« KAZUCUP観戦 | トップページ | 箱根暁庵 »

2016年3月30日

東海大記録会

Oni
日曜は東海大記録会を観戦してきた
爽やかな晴天に恵まれ、観戦日和

エントリー数も多く、各選手に間もなく始まるトラックシーズンへの意気込みが感じられて、観ていて気持ちの良い記録会だった

中3、高3の選手は進学先のチームと一緒にのエントリー
中3生も競合校を選んだだけあり、先輩に食らい付いていく実に頼もしい走りっぷりだった
まだまだ体は華奢だが、これからの成長が楽しみ

東海大の新1年生もエントリー
高校生としてのラストランを見守るギャラリーも多かった

もちろん 東海大の現役生も 其々に存在感を見せる走り

引き締まった表情の選手が多かった印象がする
地道にトレーニングを積んで フォームや体型も変わってきた感じを受ける選手もいた

Fukumuraルーキー登場で注目が集まった 3000Mの最終組のひとつ前
4月から4年生となる 福村選手(No.10)がエントリー

1年の箱根駅伝6区で好走後、故障で長くレースでの姿を見ることがなかった
エントリーしても、またレースから遠ざかる2年間だった。

そして、この冬のロードシーズンからレースにも続けて走るようになり、ようやく復帰の兆し

この日のレースでは 序盤から先頭を狙う積極的な走りに好調さが窺えました
怪我に悩まされた2年間分も最終学年で暴れてもらいたいです。

そのまま 福村選手のトップでゴールかと思われま)したが、この組トップは やはり東海大の新1年生 小松選手(東海大四高)

小松選手、いいレースしましたよね。
先頭から一旦は離されましたが、そのままズルズル後退せず、2000Mを過ぎた付近で先頭のペースダウンに素早く反応して一気に差を詰めました。
福村選手も負けじと ラストスパートで競り合いましたが、小松選手のラストのキレが上回った感じです。

競技場ではほどよい緊張感が終始漂っていました。
今週末には本格始動する トラックシーズンで 好記録を狙ってもらいたいものです。

|

« KAZUCUP観戦 | トップページ | 箱根暁庵 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« KAZUCUP観戦 | トップページ | 箱根暁庵 »