« オール 5位のシーズン | トップページ | 驚きの少なかったエントリー変更 »

2016年1月 4日

間もなく中学バスケ再開

高校バスケや天皇杯、フィギア全日本、箱根駅伝など各種スポーツに振り回されているうちに中学バスケの練習始めが目前となりました。

予定では今月末に多摩大会の1回戦が始まります。仮に2回戦からの出場としても翌週から始まるというレベルの話ですから、もうそろそろどう戦うのかの青写真を作っておかなければなりません。

先月末の練習試合ではいくらか戦える姿を見せられるようになりましたが、ディフェンスが弱すぎるので失点の問題から現状では苦戦するのが目に見えています。

その意味でもボールマンプレッシャーやディナイのポーズ、そしてその先に見える裏パスへの反応とボックスアウトの強化によりカウンターを増やすということを中心に練習をしていくことになります。

その為にも、人との接触をもっと強くし、こちらからどんどん仕掛けられる様な図太さが必要で、そのイメージを選手達にはしてもらいたい。

それとやはりフリーでのシュート確率を上げねば勝てません。

大学生にならフリーは100%でと要求しますが、そこは初心者軍団ですから、スピードある攻撃とオフェンスリバウンドを要求したい。

それとセンター陣のゴール下シュートの確率が低いので、ビデオを通して更なる理解をしてもらうことが必要でしょう。

あとは出来るだけ遠くない会場が良いですねぇ…。寒いし会場も遠くだと、そこに辿り着くのに全てを使ってしまう恐れもあります。

全てはくじ運ですが、一体どうなるのやら…。

とにかく今は、悪いめぐり合わせになっても選手達が戦える様に、しっかり準備するだけですね。

|

« オール 5位のシーズン | トップページ | 驚きの少なかったエントリー変更 »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オール 5位のシーズン | トップページ | 驚きの少なかったエントリー変更 »