« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日

大学練習1129

29日は中学バスケではなく大学バスケチームの練習に顔を出しました。

3年生がリーダーとなり新チームが動き出して少し経ちました。どんな変化があるかを楽しみにしていましたが、体育館に入ると静かに練習をしています。

どうしたのか?

聞くと、この時期にして既にチームをABに分けて練習を始めたとのことで、この静かなのはBチームなのでした。

何故静かなのか?

それは彼らなりに凹んでいたのでしょう。期待の新シーズン。早くもBかと…。

ですが、それをリードしているのはAの3年生です。いつまでも凹んでないで、指導しているAメンバーの為にも頑張ってもらいたい。

一方Aチームの練習は、Bチームとは異なるレベルの高さと、Aチームに所属している安堵感からか明るく、テンションも高めです。

今は基礎練習をメインに頑張るとのことですが、オフェンス中心の内容に対してこのディフェンスが甘く、パスが面白いように回ってはノリノリでプレイをしています。

あまりにディフェンスが緩いのではオフェンス練習にもならないでしょう。ここでちょこっと針を刺し、ディフェンスも意識する様に3年生に対して指示。3年生もまだ練習については模索中なので仕方ないことなのでしょうが、攻守のバランスを考えて練習を組み立てられると良いでしょうね。

昨年度までは優秀な学生コーチがコントロールしていたので選手達も安心しきっていたのでしょうが、今期は試行錯誤の1年になるでしょうね。目標に向かって頑張って欲しい!

| | コメント (0)

2016年11月29日

今読んでいるのは!

今読んでいるのは!
大学や中学バスケの活動に出掛ける電車の中などで、今の私に読書は欠かせない。

そんな私が今読んでいるのは、中山七里著の『作家刑事 毒島』である。

これは警察を辞めてから作家になった毒島さんが主役の、彼を中心とした犯罪謎解きのお話です。

ジャンルとしてはそんな斬新なものではありませんが、登場人物が大変個性的であり、これが作家界では当たり前なのか?と考えてしまうところであり、面白いところです。

これはかつて東野圭吾さんの作品に似たジャンルの作品がありましたが、この業界で働く人には申し訳ないが、一般常識では理解出来ない非常識的な笑えるところ。

スラスラ読めるところが中山七里さんの作品の特徴であり、もう直ぐ読み終わってしまいます。

続編は出るかな??

| | コメント (0)

2016年11月28日

週末練習1126

26日は朝から寒さに心折られそうになりながら、中学バスケの練習に出ていました。

なかなか思う様にチーム作りができない今期。現在も相変わらず怪我人がいる状態なのですが、来年の多摩大会に向けてチームは前に進まなければなりません。

そして先週から新たに取り組み始めたチームプレイ。今週からカッティングだけではなくスクリーンを加えた形に発展させました。

とにかく最初の練習説明は手間がかかります。おおよその全体像をボードを使って説明し、それの分解練習を進めます。

選手たちのほとんどが中学に入ってからバスケを始めた初心者軍団ですので、一回の説明では理解できません。何度もプレイをやらせては止めて説明してもう一度やらせてみて…。

取り敢えずこの日にやれることはやれたかな?

今週はこの分解練習の反復が練習課題になります。

頑張ろう。

| | コメント (0)

2016年11月27日

青の洞窟復活!




青の洞窟復活!

テレビのニュースで放送されていた様な気がしていましたが、先日大学バスケの観戦で代々木第二体育館に出掛けた時に見ることができました。

これは所謂イルミネーションなのですが、幻想的な青白いLEDの光が非日常的でしたね。

イルミネーションと言えば表参道とか六本木ビルズの辺りが有名でしたが、なんか「景気復活」を感じさせるシーンでした。

ちなみにこのイルミネーションは来年の1月9日までだそうですよ。

| | コメント (0)

2016年11月26日

大学バスケのインカレ始まる

大学バスケのインカレ始まる
今週頭から待望の大学バスケの全国大会、インカレが代々木第二体育館を中心に始まりました!

