« 暖炉のあるホテル | トップページ | 思わぬアクシデント »

2016年3月 2日

Dinner @ Vert Bois

01cb45aff056aff773668994a7c4056db3d山のホテルは 1泊2食付のプランを選んだ

夕食は 1階の フレンチ Vert Bois か 2階の和食 つつじ茶屋を選ぶ
予約時に 夕食は指定するのだが、できれば 時間も指定した方が良いようだ。

私達は 18:00を予約していたが、食事の途中には満席となっていた。
聞くところによると チェックイン時に時間指定した際は 希望どおりの時間指定ができなかったようだ。

フレンチ Vert Bois は クラシカルな雰囲気を持つ
部屋全体の照明は かなり明るく、テーブルクロスの白が目立つ感じ

夕食付のプランでは 冬のセレクションコース で 前菜2皿、スープ、メイン、デザート と 充実したコースだった。

まずは グラスシャンパン(2000円)で乾杯
最初に渡された ドリンクメニューのアルコールはグラス単位だった
ワインリストも別にあり、そちらも拝見したが、今回のメンバーでは グラス注文が合っていたようだ。
(ガールだけ グラス赤ワイン(1500円)を追加)

グラス注文だけど、ボトルをきちんと見せてくれてからサーブしてくれる。
隣のテーブルでは カクテルをシャンパングラスで との注文だったけど、快く応じていたようだった。

015ffe426f1ea576a00486f9e6f3d9580d0は前菜の前の 1口オードブル(わかさぎのフリット、2人前)
そのまま手でどうぞ と案内され、フィンガーボウルも。。。
前菜から緊張してしまう

前菜1皿目 ズワイガニのマリネと根セロリ添え ガトー仕立
ちょっと地味目ですが、見た目にも綺麗で、おいしく、食事のピッチが上がる。

料理の説明も丁寧で、 回りのソースも 飾りを兼ねて 2種類の味が楽しめるようになっていた。

どちらも ズワイガニのマリネと 相性抜群

01e54343d90050227f0bc1f0658341d233d

2皿目は ホロホロチョウのと野菜のサラダ 
スープは ハマグリと白菜、フヌイユのブイヨンスープ

いずれも ちょっと インパクトが少ない感じ

メインは 追加料金(+1500円)で 国産牛ロース肉のグリエ 

01c40d9b817936e36336fc4c5107b85f561焼き加減は聞かれなかったけど、丁度良い

お肉の美味しさを味わえる。

付け合せの野菜たちも 歯ごたえある調理加減で、お肉とバランス良く食べられる。

いずれの料理も 3名の私達のテーブルに3名でサーブしてくれる。
一人が大きなトレーでテーブルまで運び、そのトレーから2名が料理をテーブルに移してくれる。
ちょっと 特別感があります。

特にメイン料理は それぞれに ドームカバー(クロッシュ)もついていて、料理がテーブルに揃うと一斉に開けてくれる演出です。

サービスは とても心地良く、仰々しさは感じませんが、非日常感がちょっぴりあります。
テーブルでの会話には 邪魔にならないよう、それでも 料理の説明はきちんとしてくれます。

お一人様のテーブルが2組ありましたが、外からみていて 絶妙な距離感をもって接していらしたようどえ、 一人の夕食も 楽しそうでした。

0195a7c57b20a94e615267fb13a9bfcc64a

最後は りんごのシブストと 紅玉りんごのシャーベットのデザート
りんごの風味が良く、とくにシャーベットは絶品でした。

唯一 珈琲がマシーン抽出のようで、渋さが目立つ感じでした。
サロン・ド・テ ロザージュで たっぷり紅茶をいただいたので珈琲にしましたが、紅茶の方がよかったかも。

また、写真はありませんが、自家製パンの 黒糖いちじくクルミパン が おいしい!
フロント横の 売店で 販売されていたので、もちろん お土産に購入しました。

満腹でしたが、もたれるほどではなく、翌朝もスッキリ目覚めました。
この後 1階ラウンジの暖炉の前で 長居することになります。

アラカルトメニューをみたら、そちらも 魅力的なメニューが並びます。
コース料理は お任せの安心感がありますが、 アラカルトの迷いながら選ぶのも楽しそうです。

|

« 暖炉のあるホテル | トップページ | 思わぬアクシデント »

♪箱根・小田原」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暖炉のあるホテル | トップページ | 思わぬアクシデント »