« ステーキランチ @隠れ里車屋 | トップページ | 香炉庵茶寮 @横浜元町 »

2016年1月 8日

辻井伸行 ショパン・リサイタル @鎌倉芸術館

01753c636d73f28a35eba006ca3a1a09899今年も最初のコンサートは 辻井伸行さん @鎌倉芸術館

辻井伸行さんが ショパン・リサイタルの日本ツアーを 1-3月に開催
その 初日が 鎌倉芸術館 だった。

鎌倉芸術館の 大ホールでのコンサートは初めてで (小ホールは落語で何度か・・・)、その点でも 楽しみだった。

チケットは 確か 即完売でした。
最近は プレミアムチケット化している 辻井さんのコンサート
更に 演目が 人気の ショパン ですからね。

特別協賛の大和証券グループのプログラムに寄せたコメントが素敵でしたね。
「しなやかに、 紡ぐ人
辻井さんのピアノ演奏には、まるで絹織物のようなしなやかな美しさがあります。
その背景には、感性だけでなく日々怠ることのない努力があり、楽曲への敬意と、演奏への喜びがある (中略)
反物を織り上げるようにひとつひとつを大切に創り上げる人 (以下略)」

最初の演目が 3つのワルツ 作品34
ワルツ 2番、3番、4番 を 通しで。
ちょっと 音が固かった感じがしました。

一旦 辻井さんは退場して、再登場
新年の挨拶、ツアーへの抱負 

そして 1部後半 12のエチュード 作品10 の紹介

015d88737316cbccd6964dca8e1013b9f27

「この曲は 集中力がとても必要となるので、皆さんも集中力を持って 聴いていただきたい」とのコメント

「中には 有名な曲もあって、思わず拍手をしたい時もあると思いますが、、、、どうしても押えきれない時はしかたないと思いますが、、、、」 
と 笑いを誘う

コメントのとおり、研ぎ澄まされた集中力の中での演奏でした。

今回 私は 中央やや前方の良席だったのですが、張りつめた空気も感じました。
特に 最初の1音、最後の余韻 も含め、辻井さんの息遣いさえ 感じ、それも含め コンサートを堪能しました。

5番の黒鍵 は 冴えていましたね。
今回は選んで中央の席をとったのですが、 顔の表情、腕の動きは分かるのですが、指先が見えない席だったのが ちょっと残念と 唯一思った瞬間でした。

休憩後 は 4つのバラード (1番、2番、3番、4番)
どの曲も素敵ですが、3番が綺麗でしたね。

アンコールは 3曲
ショパン ノクターン8番、
オリジナル 風の家
リスト カンパネラ

この日の観客は 控え目なお客さんが多く、12のエチュードでは 辻井さんの要望どおり集中力を持って聴いていましたし、ブラボーの声も少なかったですが、拍手が鳴りやみません。
アンコールも多くの拍手がありましたが、まさか3曲目があるとは思わず、また カンパネラだったからか、皆さん 少々ザワついてしまいました。

かぁ~と会場全体が盛り上がるわけではありませんが、温かい拍手が多く、新春にふさわしいコンサートだったと思います。

興奮状態の兄貴は 会場で早速 辻井さんの 最新CD (ショパン ソナタ2番、3番)を購入しておりました。

|

« ステーキランチ @隠れ里車屋 | トップページ | 香炉庵茶寮 @横浜元町 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ステーキランチ @隠れ里車屋 | トップページ | 香炉庵茶寮 @横浜元町 »