« 絶対にもう1回帰ってくる | トップページ | 今読んでいるのは…160602 »

2016年6月 1日

4年目の表彰台

6月に入りましたが、関東インカレの記事をもう少し

Photo大会2日目に予選、3日目に決勝が行われた3000M障害では 順大の塩尻選手が 予選・決勝ともひとり次元の違うレースを行い、優勝

報道によれば、リオ五輪参加標準記録(8分30秒00)を目指していたという。
残念ながらタイムは及ばなかったが、それでも自己ベスト
初日の10000Mに続く表彰台となった。

2位は 東海大の石橋選手

この競技では1年次に5位に入賞
昨年は4位
2年次は故障でエントリーしなかったが、出走すれば必ず結果を出す石橋選手

速いペースでレースを作る塩尻選手に唯一ついていき、塩尻選手に離されはしたものの 盤石な走りで2位でフィニッシュ

1年次から表彰台に乗ってもおかしくない走りをしていたが、4年目にして ようやく 表彰台
おめでとうございます。

最終日は 東海大長距離陣はストレスの残る1日だった

ハーフでは 積極的なレースをみせることなく、後半はズルズル順位を落とすこととなった。

また 5000Mでは 1年松尾選手が レース中盤に入賞圏内に順位を上げたものの、ラストで後続に逆転され、こちらも 入賞者なしとなってしまった。

4日連続の関東インカレは あっという間の夢のような時間だった。
選手の皆様 お疲れ様です。

|

« 絶対にもう1回帰ってくる | トップページ | 今読んでいるのは…160602 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絶対にもう1回帰ってくる | トップページ | 今読んでいるのは…160602 »