« 高校の新人チームの試合 | トップページ | 美しい・・・七之助 花魁浦里 »

2016年8月23日

ガツンとやられた 東京プレゼン

終ってしまいました リオ五輪
日本選手の連日の活躍で 寝不足な毎日とようやく決別できる、私は”リオロス”にはならない、、、自嘲気味に思っていた最終日

最後の最後に ガツン とやられました。

閉会式の 東京五輪のプレゼンです。

ネットで話題の安部総理のマリオだけでなく、最初の君が代からAR技術、最後のエンブレムー影絵 まで 素晴らしかったですね
見入ってしまいました

途中の宙に競技種目を表したアスリート型がでてくる箇所など、どうやって映し出しているのかと思いましたが、これがAR(拡張現実)という技術なんですね。
(話題のポケモンGO も AR技術を利用したもの)

ディスプレイ等の器具を介さずに映像を見えるまで技術はすでに進化していて、なんだか これからの4年間にさらに東京は進化するよ(3Dもできる?)・・・と予言するようで、ワクワク感を大いに刺激してくれました。

とにかく、とてつもなく カッコいい プレゼンでした。
日の丸をイメージさせる赤い円がところどこに入りますが、それもパンチを効かせていました。 

着物や寿司や和太鼓・三味線、歌舞伎 などなどがなくても 凄く ”東京・TOKYO” を 出していました。

ある意味 私達日本人にこそ、ステレオタイプの東京・日本のイメージに固執せずに 地に足をつけて 自分たちの今の姿に気づけ と言われたような気がします。
海外が まだ日本を知らず その文化に驚いた時代から 日本の流行がすぐに海外で注目される時代になっている

日本伝統文化だけでなく 日常すぎて・当たり前すぎるものも 海外に誇れるもの だと。

そして、金メダリストとともに 東京五輪のホープ達もビデオで登場した
発表されているのは 柔道の阿部選手、体操 土橋選手、卓球 加藤選手ですが、東京五輪に向けて 新星が続々登場してくる予感がします。

個人的には 青森大学 男子新体操部の登場にも 興奮しました。
素晴らしかったですよね。
男子新体操は ネット上の動画でしかみたことありませんが、青森大学の演技は完成度が本当に高く、見惚れてしまいます。

慌てて探した 男子新体操 青森大の最新演技
インカレですので、声だし等男子競技スポーツ部ならではです。

男子新体操は日本発祥の競技で 2000人程度の競技人口だそうです。
徐々に世界大会も開催されるようになっているそうですが。

日本の新体操競技者から シルク・ド・ソレイユの演技者に抜擢される選手もいるほど 評価は高いそうです。

話がちょっとそれてしまいましたが、リオ五輪で十分興奮し、暫く大人しくしてようと思っていた目論見は外れました。

すっかり東京五輪本番へのワクワク感で満ちています。
とても楽しみになってきました。 

関係者の方々、素敵な、誇らしいプレゼン ありがとうございました。
本番へのハードルが上がってしまいましたが、本番も多いに期待しています。

SmartAR技術はSONYが開発、株価にも評価が反映されるとイイナ(小声)

|

« 高校の新人チームの試合 | トップページ | 美しい・・・七之助 花魁浦里 »

#スポーツ観戦席での独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高校の新人チームの試合 | トップページ | 美しい・・・七之助 花魁浦里 »