« 県バスケ ファン感謝デー | トップページ | プロジェクションクロックを買ってみた »

2016年3月20日

真凜選手、世界ジュニア優勝!

今週末開催されている フィギュアスケートのジュニア世界選手権@ハンガリー



見事 本田真凜選手が ショート、フリーともほぼ完璧な演技で 優勝!
おめでとうございます!




日本女子では 村上佳菜子選手以来の優勝
そして 無双時代とも言われたロシア勢の6連覇を阻むこととなりました。





日本勢では 樋口選手が3位、白岩選手も4位と続く
両選手とも、ショートの出遅れ(5位と8位)をフリーで完全に巻き返し、実力通りの力を発揮しました!



前日に行われた 男子では 中村選手が12位、友野選手15位、宮田選手18位
残念ながら来年度の出場枠を1つ減らすこととなりましたが、直前のエース 山本選手の欠場にも関わらず よく健闘しました。



今回のジュニア世界選手権は 怪我での欠場が印象深い



日本男子のエース 山本草太選手は 出発直前の足の骨折で急遽 友野選手が派遣された
表彰台はもちろん 優勝候補のひとりだっただけに 残念



山本選手とともに、来シーズンは恐らくシニアへ移行するであろう 米国 ネイサン・チェン選手も 代表派遣が決定した直後の怪我で出場断念
チェン選手も 優勝を狙って ジュニアに止まっていたシーズンだっただけに、残念としかいいようがない。



また、女子でも 優勝候補筆頭の ロシア ツルスカヤ選手が競技直前に怪我で欠場を発表
さらに SP首位だった ロシアの フェディチキナ選手がフリー前のアップ中に捻挫で欠場
ロシア勢にとっては 崖っぷちの戦いになってしまった。



個人選手の成績ももちろん注目すべきだが、各国の連盟にとっては世界選手権の国別結果が来シーズンの出場枠への影響となるので、上位選手の欠場は痛いところ。



日本男子では 中村選手の得点発表時に 同席していた本田コーチが”セーフ”のしぐさをし、中村選手もどっと安堵の表情がでていた。
代表になった プレッシャーって 大変 と改めて思いました。
是非 良い経験として 成長への糧にしてほしいです。



本田選手、優勝おめでとう!
樋口選手、メダル、白岩選手 入賞 おめでとう!
選手の皆さん、関係者の方々、お疲れ様



来シーズンの活躍も期待しています!

|

« 県バスケ ファン感謝デー | トップページ | プロジェクションクロックを買ってみた »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 県バスケ ファン感謝デー | トップページ | プロジェクションクロックを買ってみた »