今回は通いではありますが複数回観に行こうと思っていました。

初日と2日目。全試合ではありませんが、中学バスケの練習に被らない時間まで粘りました。

また雪の降る4日目は会場担当係大田区立総合体育館には入り!5日目は代々木に準々決勝を4試合観てきました。

テレビでは伝わらない気迫を肌で感じた4日間。出来ることなら中学バスケチームのメンバーにも見せたかったが、平日メインの大会では連れ出せませんね。

ですが、混みそうな決勝は家でBSフジをつけてのんびり観たいと思います。

| | コメント (0)

2016年11月25日

極上のモーツァルト @東京オペラシティ

011390c2a6e08412cdf012fca9924507349辻井伸行さんとヨーロッパ室内管弦楽団のコンサートは 極上のモーツァルトと題されたオールモーツァルトプロ

そのツアーの最終日、場所は東京オペラシティ

6月に聴きにいった オルフェウス室内管弦楽団もそうでしたが、ヨーロッパ室内管弦楽団も指揮者なしの演奏スタイル
(時にゲストで指揮者が加わることもあるようですが)

今回はAプロ、Bプロの2種類で、最終日はBプロでした。

演目
コジ・ファン・トゥッテ 序曲 K588

ピアノ協奏曲第26番ニ長調 戴冠式 K537

ピアノソロ アンコール ショパン 革命

休憩(20分)

ディヴェルティメント ヘ長調 K138

交響曲 第41番ハ長調 ジュピター K551

アンコール モーツァルト フィガロの結婚序曲

続きを読む "極上のモーツァルト @東京オペラシティ"

| | コメント (0)

2016年11月24日

54年ぶり

Dscf2301「雨の降り方によっては、、、」との但し付きだったので、チラつく程度を期待しましたが、まさかの 本降りの雪になってしまいました。

東京での11月の初雪は昭和37(1962)年以来の54年ぶりとか。

都心で積雪になったら観測史上初らしいですが、既に我が家の周辺の屋根は白く雪が積もっています。

地熱と車・人の往来で道路はまだ大丈夫のようですが、我が家の玄関先は既にシャーベット状になっています。

庭の草木やプランターもすっかり雪に埋もれてしまいました。
湘南エリアでは、真冬の1,2月でも雪が降らないことも珍しくないので、本当にびっくりです。
これも 異常気象のひとつなんでしょうか?

午後にかけてもまだまだ雪は降るとか。
今夕・明朝の交通機関が心配ですね。

| | コメント (0)

2016年11月23日

ランチ@カラーブリア

ランチ@カラーブリア
久しぶりに茅ヶ崎のイタリアン食堂 カラーブリアに行ってきました

この日は、近くの茅ヶ崎高校で高校バスケの地区大会があったので、観戦途中にお邪魔しました

ランチはパスタに前菜とドリンクがついて 1350円
以前記事にした時よりお値段は少し変わっていました

お料理内容・ボリュームとも、やはり充実していて、おいしかったです

特に前菜の盛り合わせが楽しい

写真奥の野菜は地元産で手作りバーニャカウダソース
程よい噛みごたえある硬さが心地よい。
クラッカーの赤いジャムは唐辛子なんですがこれが辛くなくて…
辛いかもと構えていた自分が可笑しくなりました

前菜で気持ち良くなり、思わずランチワイン200円を追加してしまいました
パスタは生ハムとパルミジャーノのリゾット(+200円)
濃厚な味で食べた感があります

午後の観戦がなければデザートも…というところですが、なんとか我慢しました

残念ながら、ランチはパスタランチのみに変わってました(以前はアラカルトも可だったかと)
黒板のアラカルトメニューのお肉系が少なくなってたような気がする…

茅ヶ崎高校からはさほど遠くないので、これからはカラーブリアのランチも念頭に観戦に来たいですね

calabria (カラーブリア)
茅ヶ崎市室田3-11-55
0467-28-1537
11:30-13:30(LO)
18:00-21:00
月曜日休

| | コメント (0)

2016年11月22日

16 上尾ハーフマラソン

Dsc_0639
日曜日開催された 上尾ハーフマラソン
この日の朝は関東が霧で覆われた朝で、私達の住む湘南エリアは7時過ぎにはかなり晴れてきたが、埼玉エリアはなかなか霧が解消せずに、8時半に上尾駅に着いた時もかなりの濃霧だった。

