッカー、バスケットボールと メジャーな競技になってしまうが、加えて、マイナースポーツでも 日本一、更に世界を目指して頑張っているアスリートの紹介もある

やはり 同郷の選手は 応援したくなるものです。

今月の特集は、高校バスケ
来週末から、ウィンターカップ予選が始まる。
今年は 夏季選手権、ベスト8まで ウィンターカップ予選への出場が拡大した
(従来 ベスト4)

予選組以外の学校は 新チームの紹介がある

地元密着型の雑誌
スポーツは 応援するのも、元気が湧く
これからも丁寧な取材で、多くの選手/チームを紹介してもらいたい

我が家は毎号購入していますImage


| | コメント (0)

2015年10月10日

行動心理捜査官

***** ご注意!!!! 一部 ネタバレ ありです *****

佐藤青南著の 楯岡絵麻シリーズは 既に3冊目

1冊目 サイレントボイス は 行動心理捜査官の絵麻が 行動心理学を用いて、犯人の仕草・行動パターンから嘘を見破り、真相をあぶりだす 手腕に かなり 驚き、面白く、一気に 読み切った。

しかし、2作目 ブラックコール は 犯人との対峙が結局のところ 1作目と同じ方法 ~ 相手に質問をし、本能的に反応をみせる マイクロジェスチャー を見抜く目 ~ 
若干 マンネリ化を感じずにはいられなかった。

そして 3作目

続きを読む "行動心理捜査官"

| | コメント (0)

2015年10月 9日

新人大会の組み合わせ

毎週毎週大学バスケの試合にドキドキさせられていましたが、中学バスケチームの新人大会組み合わせが決まりました。

初戦は10月11日。

つまり次の日曜日ということです。

予定よりも早い大会の開催となり、ここまで色々な練習をしてきましたが「大会で戦う」という目で見ると全然仕上がっていない状態で正直焦ります。

気になる初戦の相手は、6月の選手権で3年生チームがやられてしまったM沢中です。

中学バスケは来年6月にはゾーン禁止となる関係で、新チームでは全くゾーンの練習はしていませんが、現在禁止というわけではありませんから初戦のM沢中がしてくる可能性はあるわけです。

しかも夏の時点ではほとんど2-3ゾーンしてしてこなかったチームです。新チームになってマンツーの練習はしているのでしょうか?それによっては戦い方を考えねばなりませんが、まだ新人戦ですから余計な駆け引きを出来る状態ではないでしょうね。

我がチームとしては現在練習しているマンツーマンプレスで相手ガード陣にプレッシャーを与え、速攻でどれだけ決められるか?が勝てるかどうかの鍵でしょう。

4メンアウトオフェンスも練習を重ねていますが、正直これの完成には時間がかかりそうですし、この大会中でどのくらい決まるか?は期待できません。

それとスタートを務めていたセンターの選手が体育の時間で足首を痛めてしまい走れない状態です。

彼の交代要員はいることはいるのですが、攻守パワーダウンしてしまうことは否定できず、初戦が苦戦しそうなことは間違いありません。

一体どんな結果になるのか?とにかく今のベストで戦うのみです!

| | コメント (0)

2015年10月 8日

お気に入りコース、お決まりコース

011f1099d12ab5985ac10669f49d3ce88f4圏央道のおかけで、平日の朝 思いつきで勝沼に買い物に出かけることができるようになりました。

この日も 片道1時間強
今年は 葡萄のシーズンインが早かったから少し不安でしたが、まだ シーズンに間に合いました。

このところ、ご贔屓にしている みかど園さんでは ロザリオ・ビアンコ と 甲斐路が 出荷の中心でした。

合わせて シャイン・マスカットも 目の前の木から とってきていただいて。

みかど園さんの シャイン・マスカットは 毎年 甘さが 深みを増しているように感じます

ブドウの木は 30年近く 現役で働いてくれるとか。
0186ef60fed1aefb1d5d216a29522b36bc6みかど園さんのシャイン・マスカットは 今年 7年目を迎え、成木と呼べる段階に入ったんだそうです。

来年以降も どう変わるか 楽しみですね。
今でも 十分 おいしいのですが。

シャイン・マスカットの写真を撮ったつもりですが、青の袋とじされているのは間違いなくシャイン・マスカット
白い袋で 姿がみえるのも、そうかな? ロザリオ・ビアンコかな?

