« 気持ち悪い ブーム作り | トップページ | ビデオからの反省 »

2016年2月 4日

今年も全中観戦



去年の初観戦
が とっても楽しかったので、今年も 長野へ出かけてきました。

フィギュアスケートの全国中学大会

去年は最終日を日帰りで観戦するやや強行日程でしたが、今年は ホテルもとり 2日目と最終日を観戦しました。

とはいっても、2日目に会場に到着した時点で 女子のショートは終了
男子 エントリー19人をじっくり観戦しましたよ!

全日本ジュニア優勝の山本草太選手が高校に進学し、優勝争いが混沌とした今年。
ショートで 山隈太一朗選手、島田高志郎選手、須本光希選手、木科雄登選手が 次々とノーミスの演技で僅差で並ぶ。

日本代表として ジュニアのグランプリシリーズに派遣された面々が実力のほどを魅せたという感じです。

もうひとりの Japanジャージの三宅星南選手は 最初の連続ジャンプでまさかの壁に激突・転倒が響き 5位で フリーでの巻き返しを狙います。

フリーでは 山隈選手、島田選手、三宅選手が トリプルアクセルに挑みますが、成功できず。
山隈選手、島田選手は トリプルアクセル以外は大きなミスなく 得点を伸ばし、山隈選手が優勝!

三宅選手は 前半のジャンプに不安定さがあったものの 後半立て直し 逆転で3位に入りました。
直前の6分間練習では2度 トリプルアクセルが綺麗に決まっていたので、残念でした。

須本選手、木科選手は 慎重になってしまったのでしょうか?
演技全体に硬さがみられ、ジャンプの着氷が不安定になってしまったのは残念です。

男子の次は女子・・・
と楽しみにしていたのですが、不覚にも ガールが突然の体調不良に陥ってしまいました。

せっかく長野まできたのに・・・との気持ちをなんとか捨てて、観戦途中で家路につきました。

胃をやられました。2日間食べれなかった(泣)
ネットで結果をみると 本田真凛選手が ノーミスでフリーはトップだったとか。
世界ジュニア代表3人がきちんと表彰台に乗りました。

一方で ユース代表の坂本選手が ショートで精彩を欠きフリーに残れなかったり、ジャンプが得意な青木選手が 3回の転倒。

伸び盛りの選手達、来シーズンの成長を楽しみにしていますよ。

|

« 気持ち悪い ブーム作り | トップページ | ビデオからの反省 »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気持ち悪い ブーム作り | トップページ | ビデオからの反省 »