場所によっての濃淡があるが結局レース中に霧が晴れることはなく、陽射しや暑さを気にする必要のない好条件のレースとなった。

Dsc_04933キロ地点は例年大集団で走ってくるが、この日は中央学院大のルーキー 横川巧選手が飛びだしていて、後続に15秒ほど差をつけていました。

スピードを持つ横川選手はレース毎の積極性が光ります。
出雲・全日本と主要区間を任され、今年の中央学院大の勢いを象徴する選手のひとりです。

この後折り返しでは後続に吸収されるか・・・と思っていましたが、折り返し地点でもまだ先頭を独走していました。
流石に終盤はペースダウンして順位を下げてしまいましたが、63分05秒(学生22位)の好記録でした

写真でもお分かりのとおり 霧の中を走る感じす。

続きを読む "16 上尾ハーフマラソン"

| | コメント (0)

2016年11月21日

大学練習試合1119

大学練習試合1119
19日は午前の中学バスケに続き、午後は大学バスケの練習試合とバスケな1日となりました。

その大学バスケチームの練習試合でさが、今回はJ武大のBチームが来ての練習試合です。

このBチームでの試合というのはリーグ戦であまり出場出来なかった選手を含めた、来季のAチーム候補を見つける試合であったりします。

ですが、BチームといってもJ武大は人数が多い。総勢100人を超えるメンバーの中で今回は50人くらいが来て、これを2チームに分けての10分8本を2面でこなすという、なかなかハードなものとなりました。

まぁ、こちらもメンバーはそれなりにいるので、今回の練習試合は控えメンバーがアピールする良い機会だったと言えます。

その試合内容は、多くのメンバーが出場しながら勝ったり負けたりと沢山の課題が出ましたが、チームを率いる上級生達が、最近の練習で行なっている内容がどう機能しているかを考える時間が出来て良かったと思います。

練習試合に来て頂いたJ武大バスケ部の皆様、どうもありがとうございました!

| | コメント (0)

2016年11月20日

16 全日本大学駅伝

諸所ありまして、半月遅れの記事になってしまっています。****************************************************

今年の全日本大学駅伝は11月6日
例年のように現地観戦も考えましたが、出雲駅伝の東海大の活躍をみて、今年はTV観戦と決めました。

なのに・・・・

直前に流れてきた、「東海大はウィルス感染による胃腸炎や故障で複数の選手が離脱し、補欠がいない状態。棄権の可能性も・・・」

出雲駅伝の良い流れを全日本駅伝で更に加速してもらいたいと思っていただけに残念です。

急遽走ることになった選手もいたことでしょうが、なんとかゴールまで襷を繋ぎました。
残念ながらシード権を失うことになってしまいましたが、現選手層なら来年の予選は心配はいらないと思います。

ウィルスは不運だったとはいえ、箱根駅伝までに万全の対策をしてもらいたいものです。

そんな中収穫も沢山ありました。
1区 鬼塚選手は強者曲者揃いの1区で1年生ながら好走。
東洋大 服部選手の給水ポイントを使ってのスパートには多いに焦らされ、走りのリズムも狂ったようでした。
一時は上位選手との差を広げられてしまいました。
が、ラストに盛り返し、10位ながらトップと35秒差、シードボーダーの6位とは7秒差での襷リレー

続きを読む "16 全日本大学駅伝"

| | コメント (0)

2016年11月19日

フィギュアスケート東日本

Dscf2296

10月末には京都旅行を兼ねて京都で開催されていたフィギュアスケートの西日本大会を観戦してきました。
全日本選手権と全日本ジュニア選手権への出場権をかけた大会です。

評判どおりハイレベルな西日本大会をみたら、やはり東日本大会も気になってしまい、、、、
結局 大会2日目の11月5日(土)に 会場の DyDoドリンコアイスアリーナ(西東京市東伏見)に行って参りました。

私は昨年この会場で全日本ノービス大会を観戦していて、その時の冷え込みを覚えていたので、しっかり防寒をしていきました。
今回は車だったので、多めの荷物も余裕でした。

駐車場はスケートリンクに隣接してあります。
1時間200円
青梅街道から入った道が割と狭目でした。

西日本大会は無料でしたが、東日本大会は1000円(パンプ付き、入退場可)

続きを読む "フィギュアスケート東日本"

| | コメント (0)

