« パラリンピック閉会式も期待大 | トップページ | 今読んでいるのは? »

2016年9月18日

シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど

浅草公会堂で 大江戸りびんぐでっど を観てきました

今週末開催されている したまちコメディ映画祭 in 台東 の企画物として上映されました
2009年に歌舞伎座で上演された舞台をシネマ歌舞伎として 編集しています

演出 宮藤官九郎 で 江戸の街にゾンビが現れるというストーリー

最初から クドカンワールド全開の、テンポの良く、お笑い満載の舞台でした

鬼籍に入った中村勘三郎や坂東三津五郎、闘病で舞台から離れている 中村福助 も登場して 懐かしかったですね。

楽しい映画でしたが、やはり映画館に比べると音響に難ありで、セリフ回しの速い箇所は聞きづらかったのが残念でした。

映画上映の後は、ゲストに 宮藤官九郎、中村七之助、片岡亀蔵、富士滋美 (浅草観光連盟会長)(敬称略)招いて 30分弱のトークショー
興味深い話が多く、又話術も長けているので、こちらも 映画同様 大変面白かった

宮藤官九郎が この歌舞伎に関わることになったのが、故中村勘三郎からの声かけだったこと

7年前は、かなり荒唐無稽な企画だったこと
が、最近の 歌舞伎と一般舞台との接近具合を見ると 一歩先を行った企画だったと改めて思う事

勘三郎は この舞台が好きで、面白いと大きく評価してたことを七之助が披露

七之助と亀蔵ともに、荒唐無稽なストーリー展開も歌舞伎役者は 動じない、
ただ本ストーリーは ゾンビの動きなど舞台というよう映画向き
とコメント

とにかく 1か月の稽古期間が楽しく、第2弾にも期待、、、とのコメントに盛大な拍手で 終了しました

私は 歌舞伎映画とトークショー目当てに行きましたが、この映画祭自体も第9回を数えます。
コメディを面白いの枠に留まらず、文化、芸能、歴史の多方面から捉えて の企画は 国内外、過去作、最近作と幅広く選ばれています

今年は 19日までの会期ですが、次回も大いに楽しみですね

|

« パラリンピック閉会式も期待大 | トップページ | 今読んでいるのは? »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パラリンピック閉会式も期待大 | トップページ | 今読んでいるのは? »