« 軍配せんべい | トップページ | 16 全日本大学駅伝 »

2016年11月19日

フィギュアスケート東日本

Dscf2296

10月末には京都旅行を兼ねて京都で開催されていたフィギュアスケートの西日本大会を観戦してきました。
全日本選手権と全日本ジュニア選手権への出場権をかけた大会です。

評判どおりハイレベルな西日本大会をみたら、やはり東日本大会も気になってしまい、、、、
結局 大会2日目の11月5日(土)に 会場の DyDoドリンコアイスアリーナ(西東京市東伏見)に行って参りました。

私は昨年この会場で全日本ノービス大会を観戦していて、その時の冷え込みを覚えていたので、しっかり防寒をしていきました。
今回は車だったので、多めの荷物も余裕でした。

駐車場はスケートリンクに隣接してあります。
1時間200円
青梅街道から入った道が割と狭目でした。

西日本大会は無料でしたが、東日本大会は1000円(パンプ付き、入退場可)

若干の渋滞に巻き込まれたので、シニア男子ショートプログラム開始にギリギリ間に合いました。

3番滑走だったと思うのですが、国際大会の経験も多く、今年の全日本で表彰台も期待される村上大介選手が登場
しかし、最初のジャンプを決めますが、着氷時に異変があったようで、その後滑れません。
一旦中断し、コーチと相談後、演技は続けますがジャンプができず、まさかの最下位

目の前の事態にオロオロ・・・としてしまいます。

それでも 村上選手の実力ならジャンプのレベルを落としても全日本は堅いと思っていましたが、翌日のフリーは棄権
残念ながら 足を負傷し、今シーズンは全日本選手権も出場叶わず。
残念です。

その後 ペアのフリー、ジュニア男子のショート を観戦し、体が冷え切ってしまったので、帰路につきました。
(ジュニア女子のフリーは断念)

ペアでは オリンピックにも出場した 高橋成美選手と木原龍一選手がペアを解消後新しいパートナーとのペアでそれぞれ出場していました。
それぞれのペアが良い持ち味を出していて、これからも期待が持てます。
それにしても ペアは男性のスケート+αによるところが大きく 大変だなぁと思いながら観ておりました。

ジュニアでは 女子同様男子も西日本に押されている感がありましたが、東日本も負けていません。
優勝した 西山真瑚選手(東京)のショートプログラムは美しかった。
2位の長谷川選手(北海道)、3位唐川選手(神奈川)の二人もスケーティングが綺麗で独特の世界がある選手です。

トリプルアクセル以上の高難度ジャンプはまだ遠い存在のようですが、筋力・体力がついたら男子は急に変りますから、これからが楽しみですね。

今大会を勝ち抜いた選手達で争う 全日本ジュニア選手権は 今週末に札幌市(月寒体育館)で行われます
世界ジュニア女王の本田真凛選手やトリプルアクセルを決めた紀平梨花選手ら話題の多いジュニアですから、マスコミも煽り気味です(失笑)

BSフジでは 大会最終日を生放送予定
11月20日(日)17:00~
ふーーーん、シニアの全日本は録画放送なのにね・・・
不・思・議・・・

|

« 軍配せんべい | トップページ | 16 全日本大学駅伝 »

#フィギュアスケートの観客席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 軍配せんべい | トップページ | 16 全日本大学駅伝 »