2016年11月18日

軍配せんべい

0101f49444f51d21452b477a0c96fc4aa3d実業団駅伝の観戦中、なにやら 香ばしい香りが鼻をくすぐる

駅伝やロードレースは朝早いことが多く、応援する側も 10時頃にはすでに小腹がすくので、なんとも耐え難い誘惑

香りの方向に進むと、中家堂 という菓子店が目に入る。

オープンしたばかりの店内にお邪魔し、名物軍配せんべいを購入した。

写真は大軍配せんべい
10枚で756円 とお手頃

このサイズより小さい軍配せんべいもあり、違いは粉と卵だそう。

軍配の勝ち運を贈る という 縁起の良い贈り物として評価されています。

このほか 最中・羊羹・ベビーカステラ等もあり、次回の熊谷訪問が楽しみになりました。
私達は 最終区のランナーを見送って、この日は廣川で鰻ランチをして帰路につきました。

| | コメント (0)

2016年11月17日

東日本実業団駅伝

01ae432bc7584ee43d9cd85ad4bc0598933兄貴に誘われて、久しぶりに 実業団の駅伝を現地観戦してきました。(11月3日)

場所は 熊谷駅前

かつては 駅伝コースと並行するJR線を乗り継いで複数個所で応援 ということもやりましたが、この日は 熊谷駅前1か所にしました。

今駅伝のコースは折り返して熊谷陸上競技場がゴールとなるので、熊谷駅前でも 4区 と 7区 の両方を応援できます。

箱根駅伝を始めとする大学長距離陸上で活躍した選手が、実業団へ進み、新たにチームの柱となっている姿を見るのは楽しいものです。

大学時代と雰囲気が少し変わって見えるのはユニフォームの違いだけでなく、やはり社会人としての経験値が上積みされたのでしょう。

この日は既に4区の時点で 日清食品が独走状態
日体大出身の矢野選手が 自身の持つ区間記録を更新する好走で、勝利を決定つけました。

続きを読む "東日本実業団駅伝"

| | コメント (0)

2016年11月16日

外国人旅行者に圧倒される

01fd132e1c02a195284aa44030783d2440d今回の京都滞在は2015年夏以来で、わずか1年半しかたっていないのですが、前回以上に海外からの旅行者の多さにびっくりしました。

もちろん 人気観光地の南禅寺や永観堂を訪れたこともありますし、四条烏丸付近で食事をしたことも大きいのですが、場所によっては日本語が聞こえないほどです。
日本国内を旅行しているのに、なんか不思議なエリアに入ってしまったような気分でもありました。

移動に良く利用した市バスも日本人同様バスマップを片手に乗りこなしていた人が多く、ある意味感心してしまいました。

そして 飲食店・土産物店の対応にも 驚かされました。
英語メニューが当然のように置いてありました。
土産物店も実に上手に対応されていました。

また、着物を着る体験イベントが手頃な価格で提供されているのでしょうか?
外国人だけでなく、日本人の方も着物で歩いている人がいましたっけ。
(但し、浴衣地のような生地だったので、これからは寒いかも・・・)
京都はどこも絵になりますから、良い思い出になりますよね。

流石 日本を代表する観光地、、、
東京でも 外国人比率の高いエリアはいくつかありますが、また違った雰囲気です。

京都を訪れる海外からの旅行者は 今年前半で前年比50%増とのこと。

紅葉の季節だったこともありますが、週末のホテル価格はビジネスホテルらしからぬ価格が呈示されていました。

ある意味、私が一番カルチャーショックを受けたかもしれません。
京都らしさを維持しつつ、1年後、2年後とどう変わっていくか、京都ファンとしては楽しみであります。

写真は増床リニューアルしたばかりの ホテルカンラ京都 のラウンジにて
外国人旅行者が好みそうな ジャパニーズモダンな内装でした
ラウンジの珈琲も550円(税・サ込)とお手頃

| | コメント (0)

