« 全日本卓球観戦! | トップページ | 神奈川新人大会観戦 »

2016年1月15日

ダウントンアビーに ハマってしまい・・・

軽井沢の スキーバス事故
大惨事となってしまい、心痛い

被害に遭われた方のご冥福と 早期の回復を 願うばかりです。
私も かつては スキーバス利用者だっただけに残念でなりません。

*******************************

年が変わって シーズン4がスタートした NHKの「ダウントン・アビー」

英国のテレビシリーズで 第一次世界大戦前後の 貴族 グランサム伯爵の館を舞台にその一族と 使用人の物語

とにかく その舞台が 現存する ハイクレア城を撮影場所としているだけでも 凄く 興味深い
ストーリーがなくて 御屋敷の中だけの紹介だけでも 私は満足してしまうかも。。。

日本でも 洋館がありますが、やはり本場のクラシックな館の作り・装飾はため息ものです。
周辺の自然と一体となった 外観の風景も 日本では考えられないくらい壮大
よくぞ 今まで 壊されずに存在してくれた、、、と感謝の念も生まれます。

撮影場所となっているハイクレア城には 現在も当主が住み、管理しているそうですが、やはり維持費が莫大で、今回のように撮影場所に提供したり、お屋敷ツアーや イベント会場に貸し出しているそうです。

ストーリーが進むにつれ 舞台の グランサム伯爵家の3人の娘が適齢期を迎えたこともあり、なかなか波乱万丈になってきて、展開を追うのが楽しくなってきました。
それに加えて、当時の衣装や 上下関係、しきたり等も 上スパイスのようにまぶされていて、なかなか 面白いドラマになっています。
人間の 感情と人間関係に 時代の壁はないんだな・・・という感じ。

シーズン1,2はそれほどでもなかったのですが、シーズン3からすっかりハマってしまっております。

貴族社会から 現代への過渡期に 貴族として お城・敷地・使用人を管理する大変さもしっかり訴えています。
また、主従関係が 単にお仕えするだけでなく、一方で守られている ことにもなり、それはそれで 社会として 上手く回っている仕組みだったんだなぁと思ったりもしました。

私は 日本で言えば 大奥の時代より 光源氏の時代に共通したものを感じるのですが、どうでしょう。

すでに 本国 英国では シーズン6が昨年放映され、ストーリーが完結しています。

日本は 先週末から シーズン4が始まりました。
ちょっと 他人の家の事情を覗き見するような感じでもありますが、、、

NHK総合で 毎週日曜 午後11時から放映です。
尚、シーズン4の第一話だけ 再放送が決定しています。(17日0時50分)

また イギリスつながりで・・・
日系英国人の 作家 カズオ・イシグロの 「私を離さないで」 が 日本を舞台に設定し直し、ドラマ化されます。

今晩がその第一回

 

私は 原作も DVD も観ている。
原作を読んだ時は 薄い乳白色の中の世界で話が進むのだけど、余りにその世界が綺麗過ぎて 何かが起こりそうで 見えない世界を怖く思いながら読んだ記憶があります。
そして 最後に衝撃を受けた記憶も・・・
果たして どんな ドラマに仕上がっているのでしょう?

 

|

« 全日本卓球観戦! | トップページ | 神奈川新人大会観戦 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全日本卓球観戦! | トップページ | 神奈川新人大会観戦 »