« 神奈川高校バスケ新人大会 | トップページ | チームプレイを覚えるのは大変だ »

2016年1月24日

全米選手権 @お茶の間スペシャルシート

現地で木曜日夜から開催されている フィギュアスケート全米選手権(シニア)

Jsports4で ライブ中継で放映されています。

012840e21eafa2e17364ed16b17830cb559それも 1番滑走の選手から全選手をノーカット、CMを挟まずです。
(CMは 中継前後と製氷時間のみ)

同じフィギュアスケートでも 全日本選手権は 一部選手を録画放送でみているのに、他国の選手権をライブでみるという不思議さ(苦笑)

ネットで試合の結果が速報でわかる時代に ライブ中継を躊躇する 特殊事情が日本にあるのでしょうかね???
高得点が続いたり、会場全体が試合の流れに合わせて緊張感が高まる雰囲気がよく伝わって、画面外で見えていない部分があるにせよ、かなりの臨場感があります。

さらに、JSportsは 時差の関係でライブ放映は午前中になる今大会、夕刻 録画放映という 丁寧さ。

流石 Jsports!

さて、これから 女子のFPが始まります。

私は TV前の我が家の”スペシャルシート”に陣取ることにしましょう。

今回の全米選手権では 画面左上に 技術要素の得点がライブで表示される工夫がされています。

この得点表示は 既に ユーロスポーツ系でしたか 得点がライブに表示されていて、ようやく 全日本選手権でも 昨年末からデータ放送で 得点詳細が確認できるようになっていました。

011850116917aeeaf85b0dc24984be294d7全米選手権のそれは 要素の内容(ジャンプの種類とか)も表示され、ジャンプの種類別の得点が頭に入っている方は 直後にジャンプがどう評価されたかもわかります。

演技後 得点詳細の表が表示され、再チェックされている要素(ジャンプ、スピン、ステップ)にはハイライトが入ります。
こうして、どの要素にチェックが入っているかもわかります。

これは運用次第では 厳格なジャッジになると思うのですが、チェックの入る項目の少ない選手と多い選手の差もあって、なかなか 舞台裏がわかって面白いものです。

我が家は 年末の高校生バスケウィンターカップと 1月のスケート全米選手権・欧州選手権のために 有料チャンネルのJsports4を2か月間だけ契約しています

|

« 神奈川高校バスケ新人大会 | トップページ | チームプレイを覚えるのは大変だ »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川高校バスケ新人大会 | トップページ | チームプレイを覚えるのは大変だ »