2016年11月15日

東京高校バスケ代表

東京高校バスケ代表
全国で行われていたウインターカップの予選。

その中でも東京の予選は試合数こそ限られていても、ベスト8の強豪のみで戦う厳しい戦いです。

中学でも実践学園や梅ヶ丘、小岩四、東海菅生などレベルが関東・全国レベルになっていますから、その先にある高校バスケのレベルは本当に高いのです。

その代表になったのは留学生ゲイを擁する八王子と、優秀な付属中学生が高校まで上がって来ている実践学園でした。

注目したいのは実践学園で、今の三年生が全国大会で優勝していますし、来年以降も楽しみなチームと言えます。

ここ以外でも保善や京北も頑張っていたのですが、あと少しというところでしたね。特に京北は春の関東では東京のB代表だったと思うし、このチームの来季も目が離せません。

私の地元は神奈川なので、本来なら神奈川を一押ししたいのですが、美味しい香りは東京の方が…というのが本音です。

これからも東京の高校バスケは要チェックです。

| | コメント (0)

2016年11月14日

久しぶりに観た母校の試合

久しぶりに観た母校の試合
13日は朝から平塚に出かけて、神奈川の高校バスケ新人大会地区予選を観に来ています。

私が高校生の頃に母校は湘南地区に所属し、新人大会はその地区の中で戦って県大会の出場権を獲得しましたが、今は地区編成が変わりこれまでの藤沢・茅ヶ崎・鎌倉・寒川だけでなく平塚や小田原辺りが加わって1つの地区になった様です。

そこで、朝からH塚工科高校に出かけて母校とT花学園の試合を観ましたが、、、数十年ぶりに観た母校はT花学園にそれはもうボコボコにやられており、辛くなってハーフで出て来てしまいました。

それにしても我が母校は何故選手が5人しかいないのだろう…。スポーツの盛んな学校なのに、バスケだけは相変わらずダメなんですね…。

後輩達の「これから」に期待したいと思います。

| | コメント (0)

2016年11月13日

学園祭の招待試合

学園祭の招待試合
12日の午後は大学バスケの招待試合とOB・OG総会が、大学記念体育館にて行われました。

招待試合の方は単独チームではなく、関東リーグの2部・3部・4部の4年生を中心に「エース格」が集まってくれて、非常にエキサイティングなものになりました。

とはいえ、こちらは学園祭が始まった関係で、学園祭の係を担当している者や、秋の教育実習に出ている者などで参加人数が少なくなってしまい、豪華なゲストの割にはちょっと寂しい状態となってしまいました。

そしてプレイの方ですが、新チームになったばかりの我がチームにまとまりはまだ無く、ドタバタと精度を欠いたプレイが多くなりましたが、最後はホームである我がチームが勝ってしめることが出来ました。

リーグ戦が終わった直後にも関わらず、この日の為に集まってくれた他校選手達に感謝したいと思います。

| | コメント (0)

2016年11月12日

GO MAO!

フィギュアスケートのグランプリシリーズも中盤に入り、今週末はフランス杯

初戦のアメリカ杯で 膝痛の影響がでた浅田真央選手
直後のインタビューでは 次戦のフランス杯に向けて 練習強度を上げることを語っていましたが、残念ながら 膝の状態がまだまだ悪いようですね。

珍しく 浅田選手自身が試合前に”今の状態は良くない” とコメントを残したことには、驚きました。

そして 残念なことに、その状態の悪さがショートプログラムにも出てしまいました。
(61.29 8位)

ジャンプの着地に踏ん張りがきかないのか、着氷時にかばうようなしぐさがあって、クリーンな着氷になりません。
また、珍しくスピンでもとりこぼしがでてしまいました。

試合後のインタビューで 「今の状態ではよかった。とりあえず乗り切った」とのコメントがでているので、やはり大変な状態なのでしょうね。

それでも ”(今の状態で)「まずまずまとめられた」と、本番に調子を合わせられたことをポジティブにとる姿勢は、流石アスリートであり、浅田選手です。
競技生活は次の五輪までと決めた浅田選手ですから、ひとつひとつの試合に意味をもって出場していることでしょう。
そして その姿勢が(日本)スケート界や女子アスリートに大事な記憶として残ることでしょう。

ファンとしては ただ見守るしかありません。

ジャンプの回数も増え、演技時間も伸びるフリーが膝へ過度な負担とならないことを祈るのみです。

会場でも多く掲げられている GO MAO!のバナー
会場のみならず全世界のファンの応援の気持ちが少しでも浅田選手に良いパワーを送ることになりますように。

| | コメント (0)

