« 関東リーグ第5週目 | トップページ | 驚きの知らせ »

2016年10月 6日

問題山積

大学バスケは今週末から勝負の2次リーグに突入する。

1次リーグの最終戦に敗れてしまい、その結果7勝4敗で上位リーグ5位(全6チーム)でリスタートすることになりました。

ただ1勝の差で2位から4位が並んでいるので、ここから勝ち上がっていけば入れ替え戦の絡む2位圏内に入れるかもしれません。

待った無しの勝負の時。

そしてもう一つの教えているチーム、中学バスケチームも16日から新人大会に突入します。

ですが、気合の入る大学チームとは異なり、中学チームは問題が山積状態でした。

何が問題か。

まず怪我人が多く出てしまい、ここ1週間まともにメンバーが揃っていません。

そして怪我の原因も学校で禁止されていることをやっての怪我とか、ウオーミングアップが足りない所での怪我など、大会前のチームとは思えない内容ばかりで、原因を聞いてからこちらもガッカリしてしまいます。

昨日の練習でも、チームの部長でありスタートのポイントガードを務めている者がびっこを引いて登校しているのを見つけました。

聞くと朝練習のところでふくらはぎの肉離れを起こしてしまったということで、これで3~4週間は動けないことでしょう。

ちなみに新人大会ではスクリーンプレイを使ったセットオフェンスを武器にしようと練習を開始していました。

昨年とは異なるFWの1対1を考慮した内容なのですが、怪我で出られない人、練習に見学にすら来ない人もいるので、折角練習を始めてもメインの選手の反復練習につながらずモチベーションが上がりません。

それでも大会を棄権する訳ではないので、参加するからにはプレイ出来るメンバーで何とか形にしたいところ。

問題克服にむけた部活動になっていますが、こちらも頑張りたいと思っています。

|

« 関東リーグ第5週目 | トップページ | 驚きの知らせ »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 関東リーグ第5週目 | トップページ | 驚きの知らせ »