« 1年生中心の練習 | トップページ | Japan Open 2015 観戦 »

2015年10月 4日

復帰初戦 ”ただいま です!”

P1000267

浅田真央選手の 復帰戦として注目された Japan Open 2015 に 行ってきました

さいたまアリーナが会場
2シーズン前は とにかく 席を確保したかったので、席種にこだわりませんでしたが、やはり4階以上は遠い
今回は ダメ元で プレミア席か SS席に絞りましたが、運よく チケットを確保できました。

試合の模様は 既に 録画放送されて、結果もニュースで伝えられていますとおり 日本チームが優勝となりました。

今大会は 参加メンバーが 素晴らしく、特に女子は 世界選手権 最終組にもなりうる 顔ぶれ

さらに シーズン序盤の試合にも関わらず、例年より 状態の良い選手が多かった印象です。

P1000265

会場は 多くのファンが詰めかけ、ロングサイドは 最上階まで ほぼ満席
温かい応援が 各選手に 送られますが、 やはり 浅田真央選手の登場に 会場は 一番湧きました。

久しぶりに 試合で見る 浅田選手は 幾分 緊張感を感じるものの、余裕のある動きを6分間練習からみせていました。

そして いよいよ本番
昨シーズンから 名前をコールされてから スタート位置につく時間が短縮されているのですが、 浅田選手は その時間をギリギリまで使って 若干ハラハラしました
(オーバーの時は減点)

最初のジャンプは 予想はしていたものの やはり トリプルアクセル
着氷時に 若干のグラつきがありましたが、加点をもらうジャンプ

以降は ジャンプひとつひとつの丁寧に跳んでいた印象です。
連続ジャンプに ミスがありましたが、スピン、ステップも高評価で 出場選手中 トップの点数

復帰初戦でトリプルアクセルを最初に跳ぶのも 浅田選手らしいチャレンジだな と思います。
また、ソチまでエッジエラーで減点されていた ルッツジャンプが 見事矯正されていたのには 驚きました。
”!” という 注意マークはついているものの、会場でみた際は今のルッツジャンプ?と目を疑うくらい 今までのジャンプと違っていました。

トリプルアクセル、ルッツジャンプと 攻めのジャンプを入れてはいるのですが、全体的に攻めのスケートというより、無難にミスの少ない演技をした という感じを受けるのは 浅田選手に 大きな余裕を感じるからでしょうか。

試合後の会場インタビューでの 開口一番が ”ただいま です!” 
会場からは もちろん 大きな拍手と声援が送られていました。
浅田選手の復帰を 歓迎し、浅田選手が試合を無事終えた うれしさに 会場全体の空気が温かくなっていました。

おかえりなさい 真央ちゃん!

浅田選手は 試合後に記者会見で 自分では 55点の評価 と 語ったとか。
流石というか、、、目標とするとことは 遥かに 高そうですね。

|

« 1年生中心の練習 | トップページ | Japan Open 2015 観戦 »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1年生中心の練習 | トップページ | Japan Open 2015 観戦 »