« 箱根駅伝 5区の距離が変更 | トップページ | Dinner @ Vert Bois »

2016年3月 1日

暖炉のあるホテル

01e53bd57306268f3491f2bbf3c5fb32614先日 箱根 芦ノ湖畔にある 山のホテルに宿泊してきました。

ツツジが有名な 山のホテル
他にも バラやシャクナゲ等 手入れの行き届いた花の多いホテルですが、流石に2月は 花枯れの季節

その代り ホテルラウンジの暖かな暖炉が心を解きほぐしてくれます。

暖炉は 冬季期間 夕方から火が入るようです。
ただし、風の強い日は 風が逆流してしまうので使用しないとのこと。

この暖炉が 想像以上に心地よく、夕食後に 大変寛ぐことができた。

日中は 花のない季節は寂しく、周辺を散歩するにも寒く、やはり冬の旅行は物足りないなと思っていましたが、この暖炉で 冬の箱根もいいな・・・と印象が一変するほどでした。

山のホテルは HPでも紹介されているように 岩崎小彌太男爵別邸跡地に建つ

その後 数度の増改築後 1970年代に現在の山のホテルに。

全室 芦ノ湖を眺めるレイクサイドP1000302
古さを残すべきところは残し、手を入れるべきとこをはきちんとリニューアルされて 居心地の良いホテルとなっている。

右写真は エレベーターホールにある 電話台
クラッシック感たっぷり
共用スペースは クラッシクな感じが残されている箇所が多い

一方、客室と大浴場はリニューアルされていて 部屋自体に古さは感じない。

昨年リニューアルした 大浴場は 広すぎず狭すぎず使い勝手も良い。
入口の数段の階段が リニューアルでも解消できなかった点か。
無料のマッサージチェアがあったり、女性浴場には ミストサウナがあったのも ◎

3階が女性用、2階が男性用
移動はエレベーターのみなので、同じ階の方が便がいいです。

私達は 母も連れての3人での宿泊だったので 3部屋しかないベッド3台のトリプルを指定
各階の一番奥の部屋で フロント・レストランからは遠いが 大浴場が近くて便利

部屋の広さも十分だし、内装が落ち着いた雰囲気なので 居心地がよかった。

018740ae3a984bf26fd037260fb1154b250部屋のアメニティ・備品は 一般的だが、コースターが箱根寄木細工だった

珈琲もドリップタイプ、お茶類も緑茶・ほうじ茶・柚子入り緑茶と3種類
柚子入り緑茶がおいしかった。

曽我梅林でもらった 梅の枝をもっていたら 花瓶を貸していただいた
部屋中に梅の香が広がって 今回はとっても 思い出深いものとなった

(山のホテルの食事は別記事で)

|

« 箱根駅伝 5区の距離が変更 | トップページ | Dinner @ Vert Bois »

♪箱根・小田原」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱根駅伝 5区の距離が変更 | トップページ | Dinner @ Vert Bois »