« スケートグランプリシリーズ始まる | トップページ | 1対1で活路を! »

2016年10月24日

リーグ最終戦

リーグ最終戦
9月から始まった大学バスケのリーグ戦(3部)は今日が最終日です。

当初目標に掲げていた3部優勝、2部昇格というものはかなわず、最終戦は勝っても負けても4位という状況で、ラストの対戦相手は2部への入れ替えが懸かっているM星大との対戦です。

前回は最後の最後に突き放されての惜敗でした。今回は何としても勝ちたいところ。

こちらのスタートは#4、#7、#9、#12、#36の5人。

立ち上がりから1対1からのドライブで得点を奪うM星大に対し、またしても追いかける展開になってしまった我がチーム。なかなかこちらのペースに持ち込めませんが、審判の笛のせいでお互い個人ファールが増えて、両チーム頻繁に交代をしなければならない展開となる。

そんな状況でしたのでM星大のミドルシュートの精度が落ち、ディフェンスリバウンドから速攻の展開や、セットオフェンスからのドライブという展開が増えて来ました。

すると今度はスリーポイントシュートが当たり始めたM星大。ここはディフェンスを頑張らねばなりません。

粘る途中から出て来たC#20のミドルやPG#4やPG#47のドライブで前半を29-46とビハインドながらついていきます。

何とか追いつきたい後半。前半動きの良かったPG#0のスリーポイントが決まり波に乗り始める。

M星大は前半動いていた脚が止まって来て、思うように動けなくなって来ました。

連続したスリーポイントこそ決まらないものの、PF#87のステップインやC#20のシュートが決まり始め点差を詰める。

4ピリもこちらに波が来ておりチャンスがあるのですが、細かなミスプレイやフリースローのミスなどあり一気に得点差を詰めるには至りません。

ですが残り時間が少なくなったところで、PF#12やGF#36のスリーが決まり3点差まで詰まって来ました。

もうお互い歯を食いしばりながらの攻防にどちらが勝つのか?というところまでもつれましたが、我がチームとしては時間が僅かに足りず、無情のタイムアップのコールが…。

最終スコア66-69と非常に惜しいところまで追い詰めましたが、これにて今期のリーグ戦が終わってしまいました。

例年以上にエキサイトした約2ヶ月でした。その主役たる選手達はよく頑張りました。そして4年生お疲れ様でした!

|

« スケートグランプリシリーズ始まる | トップページ | 1対1で活路を! »

バスケコーチMの独り言(13夏~17夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スケートグランプリシリーズ始まる | トップページ | 1対1で活路を! »