« 大学トーナメント戦初戦 | トップページ | 他大学バスケの観戦 »

2016年5月 4日

大学トーナメント戦4回戦

Photo_2

1日は神奈川の高校バスケを観た後、平塚から板橋本町(T洋大総合スポーツセンター)まで移動し、大学バスケトーナメント戦の試合に出掛けた。

今回の対戦相手は昨年度まで1部で活躍していたK士舘大です。

スタートは昨日同様に#0、#36、#7、#87、#9の5人。

対するK士舘大のスタートはビッグマンを揃えており、立ち上がりはこの高さに苦しみました。

それでも立ち上がりからこの日絶好調なFW#87(3年)の連続スリーやPG#0(3年)のスリーでリードを奪う。

これに対して高さとパワー、そして高確率の外角シュートで対抗するK士舘大。こちらは広くスペースをとりながら、そこからのドライブやキックアウトでチャンスを作りますが、K士舘大の外角は本当に正確で1ピリを終えて19-19の同点。

こちらのスピードに合わせてビッグマンを下げて、ガードやパワーフォワードを投入するK士舘大。相手をこちらのペースに引き込めたのは良かったのですが、2ピリの終盤にフリーにしてしまったK士舘大フォワードに連続スリーを決められたのは痛かった。

バスケ自体は練習した内容を表現しているのですが、ちょっとした隙をスリーで決めてくるのは1部での経験でしょう。前半を33-43とビハインドで終える。

何とか得点差を縮めたい後半。脚を使ってブレイクを出したいところでしたが、此処一番で高さで押し込まれたり、スリーを決められたりと更に離されてしまいます。

4ピリにFW#87やSG#7(3年)のシュートで得点差を縮めますが、最終スコア61-79で敗れてしまいました。

バスケ自体は負けていないと感じた時間が多かっただけに悔しさが残りますが、これから始まる新人大会の期間に3年生以上は更なるパワーアップを図り、リーグ戦での飛躍につなげてほしい。

|

« 大学トーナメント戦初戦 | トップページ | 他大学バスケの観戦 »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学トーナメント戦初戦 | トップページ | 他大学バスケの観戦 »