2016年11月11日

リーグ入れ替え戦を観戦

リーグ入れ替え戦を観戦
頑張ったが我が大学バスケチームでしたが、残念ながらリーグ戦は4位で終わりました。

このリーグ上位2チームは7日から始まる入れ替え戦で2部昇格に挑みました。

その入れ替え戦で3部1位だった神奈川大が2部10位となった法政大と戦うことになり、1試合目に勝利した神奈川大。勝負の2戦目を観に行ったので、その試合の様子をまとめたのでここにレポートします。

勝負の2試合目。最初の得点は神奈川大のスリーでした。お互いディフェンスを頑張るが、法政大は#6中村の連続シュートで逆転する。

負けられないこの試合に気迫を見せる法政大。#14植村、#12柳川と連続得点を奪うと神奈川大タイムアウト。

残り1分58秒10-3法政大リード。

タイムアウト後も法政大#57玉城のスリーが決まり法政大の流れは変わらず。1ピリを終えて15-5で法政大リード。

2ピリに入り、連続シュートで神奈川大が追い上げるも、法政大も必死のディフェンスから#57玉城が決める。

だが神奈川大は#34工藤を中心にシュートをねじ込み、残り2分に24-25と神奈川大が逆転!

その後一進一退の展開となるも、前半を終え27-30と神奈川大リード。まだ試合の流れはどうなるか分かりません。

大切な後半の起こし。神奈川大のスリーが決まると負けじと法政大も入れ返す。

しかし神奈川大はインサイドでの#34工藤のシュートが決まり、速攻では#30松岡ー#7田村で得点を奪う。対する法政大はなかなか良い状況でのシュートが放てず、神奈川大のカウンターを受ける。
3ピリ残り3分45秒で29-41神奈川大リード。

立て直せない法政大。シュートは単発、ディフェンスもファールからカウントプレイなど、神奈川大に押されっぱなし。
3ピリを終えて29-51神奈川大リード。勝負ありか?

4ピリ、法政大途中出場のルーキー#1米山のミスが続く。だがコーチはベンチに座ったままで負けの雰囲気一杯。

神奈川大のディフェンスのプレッシャーは4ピリになっても衰えず、法政大はシュートにいけません。

4ピリ残り3分を切り、ようやく神奈川大に疲れが見えてきた。だが時間的に勝負ありか。お互い4年生を投入してきました。

勢いに乗る神奈川大、意地を見せたい法政大。お互い4年生がシュートを狙いベンチも盛り上がる。だが勢いに勝る神奈川大の攻撃を最後まで抑えられなかった法政大。

最終スコア44-82で神奈川大1年で2部返り咲き!神奈川大バスケ部の皆さん、ナイスゲーム!おめでとうございました!

| | コメント (0)

2016年11月10日

廣川の鰻

廣川の鰻
廣川の鰻
廣川の鰻
京都から帰り、東日本実業団対抗駅伝の観戦に埼玉県の熊谷市まで出掛けました。

大学や高校の陸上競技大会の観戦で時々訪れる熊谷駅周辺。この辺り、鰻屋さんが多いですね。

今回は駅から徒歩数分の「かばやき廣川」さんにランチタイムにお邪魔して来ました。

予約をしないで行ったので待つのは覚悟していましたが、開店直後だったらしく直ぐ席に着くことは出来たのは良かった。

私が注文したのは鰻重特上。妻は上です。

食べてみると、流石は特上〜。ふっかふかでとろける様に美味しかったぁ〜〜!

昼間からこんなに贅沢して…。

でも帰りはたっぷり2時間かけ、電車に揺られて帰りました。

| | コメント (0)

2016年11月 9日

学問の神!





京都旅行のラストに、たまたまではあるが北野天満宮に出かけた。

個人的に初めての訪問。

そもそも北野天満宮とは、京都市上京区にある神社で、旧称は北野神社。二十二社(下八社)の一社。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「星梅鉢紋」。

通称として天神さん・北野さんとも呼ばれる。福岡県太宰府市の太宰府天満宮とともに天神信仰の中心で、当社から全国各地に勧請が行われている。

近年は学問の神として多くの受験生らの信仰を集めている場所の様だ。

この日も学生服を着た、勉強をしてそうな高校生が小グループを作って参拝に来ていました。

何故か男子のグループばかりを見かけましたが、この年代の男子は連んで動きたがるのですね。女子はあまり見かけなかったのですが、たまたまなのかな?

