« 15 全日本大学駅伝 | トップページ | 極めたい »

2015年11月 4日

西日本選手権観戦

今年は 全日本駅伝を 6区での観戦で切り上げ、名古屋に戻り フィギュアスケートの西日本選手権を観戦した

場所は 日本ガイシアリーナ

この週末は シニアとジュニアの西日本選手権が開催され、この日が初日
各ブロック(中部、近畿、中四国・九州)を勝ち上がってきた選手が集結する。
この大会の上位者が シニアは年末の、ジュニアは今月末の 全日本選手権へ進出できる。

なかなか 西日本の選手の生演技を見る機会がないので、駅伝同様 こちらも楽しみだった。

特に 今季ジュニアに上がった 本田真凜(まりん)選手
既にマスコミの注目度も高く、演技動画もネットに多数上がっているが、私にとって 多分 生演技は 初めて、、、

そして 男子ジュニアは 岡山の中2トリオ
既に ジュニアのグランプリシリーズにも派遣され、これからが期待される 三宅選手、島田選手、木科選手 の3人

私達は男子ジュニアの途中に到着
この日は ショートプログラムで、抽選順
ジュニアトップの 山本選手、注目の島田選手の演技には間に合いませんでした。
残念!

最終グループの 三宅選手は ジャンプにこらえる部分があったけど、大きなミスなく ショート3位と好発進

木科選手も ほぼパーフェクトな演技で 5位
三宅選手との差は ジャンプの種類による得点差かな・・・
昨年の全日本ジュニア・今年の全中でも感じましたが、木科選手は 顔は少年ですが、他の中2選手に比べると体格が大きく大人の雰囲気を持っています。
それもあって、スケーティングが 雄大に感じます。

アクセルを含む3回転ジャンプの種類が増えた時の演技が楽しみです。
個人的には イーグルもやって欲しい!

両選手は最終日(11月3日)のフリーで、得点源のジャンプでミスをして 順位を落としてしまいました。
全日本ジュニアでの 演技に期待しています。

そして 女子
男子に比べると女子のレベルの高いこと。

3回転ジャンプの完成度が違います。
ほぼ全種類を連続ジャンプを含め ほとんどの選手が跳んでいます。

演技前の6分間練習中の雰囲気も シニア顔負けのピリピリ感
どの選手もアドレナリンが 出まくっていて、ジャンプを次々決めていきます。

そんな中、本田選手は 雰囲気自体にオーラを纏っていて、見られることにも慣れている感じ。
6分間練習で 次々と3回転の連続ジャンプを決めていきます。

しかし、本番では あれほど決まっていた 連続ジャンプが転倒、、、(ショート6位)
翌日のフリーで順位を5位に上げましたが、表彰台には 届かず。

ジュニアの全日本は 今月末 茨城で開催されます。
なんと、 BSフジが 23日に 大会模様を 生放送とか。
上位者には シニアの全日本選手権の出場権を獲得できます。
実力者揃いの 女子は激しい戦いが予想されます。

また、本田選手は ジュニアのグランプリファイナルにも出場します。

因みに今大会は入場料無料でした。

|

« 15 全日本大学駅伝 | トップページ | 極めたい »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 15 全日本大学駅伝 | トップページ | 極めたい »