« 野田秀樹版 フィガロの結婚@東京芸術劇場 | トップページ | アメリカ大会から グランプリシリーズ始まる »

2015年10月25日

全日本ノービス大会観戦

Dscf1461昨日 東伏見まで フィギュアスケートの全日本ノービス選手権を 見に行ってきました。

場所は 西武新宿線 東伏見駅
駅前ロータリーに面してある ダイドードリンコアイスアリーナ

ノービスは ジュニアの下のカテゴリーで、大雑把に言って、ノービスAが 中1、小6、ノービスBが 小4、小5
というのも スケートでのカテゴリー分けの年齢が7月1日で分かれるので、誕生日が6月までなら ひとつ上のカテゴリーとなります。

初のノービス大会、初の東伏見
リンク入口から入ると すぐに受付があり、入場料1000円
写真のパンフが付くので、納得のお値段。

お目当ては 男子ノービスA

既に 3回転ジャンプをアクセル以外は身に付け、さらに3回転ー3回転の連続ジャンプも習得している 小6佐藤駿選手を始め、小6世代を中心に期待の選手が多くいるからです。

時間の関係で 途中までしか観れなかったけど、すっごく楽しみました。
優勝した 佐藤選手や 2位 佐々木選手ら 3回転をマスターしている選手にもちろん 利がありますが、 まだ習得途中の選手も ステップやスピン等の他の見せ場をしっかり持っていて 小学生ながら頼もしい。

特に佐藤選手は 噂通りの ジャンプの名手だけでなく、ステップでも大きく、緩急を使っていて 思わず惹きこまれてしまった。

そして、一番見惚れたのは 2位になった 佐々木晴也選手(小6)
スケーティングが伸びやかで大きくて 見惚れてしまう。
手足も長く 姿勢が綺麗で ジャンプが映える。
後半の ルッツーループーループの3連続ジャンプは 2回転ジャンプだったけど、気に入った。
初めましての選手でしたが、苦手なものってあるの???と思うほどバランスも良し。

これから ルッツ、フリップ、そしてアクセルの3回転をどう物にしていくか、非常に楽しみです。

佐藤選手とともにこの世代を引っ張っていくこと間違いなし!

個人的に応援している 大島光翔選手
地元ということもあって 応援が凄かったけど、リンクの上での存在感が半端ない。
リンクカバーも大きく 目が離せない オーラを持っているが、現時点では 3回転はサルコウだけだったのが、上位選手との得点差かな。

上位選手は 上のカテゴリーの全日本ジュニアの出場権があります。
伸び盛りの選手達ですから、次の大会で姿を見るのが非常に楽しみです。

|

« 野田秀樹版 フィガロの結婚@東京芸術劇場 | トップページ | アメリカ大会から グランプリシリーズ始まる »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野田秀樹版 フィガロの結婚@東京芸術劇場 | トップページ | アメリカ大会から グランプリシリーズ始まる »