« 外国人旅行者に圧倒される | トップページ | 軍配せんべい »

2016年11月17日

東日本実業団駅伝

01ae432bc7584ee43d9cd85ad4bc0598933兄貴に誘われて、久しぶりに 実業団の駅伝を現地観戦してきました。(11月3日)

場所は 熊谷駅前

かつては 駅伝コースと並行するJR線を乗り継いで複数個所で応援 ということもやりましたが、この日は 熊谷駅前1か所にしました。

今駅伝のコースは折り返して熊谷陸上競技場がゴールとなるので、熊谷駅前でも 4区 と 7区 の両方を応援できます。

箱根駅伝を始めとする大学長距離陸上で活躍した選手が、実業団へ進み、新たにチームの柱となっている姿を見るのは楽しいものです。

大学時代と雰囲気が少し変わって見えるのはユニフォームの違いだけでなく、やはり社会人としての経験値が上積みされたのでしょう。

この日は既に4区の時点で 日清食品が独走状態
日体大出身の矢野選手が 自身の持つ区間記録を更新する好走で、勝利を決定つけました。

01842cd29ecc230552b4e342fa52d596cb12位以下はなかなかの混戦

4区では2位集団後方にいた カネボウが 5区、6区で順位を2位にあげ、久しぶりに上位で 来年元旦の全日本への出場を決めました。

東日本実業団駅伝では上位14位までが 元旦の全日本駅伝の出場権を獲得する。
今年は 最終区に14位を3チームが争う大接戦となった。
最後は NDソフトとサンベルクスAがトラック勝負となり、2秒差でNDソフトが初の全日本出場権を獲得しました。

2区では 駒沢大から八千代工業に進んだ 猪浦選手が区間賞!とうれしい報
コツコツと努力を続けタイムを確実に伸ばしている姿に、我が家では是非大学駅伝で走る姿を見たいものだと思っていた選手です。
強者揃いの強豪大学故に出走が叶わなかったが、これから実業団で大暴れしてもらいたい。

スバリストの兄貴が応援していた SUBARUも外人選手を欠き苦戦が予想されたが、きちんと出場権を手にしました。

SUBARUの4区は東海大OBの吉田選手でしたよ
故障が長く、心配していましたが、是非元旦にも快走をみせて欲しいものです。

01f23d7f6b71f24cdbf142cd8abca04ddd6

天気にも恵まれた観戦日和でした。

|

« 外国人旅行者に圧倒される | トップページ | 軍配せんべい »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外国人旅行者に圧倒される | トップページ | 軍配せんべい »