« 夏季選手権大会1回戦 | トップページ | むっとり@すもも食堂 »

2016年6月14日

16 学生個人選手権

Last週末 平塚のShonan BMW スタジアムで開催されていた 学生個人選手権

2日目の夕方に観戦に行ってきました。

お目当てはもちろん 5000M
2組のタイムレースで行われるこの種目
1,2組ともに 東海大と青学大から多くの選手がエントリーしていて 今年も両校の対校戦の様相になった。

さらに 2組目には 東海大の期待のルーキー達がこぞって出走
その中で優勝は 關颯人選手となったが、それぞれが持ち味を出した走りをみせた

 

1組目のトップが東海大4年の小笠原選手で 14分15秒台

持ちタイムが良い選手が集まった2組目は早いレース展開かと思われたが、序盤は牽制し合ったのか、1000m、2000mと1組目より遅いタイム

レースも青学大の選手が先頭で引っ張り、東海大は鬼塚選手(1年)らが先頭すぐ後方でレースの流れを窺う

Dsc_97133000M過ぎに 東海大2年の湊谷春紀選手中段から一気に前にでて、レースはペースアップし、動き出す

先頭集団が絞られたが、湊谷選手は4000Mで先頭を譲り渡す

残り1周半を残してロングスパートを仕掛けたのが、松尾淳之介選手(1年)

Junno_2

松尾選手のスパートにしっかり反応したのが 關選手と梶谷選手(青学大2年)

ラストにキレもあり、レース中盤位置を下げて力をためていた關選手に分がありました

2位は 梶谷選手、3位に鬼塚選手が順位を上げて、僅差で松尾選手をかわしました。

東海大は 前日の1500Mで阪口選手と荒井選手が表彰台にのり、最終日には 3000MSCで宮城選手が大会新で優勝しました。

学生長距離は今月末に全日本大学駅伝の関東予選会がありますが、東海大も青学大もシード権があり、予選会は走りません。
来年も 個人選手権にエントリー、そして活躍できるように、全日本駅伝ではしっかりシードをとってもらいたいものです。

|

« 夏季選手権大会1回戦 | トップページ | むっとり@すもも食堂 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏季選手権大会1回戦 | トップページ | むっとり@すもも食堂 »