« 2016出雲駅伝 | トップページ | 大学2次リーグ2週目 »

2016年10月16日

16 高島平ロードレース

Photo_2

今年も 高島平ロードレースを観戦してきました。
昨年の記事

お目当てはもちろん東海大なのですが、選手層も急に厚くなり 駅伝のメンバー争いが熾烈になっています。

駅伝シーズン前に発売された 大学駅伝秋号をみると、東海大は 「出雲駅伝の6人が 全日本駅伝の中心となり、全日本の8人のうち多くが箱根駅伝へ」 と両角監督のコメントを紹介していた。

つまり、夏の選抜合宿時に既に出雲・全日本駅伝のメンバー候補の選抜は終わっていたように思う。
出雲・全日本のメンバーの青写真はできている様子。

それでも これから開催されるロードレースは出走メンバーへ、あるいは箱根駅伝を見据えてのアピールをする絶好のチャンス

選手もそれがわかっているようで、今大会ではほとんどの選手が状態が良い形でレースに臨んでいました。
それぞれの持ち味をだしていて、今の実力を発揮できたのではないでしょうか。

大学生の部では 順天堂大 塩尻選手がトップ、2位西澤選手、3位作田選手と順天堂大の選手が表彰台を占めました。
順天堂大は全日本駅伝の出場権がありませんが、多くの選手が好走を見せていました。

東海大トップは 一時大きなスランプに入った 川端選手(3年)
表彰台に一歩及ばずの4位
塩尻選手には水をあけられてしまいましたが、最後までレースをコントロールする走りをしていましたし、最終周に入ったところでのペースアップにも慌てることなく対応していました。
最近では一番納得の行くレースだったのではないでしょうか。

同学年の國行選手が5位
最終周で川端選手から離れてしまいますが、ずるずると落ちることなく 川端選手の背中が見える距離でゴールしました。

Photo続いて ルーキーの中島選手(写真193)が7位
2番目の集団に位置し、良いペースを刻んでいました。
並走していたのは 3年の島田選手
「急上昇で力を伸ばしている」と自己紹介に書いていて、実際昨季のロードレースから成績を上げ続けています。
二人とも 得意とするところが似ているのでしょうか、終始お互い譲らずという感じのレースでした。
最後は中島選手のスパートに対応できず後塵を拝することになっていまいますが、選抜合宿に選ばれた自信をもってチャンスを是非掴んで欲しいですね。

1年次に6区で好走をみせた福村選手(4年)も 安定した走りをみせていました。
長らくの故障で コンスタントにレースをこなすことができなかったのですが、最終学年の今年はどうでしょうか?
夏合宿までは順調そうだったので、これからロードレースを上手くこなして再び箱根路に挑戦してもらいたいですね。

|

« 2016出雲駅伝 | トップページ | 大学2次リーグ2週目 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2016出雲駅伝 | トップページ | 大学2次リーグ2週目 »