« ミーティング0127 | トップページ | 練習試合0129 »

2017年1月29日

牛田智大 ピアノ・リサイタル @鶴見サルビアホール

最近 色々あって忙しくしております。

既に1週間以上前のこととなってしまいましたが、1月21日(土)、横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール に 牛田智大さんのピアノ・リサイタル を聞きに行って参りました。

このチケットは12月8日の麻生市民館でのリサイタルに感激して、もう一度聞きたいと思い手配したチケットです。

主催者は変りましたが、牛田さんの全国ツアーのひとつですから、演目は一緒です。

会場のサルビアホールは JR鶴見駅から徒歩すぐの場所にありました。
席数もほどほどにあり、こじんまりとしていますが、窮屈にならずに鑑賞・観劇が出来るホールでした。
多目的に使うホールなので仕方ないことなのでしょうが、残念なのは可動式の椅子のきしみ音が若干気になりました。

全国ツアー中の牛田さんですが、毎週のようにリサイタルが企画されています。
この日は少々お疲れがでていたかな。

前回の麻生市民館では 後半の ムソグルスキー「展覧会の絵」が秀逸でしたが、今回は前半の部の方が良かったように思います。
特に、バッハ 「シャコンヌ」 が良かったですね~♪
バロックの音の調べが 綺麗かつ崇高な感じで非常に心地よい。

展覧会の絵は 前回 敢えて”ホロビッツ編”と謳っていたのが今回は外れていたので、その違いかもしれません。

ピアノは YAMAHA でした。
麻生市民館はどちらのピアノか確認しなかったのですが、ピアノの相性かどうかかはわかりませんが・・・

土曜昼の時間帯でしたが、客層も大人の割合が多く、良い環境でした。

アンコール曲は
1曲目が シューマン・トロイメライ、
2曲目は 前回と同じ パガニーニの狂詩曲より

トロイメライは 初めて 牛田さんのリサイタルを聞きに行った時の看板曲(目玉曲)でした。

今月は 牛田さんの前に みなとみらいホールで 反田恭平さん、牛田さんの後にサントリーホールで 辻井さん、とコンサート・リサイタル続きでした。
続くとやはり 音楽専用ホールで聞きたくなりますね~

|

« ミーティング0127 | トップページ | 練習試合0129 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミーティング0127 | トップページ | 練習試合0129 »