« 復活と新顔 | トップページ | 中学バスケ本格始動! »

2016年6月26日

16陸上日本選手権

オリンピック代表選考に一番大事なウエイトを占める 日本選手権
今年の会場は 愛知のパロマ瑞穂スタジアム

残念なことに 天候に恵まれず、この大会で記録更新を目指した選手には厳しい大会となってしまった。

特に 待望の9秒台と煽りに煽られた男子100Mは 雨脚も強くなる中のレースで 例え雨が上がっても水を含んだコースではタイムは期待できなかった。

タイムは残念だったが、男子100Mは 非常に見応えのあるレースだった。

スタートの準備をする気合の入った桐生選手の表情には 痺れるものがあった。

山縣選手の好スタートで始まったレースは 中盤でも山縣選手がリードを保ち、桐生選手に逃げ切れると思った。

ここに 終盤の追い上げに強さを持つケンブリッジ選手がぐいと差を縮め、ゴール直前に山縣選手を交わし、優勝を掴みとった。

事前のマスコミは 桐生・山縣の2強対決と多いに煽ったが、ケンブリッジ選手もオリンピック参加標準記録を持つ実力者
その実力をこの大舞台で 見事に結果に繋げた

レース後の表情も三者三様で 高校時代からこの3名の活躍を見ていた我が家は複雑な気分

ゴール以外完璧なレースだった 山縣選手の 結果を受け止めきれない様な複雑な表情も、インタビューで 涙を止めることのできない桐生選手も、、、
勝者を決めるレースの非情さに 心が痛い

代表枠は3枠あるそうだから、是非3名を選考して欲しい
オリンピックの大舞台でも 誇りに思う活躍をしてくれるに違いないと思う

唯一心配なのは 桐生選手が足に違和感を感じた様子だったこと。
大事でないことを 願っている

(2016.06.27 追記) 
リオ五輪代表が発表され ケンブリッジ選手、桐生選手、山縣選手の3名とも 代表に選出されました。
活躍を期待しています。

|

« 復活と新顔 | トップページ | 中学バスケ本格始動! »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 復活と新顔 | トップページ | 中学バスケ本格始動! »