« うなぎ@川菊 | トップページ | 勝ち飯はラーメン? »

2016年9月 6日

関東リーグ第1週目

大学バスケチームは今日から関東大学リーグ戦(3部)が始まりました。

長いリーグ戦。一次リーグの11試合をこなしてから、上下6チームに分かれての5試合を約2ヶ月かけて戦います。

その第1戦である今日。対戦相手は精度の高いシューターを擁するM治学院大との対戦です。

こちらのスターターは#2、#36、#7、#13、#53の5人。

リーグ初戦でこの日の第一試合ということもあり、お互い固い立ち上がりでしたが、苦しいところでPF#13、FW#7がシュートをねじ込む。

M治学院大は素早くボールを展開させながらスクリーンを合わせて使ってきますが、なかなかシュートを決めることができません。

さて、今日の審判はハンドチェックの部分での笛が多く、我がチームのオフェンス切り替え時やドライブに対してM治学院大はファールを吹かれ、主要メンバーの交代が多くなったと思われる。

このチャンスに途中から出場したGF#51やPF#87はドライブやステップインから沢山のチャンスを作ってくれました。

そしてディフェンスも相手シューター#7にスリーを1本も決めさせないという、練習からの課題を表現することができました。

順調に得点差を開いた前半。41-23とリードして後半を迎えることができました。

後半は翌日の試合を考慮して、途中からリザーブメンバー中心でメンバーを組むことにしていましたが、3ピリ途中でPG#2が相手との接触で負傷退場。

しかしその穴をPG#0やPG#47がきっちり埋めて、4ピリには1年生を含めた全員出場の80-55というスコアで、見事初戦突破に成功しました!

次の試合は翌日で、今度は同じバスケスタイルであるG習院大が相手です。今日の様に粘り強いディフェンスが要求される試合となりますが、チーム一丸で勝利をつかんでほしい。

緊張の初戦。その翌日にリーグ戦の2試合目が行われました。

今回の対戦相手はG習院大。チームカラーが似ている、精神的にも非常に粘り強いチームで毎回接戦になります。

スターターは昨日同様に#2、#36、#7、#13、#53の5人。

立ち上がり、G習院大はエースガード#6のスリーやセンター#9のインサイドで攻めてきますが#53が良いディフェンスポジションを展開して相手#9にゴール下を全く決めさせず、こちらはPG#2、GF#7の外角でリードを奪う。

G習院大は#6のシュートが決まらなければ#11がかなり離れた距離からでもスリーを決めてきて、1ピリは17-13と僅差ながらリードする。

そして2ピリに入ると、3年PF#87のインサイドやキャプテン#51のドライブが決まり得点差を開くことに成功。42-28で前半を終えた。

なかなか良い前半の終わり方でしたが、後半に入ると負けられないG習院大の反撃が始まる。

前半良い所の無かったセンター#9が泥臭くオフェンスリバウンドやドライブの合わせからゴール下を連続して決めてきて、こちらもPG#47のドライブで対抗するも勢いを止められず、みるみる得点差が1桁に詰まってしまいました。

ですが4ピリに入り、G習院大の運動量が落ちたところで、我がチームはPG#0、PG#23の落ち着いたゲームコントロールによりフリースローをコツコツ決めて、最終スコア79-64でこの試合に勝利することが出来ました。

残暑厳しかったこの試合。滴り落ちる汗のせいで床が滑りやすくなり、昨日に続き怪我人が出そうでしたが、今日は負傷退場者を出すことなく終わって良かったと思います。

また来週の試合に向けて、しっかり準備をしていきましょう。

|

« うなぎ@川菊 | トップページ | 勝ち飯はラーメン? »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うなぎ@川菊 | トップページ | 勝ち飯はラーメン? »