« TBSチャンネル2で全日本を観る | トップページ | ランチ @レストラン リッシュ »

2016年12月 4日

通し狂言 仮名手本忠臣蔵 第二部

早いもので、12月
今年も残りわずかとなり、気持ちが急かされますね

10月から3か月に亘って国立劇場で上演されている 「通し狂言 仮名手本忠臣蔵」

11月は第二部として 「道行旅路の花聟(はなむこ)」と五段目から七段目が上演されました。

実は私、当初チケットを購入していた日に体調を大きく崩し、泣く泣く諦め、しかし良い評判を耳にして諦めきれず 上演日程の終わりになんとか今一度チケットをとった次第です。

国立劇場のサイトでネット購入でき、チケットは当日劇場の発券機で受け取りの仕組みはとても便利です。
残席は価格の高い席を中心にありましたが、やはり位置としては当初購入していた場所より遥かに悪く、残念な思いをいたしました。
ご検討をされている方はお早目の手配がよいかと。。。

舞台は浄瑠璃 道行旅路の花聟 から始まり、錦之助、菊之助のまさに旬な美しさと衣装のコントラストが映える舞台でした。

この場面だけでも 目の保養というか、観て心が綺麗になる感じです。

五段目、六段目は舞台も暗めの設定、話も誤って義父殺し、そして自害と暗く、忠臣蔵の波乱万丈のひとつです。

そして 最後はまた明るい 一力茶屋の場面

最終月の12月を前に繋ぎの第二部という感じですが、やはりこの月を見ないと第三部に心情として上手く繋がりません。

そして、10月同様 11時開演から2回の休憩を入れて終演は4時過ぎ
なかなか観劇する側も体力が必要です。

そして いよいよ昨日12月2日から26日までの日程で第三部が上演されます。

忠臣蔵は TVでもドラマ化されたりしていますし、筋も分かってはいますが、今回の記念公演のように 通しで観るのも 新たな発見もあって楽しいです。

|

« TBSチャンネル2で全日本を観る | トップページ | ランチ @レストラン リッシュ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TBSチャンネル2で全日本を観る | トップページ | ランチ @レストラン リッシュ »