また時間に余裕のある時など、この周りの散策などもしたいと思いながら、北野天満宮を後にしました。

| | コメント (0)

2016年11月 8日

牛若丸と弁慶

牛若丸と弁慶
何度か京都に来て、話には聞いていたがまだ行ったことのない所があった。

五条大橋。

牛若丸と弁慶の話の有名な所と言えます。

ネットでその部分を検索すると…、

『(前略)その頃、京都では弁慶という乱暴者が道行く侍から刀を奪っては千本集めているという噂が広まっていた。

そして今夜がその千本目になるという日、五条の大橋を笛を吹いて歩いてくるのは、あの牛若丸だった。

弁慶が腰に差した刀を見て、これこそ千本目の刀に相応しいと言い、牛若に勝負を挑む。

牛若は弁慶の振るう長刀をひらりひらりと交わし、扇を額に投げつけると弁慶はひっくり返ってしまった。

弁慶は降参し、牛若丸の家来として仕えることになった。』

で、五条大橋に行ってみた。

この様なオブジェがありました。

荒々しい伝説よりも少しだけ可愛らしい物でした。

| | コメント (0)

2016年11月 7日

活躍したバスカード

活躍したバスカード
活躍したバスカード
活躍したバスカード
今回の京都旅行で最も勉強になり、活躍したものはこれではないでしょうか。

市バス、京都バスの「一日乗車カード」です。

存在を理解していない初日はせっせとICカードで乗り降りしていまきたが、このカードを使うと一日中乗り降りが出来るという優れもの。

しかも一日中使って500円という値段。コストパフォーマンス高いです。

ただし、均一区間内(230円)で有効というもので、使い方には少し注意が必要。

ですが、これを使えば市内の観光スポットを幅広く移動できるので、時間に余裕のある方にはお勧めです!!!

| | コメント (0)

2016年11月 6日

順正で湯豆腐

禅林寺、南禅寺を見た後はランチタイムです。

お昼は湯豆腐を!と思っていて、何処で食べるかを迷っていましたが、今回は「順正」さんでとることにしました。

とても活気のある店内。修学旅行の学生からカップル、家族連れまで幅広い客層です。
久しぶりの京都での湯豆腐コース(3090円)。湯豆腐だけでなく天婦羅も出てきてボリューム満点です。

残念ながら湯豆腐のみの予約はできないようです。
お庭を眺められる席は会席の予約?
私達は 入口すぐの 丹後屋草々庵でいただきました。

開店とほぼ同時に入店しましたが、あっという間に満席でした。
回遊式の庭園が見事に手入れされていて、食後には散策も可能です。

しかし、この辺りは湯豆腐料理の店舗激戦区ですね。
お豆腐やタレにお店の個性があるそうです。
時間があれば他のお店でも食べて見たいと思います。

南禅寺 順正
京都市左京区南禅寺門前
電話 075-761-2311
11:00-21:30

| | コメント (0)

2016年11月 5日

紅葉一歩手前

紅葉一歩手前
紅葉一歩手前
紅葉一歩手前
紅葉一歩手前
スケート観戦の前にバスに乗って永観堂禅林寺に出かけた。

実は目的は湯豆腐料理を食べることでしたが、その前の文化・歴史のお勉強的な意味合いで出かけたのです。

まず、バスに乗って観光客で一杯。降りたら降りたでまた観光客で一杯でした。流石は京都でしたね。

多くの観光客はカメラ片手に来ており、少し早い紅葉を観に来た様です。

予定外だった禅林寺の見学。中学生の頃来たかな…?

