« 大学強化練習0304 | トップページ | 16 立川ハーフ観戦 »

2016年3月 7日

祝♪ 初タイトル @立川ハーフ

今年の立川ハーフ(学生ハーフ)は 心躍りました

Dsc_6722応援している 東海大の 林竜之介選手が 2時間3分07秒で優勝しました

初タイトル獲得
おめでとうございます。
応援している大学の選手が活躍するっていいですね~

右写真は 残り1キロ地点
先頭集団も7人

この中から チームメイトの廣田雄希選手、神大の鈴木健吾選手と抜け出し、最後のスパート勝負を制しての優勝です。

2位に 1秒差で廣田選手が入り、東海大勢のワンツーフィニッシュとなりました。

林選手、廣田選手ともいいレースをしましたよね~
この時点でも フォームの乱れも感じず、良い集中力を保っていました。

林選手は時計を確認して仕掛けどころを探っていたようにも見えました。

今年最終学年となる 林選手と廣田選手ですが、良いイメージをもって トラックシーズンを迎えられそうですね。

今年の東海大は モンスター世代の強豪1年生を大量に迎えることになりますが、4年生の安定感を持ち合わせた強さを見せつけて欲しいです。

以前も記事にしましたが、林選手は2年秋から20キロ超の距離への不安を払しょくしただけでなく、安定した走りをしてくれます。
さらに この冬 3大大学駅伝に出場したことで、勝負勘と強さも身に付けたようです。

それでも ラスト勝負では 以前見た記録会のように 廣田選手が最後に抜くかと思っていましたが、廣田選手に追いつかせずに勝ちきったのも 大きいです。

表彰式後のインタビューでも ”攻めの走りができ、ラストも自信を持って走りきることが出来た” と コンディション的にハイペースにならなかったレースで主導権を握れた自信が感じられます。

なんだかうれしくて過去記事を見ていたら、林選手の最初の登場は ルーキーイヤーの5月
この時は 1500Mで 思い切ったレースをしてくれたんですね。
最終学年での活躍も大いに期待されるところ。
まずは 4月の記録会で 是非 28分台、13分台をだしてもらいたい、
そして 関東インカレで入賞・表彰台を狙って欲しいです。

Dsc_6632東海大は 林・廣田選手に続いて 14位石橋選手、19位桐原選手と新4年生が結果をみせましたし、新2年の湯澤選手が 29位と 今回も粘りの走り

左写真は15キロ手前の給水ポイント近くを駆け抜けた第一集団

先頭付近に 林・廣田選手がいるのですが、集団後方にも 石橋・桐原・湯澤・春日選手がいました
スカイブルーがこんなに先頭集団にいるのをみるのは 立川ハーフでは初めてかもしれません。。。

PB更新の選手、故障からの復帰レースの選手、合宿疲れか精彩を欠いた選手と様々ですが、チームメイトが 優勝・準優勝ということで、チーム全体では良い流れをもってロードシーズンを締めくくることができたことでしょう。

春からの東海大にも期待大ですね。 

|

« 大学強化練習0304 | トップページ | 16 立川ハーフ観戦 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学強化練習0304 | トップページ | 16 立川ハーフ観戦 »