« Japan Open 2015 観戦 | トップページ | 大学リーグ5週目 »

2015年10月 6日

改めて、”凄い” 実行力と影響力

土曜日の Japan Openでの 浅田真央選手の復帰の興奮が まだおさまりません(笑)

土曜日の夜以降のニュースや SNSでの話題を見ると、浅田選手への注目度の高さを改めて 凄いなぁと思います。

なにより、有言実行
2014年の世界選手権レベルに戻すのが、試合にでる最低条件 とのことでしたが、ジャンプの構成等 既にソチ五輪と同じものになっています。
連続ジャンプにミスがでたものの、スピンやステップのレベルの高さは 相変わらず。

トリプルアクセルを 復帰戦の最初のジャンプで成功させ、
長らく エッジエラーで苦しんだ ルッツジャンプも、大きく改善されているのには 本当ビックリ。
そのチャレンジャー魂が 浅田選手は 本当に凄い

さらに 私は 浅田選手の スピンやスパイラルの綺麗なポジションが好きなのですが、最後のスピンの美しいこと
ため息がでます。

イーグルのエッジも深く、こちらも ため息もの。

1年間のブランクを負に感じるのではなく、休養して蓄積されていた疲労がなくなり、演技に余裕を感じました。

週末の グランプリシリーズのインタビューでは 今季の目標が ”自分を極める!!!”

いやぁ~
どこまで 上の目標を持っていらっしゃるのか。。。
どこまで いったら、浅田選手は満足するのでしょうか。。。
でも、今までの 重責を背負った悲壮感がなくなって、楽しそうなのが、なによりだと思います。

視点を変えて、
浅田選手の影響力の凄さも改めて 感じました。

あの 埼玉アリーナが ほぼ満席となるというのも、やはり 浅田選手効果でしょう
会場の雰囲気が不思議と温かかったのも、同じ理由では。

会場でびっくりしたのが、リンクサイドのスポンサー広告
特別協賛の木下グループと KOSEのほかは、浅田選手をサポートしている企業ばかり。
エアウィーブ、住友生命、佐藤製薬、アサヒビール、Lotte、、、、

金融関係・遊戯関係の広告がなくなったのは 個人的には ホッとする。
グランプリシリーズの広告はどうなるでしょうか。

テレビ東京で夜放映された 大会の録画中継
こちらも 浅田選手を使った CMばかりでした。
選手の演技の間に、浅田選手に関するビデオを流し、 演技後のCMは 浅田選手
トイレに行く時間もない(笑)

これでは ジャパンオープンの番組か、浅田選手の番組か わからなくなってました(笑)
(演技間の浅田選手ストーリーのビデオはやり過ぎ。大会自体、良かったのだから、変な編集しないでほしい)

そうしたい気持ちもわからないではないが。。。

話がちょっと 飛躍するが、ジュニアのグランプリシリーズが行われいる。
試合をみていると、日本女子選手で 連続ジャンプの2個めに トリプルループを跳び選手が 割と多い。
セカンドジャンプでの ループジャンプは 浅田選手、安藤選手の得点源だったのだが、バンクーバー前から 回転不足の判定が厳しくて、両選手も 回避したこともあった。

そのジャンプに ジュニア選手が挑戦している
直近では スペイン大会で 白岩選手 と 松田選手が 3回転ー3回転ジャンプで セカンドジャンプをループで決めて 表彰台に。

シニアで長洲選手が トリプルアクセルをショートで挑戦した。

これも 浅田選手の影響かな。。。と思ってしまう。

本当、、、凄いですね。
凄いの言葉以外 みつからない。

|

« Japan Open 2015 観戦 | トップページ | 大学リーグ5週目 »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Japan Open 2015 観戦 | トップページ | 大学リーグ5週目 »