« 今読んでいるのは! | トップページ | 四川飯店 @池袋東武百貨店 »

2016年7月 6日

読響シンフォニックライブ @東京芸術劇場

01a758c2cce9e16b36f9f65d8c61f7c5a12日本テレビ系の クラッシック音楽番組 読響シンフォニックライブ の公開録画を観てきました。

場所は 東京芸術劇場

初めての応募でしたが、見事当選しました

チケット引換券が送付されてきて、当日 座席チケットと交換でした。
開演が19時、チケット交換は16時から、、、との案内
17時過ぎに 劇場についてすぐに交換したのですが、3階席でした。

関係者も多かったようですが、16時頃来た方は どの辺の席だったのでしょうか?

昨年の10月以来の東京芸術劇場
3階席での観劇は初めてでしたが、やはり遠かった

演奏の音はしっかり聞けるのですが、曲紹介のMCが聞き辛かった
オーケストラ全体が見える興味深さはありますが、オーケストラと観客が一体となって、、、という感じにはなれない席
経験しないとわからない部分なんですけど。

1部は 金管楽器をメインテーマに
シャローム(金管六重奏) 和田信作曲

ユーフォニアム協奏曲「皇帝」 マルセル・ケンツビッチ作曲
ソロ 外囿祥一郎

アンコール パントマイム スパーク作曲

2部 バレエ繋がり???

バレエ音楽 白鳥の湖 抜粋&語り(池端淳平)

ボレロ

21時頃終演
2部はアンコールなし

白鳥の湖は 抜粋ということで、有名ところを繋ぎ合わせての演奏
繋ぎに 語りが入って 物語の進行がわかるような 趣向

残念なことに 曲紹介同様 池端氏の声がところどころ聞き辛く、3階席には 語りの効果は薄かった

個人的には 好きな曲なのだが、やはりバレエと共に楽しみたい と改めて思った。

最後のボレロも 生オケで聞くのが一番 と思う 1曲
3階席だったので 各パートの動きが良く見えて その点では新鮮だった。

1階・2階の盛り上がりが3階席では把握し辛かった。

個人だと どうしても お気に入りの曲・アーティストの公演に行くから、今回のユーフォニアム のように 新しい魅力ある楽器や曲に出会うのは楽しい。

ユーフォニアムについて調べていたら、 アニメで ”響け! ユーフォニアム” という学園部活物があて、TVアニメ化されていることも知りました。
なかなかの人気で 10月からは 第2シーズンとのこと。

最後に、この劇場は エスカレーター(またはエレベーター)で上階へと進むのだが、エスカレーターの台数が限られていて、終演後の混雑は相変わらずだった。

|

« 今読んでいるのは! | トップページ | 四川飯店 @池袋東武百貨店 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今読んでいるのは! | トップページ | 四川飯店 @池袋東武百貨店 »