この日は 青空で 空気も清々しく、葡萄を眺めるのも楽しかったです。

続きを読む "お気に入りコース、お決まりコース"

| | コメント (0)

2015年10月 7日

大学リーグ5週目

大学チームはリーグ5週目の10戦目を戦った。長い一次リーグもあと2日で終わります。

その今日の相手はY梨学院大で、今年はこれまで以上に外角シュートの精度が高く、このリーグでも我がチームと星一つの差しか無いので、何としても勝ちたいところ。

こちらのスタートは#47・#57・#51・#31・#71の5人。

試合が始まるとY梨学院大は引いたマンツーマンながらもこちらのシューターである#57にはべったりマークを付けてきました。

また、今回のY梨学院大のスタートは我がチームのスピードを意識してか、センターを外してガードとフォワードで5人組んできました。

こちらは構わず自分達のバスケをすれば良いのですが、何度もスクリーンを使って攻撃してくる山梨学院大の攻撃にストレスを表に出してしまい、気持ち良くプレイをすることが出来ません。

試合はかなりのロースコアで進み、途中2年FW#87のスリーや3年FW#51の速攻が決まったりして前半を24-17とリードこそ奪いますがスッキリしません。

後半も引いたマンツーマンで入ったY梨学院大に対し、ベンチでは速攻を出すことやスクリーンに対してスイッチを入れて対応しながら相手オフェンスについていく指示を出しましたが、リバウンドを取りきれなかったり、フリーを作って決められたりと、依然キリキリした状況を作ってしまった。

ですが、得点差を詰められることはあっても逆転を許すには至らず、4ピリには2年PG#32が落ち着いたゲームメイクを展開し、#51がダメ押しのフローターを連続して決めて勝負あり。

最終スコア68-51でこの試合に勝利し、今年も何とか上位リーグで戦う順位を手に入れました。

続きを読む "大学リーグ5週目"

| | コメント (0)

2015年10月 6日

改めて、”凄い” 実行力と影響力

土曜日の Japan Openでの 浅田真央選手の復帰の興奮が まだおさまりません(笑)

土曜日の夜以降のニュースや SNSでの話題を見ると、浅田選手への注目度の高さを改めて 凄いなぁと思います。

なにより、有言実行
2014年の世界選手権レベルに戻すのが、試合にでる最低条件 とのことでしたが、ジャンプの構成等 既にソチ五輪と同じものになっています。
連続ジャンプにミスがでたものの、スピンやステップのレベルの高さは 相変わらず。

トリプルアクセルを 復帰戦の最初のジャンプで成功させ、
長らく エッジエラーで苦しんだ ルッツジャンプも、大きく改善されているのには 本当ビックリ。
そのチャレンジャー魂が 浅田選手は 本当に凄い

さらに 私は 浅田選手の スピンやスパイラルの綺麗なポジションが好きなのですが、最後のスピンの美しいこと
ため息がでます。

イーグルのエッジも深く、こちらも ため息もの。

1年間のブランクを負に感じるのではなく、休養して蓄積されていた疲労がなくなり、演技に余裕を感じました。

続きを読む "改めて、”凄い” 実行力と影響力"

| | コメント (0)

2015年10月 5日

Japan Open 2015 観戦

浅田選手 目当てに チケットをとった Japan Open
思えば 初 Japan Open 観戦です。
今までは (浅田選手が苦手な)シーズン序盤であることや 団体戦、そして 会場が広すぎる、ということで 現地観戦への関心があまりなかった。

結果から言えば とっても 楽しい 観戦でした。

浅田選手効果か、私の周辺だけか、 年齢層はやや高め
ご夫婦での観戦者もいて、 黄色い声は少な目で 比較的落ち着いた雰囲気だったのも居心地よかった。
プログラムの盛り上がり部分には 会場全体で手拍子が行われ、観客も 大会と シーズン入りを 楽しんでいる空気が とても楽しかった。

男女各6名の選手が フリープログラムを披露
今季は 浅田選手以外にも チャン選手、ソトニコワ選手と復帰する選手もいるし、若手の台頭も著しく 今年のフィギュアスケートは 一段と熾烈な戦いになることが 予想されるような大会でした。

男子の一番滑走は ジュベール選手
久しぶりの競技会は ジャンプに苦しみました。

TVのインタビューでは 「競技を引退して コーチ人生をスタートさせた。」と話していました。
練習時間がとれないなか、よくぞ エントリーしてくれたという感じ

続いて アボット選手
美しいスケート と ベテランの味で 会場が静まりかえりました。
今回は4回転を入れませんでした。
確率が悪ければ4回転回避で パーフェクトな演技、、と個人的には思いますが、4回転必須のこの時代に 4回転なしは 論外なのか。。。

アボット選手は 今季グランプリシリーズは参戦せず、年明けの全米選手権に集中しているといわれています。
その 戦略に注目したいですね。

続きを読む "Japan Open 2015 観戦"

| | コメント (0)

2015年10月 4日

復帰初戦 ”ただいま です!”