入り口で拝観料を払い、敷地内を散策。かなり広いです。

この時間はたまたま晴れ間が出たので景色も綺麗に見え、来て良かったと思います。

それにしても、これだけ広大な施設となるとメンテナンスは大変でしょうね…。歴史を伝えることの大変さを少し感じた瞬間でした。

| | コメント (0)

2016年11月 4日

茶寮翠泉の甘味

翠泉の甘味

ほうじ茶のアイスクリーム(880円)

翠泉の甘味
ほっこりわらび餅(980円)

翠泉の甘味 翠泉の甘味 京都といえば…私は甘味も興味があります。

夏ならばカキ氷の宇治金時とかが欲しくなりますが、少し肌寒くなって来たのでカキ氷はやめておきました。

今回食べたのは、出来たてわらび餅のスイーツです。

お店は下京区稲荷町にある「茶寮・翠泉」。
出来たて抹茶わらび餅(980円)は熱々。なかなか掴み取ることが出来ず苦戦しましたが、美味しかったです。

店内、他にも甘味は沢山ありましたが、次回はまた他のものを注文したいなと思います。

| | コメント (0)

2016年11月 3日

フィギュアスケート西日本

フィギュアスケート西日本
週末の京都旅行ではフィギュアスケートの西日本大会も観戦してきました
会場は高校駅伝で馴染み深い西京極陸上競技場近くの京都アクアリーナ
入場料無料、パンフは1000円にて販売

男女ともジュニアに有望選手が多く、今月末の全日本ジュニアの上位争いも西日本からの選手中心と予想されます

更に女子は世界大会でも表彰台を争う選手が複数名いて、本当にし烈な争いでした

女子の優勝は坂本選手、ついで 本田選手、紀平選手が表彰台に乗りました
この3名はジュニアのグランプリファイナルの出場も決めていて、実力と今季の安定ぶりを発揮しました

紀平選手と横井選手は転倒ながらトリプルアクセルに挑みました
これからが楽しみですね

男子は木科選手がフリーでミスの少ない演技をして逆転優勝
優勝大本命の友野選手は4回転ジャンプが決まらず、得点を伸ばす事が出来ませんでした
3位にジュニア1年目の壷井選手

表彰台には届きませんでしたが、須本選手、三宅選手、島田選手らは4回転ジャンプやトリプルアクセルを入れた演技構成
一方で身長の急激な伸びによるジャンプの修正もしています

今週末は東日本大会です
熱い戦いに期待!

| | コメント (0)

2016年11月 2日

インターナショナルな蕎麦屋

インターナショナルな蕎麦屋
インターナショナルな蕎麦屋

海老天そば 1240円
インターナショナルな蕎麦屋

おろしそば 1020円
インターナショナルな蕎麦屋

出汁巻き卵は美味 480円
インターナショナルな蕎麦屋
旅行に出かけると、つい豪華なご飯を食べがちですが、だんだん年を取っていくとお蕎麦のようなものが欲しくなってきます。

今回の京都旅行でも夕食に蕎麦屋に行きたくなり、烏丸五条の交差点近くにあるお蕎麦屋「蕎麦工房 蕎麦の実 よしむら」さんに入りました。

嵐山に本店を構える よしむら の支店です。
人気の 嵐山よしむら ですが、支店が 洛東(清水店)、洛北(北山楼)とあります。

入り口にはレジカウンターと蕎麦打ちを観れるスペースがあります。

空いているのか?と思ったら、店員さんがインカムを使い(この時点で普通の蕎麦屋でない)お席を用意していますの一言。

客席は二階にあり、上がると随分と奥まで席のある広い店内。

何よりお客さんのほとんどが外人さんと、ダブルの驚きです!!

旅行雑誌に出ているのでしょうか?店員さんも対応が大変ですね。

我々はだし巻き玉子とおろし蕎麦、海老天蕎麦を注文。

シンプルイズベスト。美味しかったです!

蕎麦工房 蕎麦の実 よしむら
京都市下京区五条烏丸東入る北側
075-353-0114
11:00-14:30
17:30-22:30
地下鉄五条駅からすぐ

| | コメント (0)

2016年11月 1日

足腰の守護神

足腰の守護神
足腰の守護神
足腰の守護神
足腰の守護神
京都に行ったら立ち寄りたいとガールの言っていた護王神社。

なんとここは「足腰の守護神」を祀る神社とのこと。腰が弱点の私にも必要な神様かもしれません。

場所は京都御所のすぐ横にあります。

この守護神とは猪なんでしょうか。手を清めるところにも猪の像があります。

ここでお参りし、お守りを買ってこの場を後にしました。

ご利益があることを祈ります。

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »