« 全日本ノービス大会観戦 | トップページ | 紅妃 ~ 赤いキウイ »

2015年10月26日

アメリカ大会から グランプリシリーズ始まる

いよいよ フィギュアスケートは シニアのグランプリシリーズも始まりました。

初戦のアメリカ大会から 女子 宮原知子選手が3位、男子 宇野昌磨選手が ショート4位から順位をあげての2位 と 見事な結果を残しました。

特に シニアGPデビュー戦となった 宇野選手
ショートで 4回転ジャンプの転倒もあり 4位スタート

翌日のフリーでは ジャンプにこらえるところとか、小さな取りこぼしはあったけど、Japan Open に続いての 素敵なトゥーランドットの世界だった。
4回転ジャンプも トリプルアクセルも 2回決めて、会場を唸らせる演技で堂々のフリー1位

ショートの得点差で 優勝とはならなかったけど、世界のフィギュアファンに ”宇野昌磨 Shoma Uno” を印象つける 素晴らしい演技でした。

私は ライブストリーミングで観ていたけど、最後のポーズに待ちきれず、立ち上がる人が映っていましたが、私も 最後のスピンの時既に拍手していました。

おめでとうございます!

宇野選手に驚かされるのは、インタビューの受け答えが 以前と全然違うこと。

ノービスの頃から注目され、インタビュー映像は多々ある 宇野選手ですが、 ジュニア時代は 余り多くを語らなかった印象がある。

それが、今大会のインタビューを聞いていると、凄く 大人の受け答えをしていると感じる。

質問に答えるだけでなく、自分の伝えたいことに文脈を持っていっているし。

自分の演技を評価すべきところは評価し、反省すべきは反省する ことを きちんと伝わる言葉で的確に話す
当然のことだけど、演技直後のアドレナリン出まくっている時だと 答えが迷走することは 他のスポーツでもよくあること。

すごーく 好感の持てる インタビューでしたね。
自分の立ち位置、進むべき方向が しっかり 把握できている 感じです。

まだまだ 宇野旋風が 吹きまくりそうですね。
宇野選手の次戦は フランス大会

余談ですが、ISUの選手バイオによると 宇野選手の身長が159cm

余計な興味で、体形変化に苦しみながら今大会復帰の兆しを見せた リプニツカヤ選手が159cmと知る
2年前浅田選手(163cm)と5cmくらいの差だったので、縦に成長ではなく 横に成長(女性らしく丸くなる)していて、苦労している様子。
因みに 優勝した メドベゼワ選手も159cm、ゴールド選手は 168cmもあった。
宮原選手は 149cm

|

« 全日本ノービス大会観戦 | トップページ | 紅妃 ~ 赤いキウイ »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全日本ノービス大会観戦 | トップページ | 紅妃 ~ 赤いキウイ »