« 中学練習試合0725 | トップページ | 練習試合0728 »

2016年7月28日

月イチ歌舞伎 野田版研辰の討たれ

先月に引き続き 映画館で 歌舞伎を見てまいりました。

映画館で楽しめる歌舞伎、シネマ歌舞伎
今年は月イチ歌舞伎として 月替わりで12か月に亘って古典の有名物から現代劇との融合の 新世代の歌舞伎までが楽しめる。

松竹のHP

今月は 平成17年5月に歌舞伎座で行われた ”野田版 研辰の討たれ”

主演は 故 中村勘三郎

10年ほど前の作品ですから 役者の皆さんがお若いこと!

そして 野田秀樹の演出が 歌舞伎作品に見事にマッチ
テンポ良く 笑いもあり、

私は 歌舞伎が好きなのか、野田秀樹の演出が好きなのか、、、
とにかく 面白い! の ひと言
あっという間の2時間でした。 

サラウンディング効果で 劇場にいるような気持ちになるのですが、
大向こうという声掛けが 最初は 映画館の観客からかかったのかと思いましたよ

シネマ歌舞伎の上映期間は1週間 と短く、さらに1日1回の上映なので 会場はほぼ満席。

私は 前売り券を購入しています。
これは、若干割引価格で鑑賞できるのですが、一方で座席指定を窓口で行わないといけません。
残念ながら エギュゼキュティブシートという 広めでリクライニングのできるシートはネット予約ですぐに埋まってしまい、通常シートでの鑑賞となりました。

|

« 中学練習試合0725 | トップページ | 練習試合0728 »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中学練習試合0725 | トップページ | 練習試合0728 »