P1000267

浅田真央選手の 復帰戦として注目された Japan Open 2015 に 行ってきました

さいたまアリーナが会場
2シーズン前は とにかく 席を確保したかったので、席種にこだわりませんでしたが、やはり4階以上は遠い
今回は ダメ元で プレミア席か SS席に絞りましたが、運よく チケットを確保できました。

試合の模様は 既に 録画放送されて、結果もニュースで伝えられていますとおり 日本チームが優勝となりました。

今大会は 参加メンバーが 素晴らしく、特に女子は 世界選手権 最終組にもなりうる 顔ぶれ

さらに シーズン序盤の試合にも関わらず、例年より 状態の良い選手が多かった印象です。

続きを読む "復帰初戦 ”ただいま です!”"

| | コメント (0)

2015年10月 3日

1年生中心の練習

中学バスケの今週は慌ただしい。チームで主力の2年生が「職場体験」でいないからだ。

このなんとも微妙な行事。受け入れしてくれる組織の方の心の広さに、ただただ感謝しかありません。

そしてそんな放課後に1年生だけの練習が行われました。

全員揃って8人なのに、この日は5人しか来ていません。聞けば補講や通院の為とのことですが、どうしたものでしょう。

予定ではコーディネーショントレーニングとオフェンスステップを中心に考えていましたが、人数の少なさに頓挫寸前です。

それでも自分に喝を入れ予定通り進めていくと、彼らのやる気が伝わってきてこちらも楽しくなってきました。

練習時間は約2時間。その中でオフェンスステップは数多くやりましたが、ここでは「ピート・ドリル」の内容から簡単そうなものをピックアップして行い、何回か反復練習をしていきました。

途中から職場体験実習を終えた2年生が数人練習に加わりますが、この時点で1年生の熱気に押され気味に…。

練習の最後にはこのドリルで練習したステップを使いながら45度での1対1を行い、盛り上がったところで練習が終了しました。

このペースでいくと、1年生が2年生のレベルに追い付くのはもう時間の問題かもしれません。非常に楽しみですね。

| | コメント (0)

2015年10月 2日

2年ぶりの 東海大ホームゲーム

27日(日)に 2年ぶりに 1部大学バスケ 東海大のホームゲームを観戦してきました。

ホームゲームは2日間開催され、2日目は東海大戦だけでなく、1部の全試合が 午前中から 行われました。

私は バスケ観戦後に 長距離の記録会も観戦する予定だったので、 4試合目の 筑波大 vs 明治大 から。

到着してみると、その前の試合で ここまで全勝の拓殖大を 専修大が 3点差で勝利
まだ リーグ戦前半ですが、これで 全勝の大学がなくなりました。

1敗が 拓殖大 と 東海大(拓大)
2敗が 専修大(東海大、慶大) と 筑波大(東海大、専大)
*9月27日時点 ( )内が敗れた相手

専修大は 東海大戦以外は 2-3点差の接戦の勝利と勝負強さをみせる試合が続く
慶大戦も わずか 1点差での敗戦だった。
現在の得点ランキングでも 2位 渡辺選手、3位田代選手で、リーグ後半でも台風の目になりそう。

続きを読む "2年ぶりの 東海大ホームゲーム"

| | コメント (0)

2015年10月 1日

予定より早い?

先日の練習試合の際、中学バスケの新人大会が予定よりも一週間早く始まることを知りました。

一週間のズレ…。結構微妙なもので、その日は練習試合を行い、大会前の調整にするつもりでした。

また、10月初めには職場体験が始まる関係で主力の2年生は練習が出来ず何とも調整が中途半端になってしまいそうな予感がします。

また、大学リーグも佳境に入ってきており、一週間後ろにずれるならまだしも、前倒しというのはスタッフである私には辛いものになりそうなのです
(どちらか行けなくなるかもしれない…)

ついこの間までは猛暑日が続き、秋なんてまだ先だなぁ〜〜なんて思っていましたが、もうその時期なんですねぇ〜〜。

組み合わせは6日に発表されます。
せめて、クジ運だけでも良ければ…。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »