« お金が貯まるのはどっち? | トップページ | 17四大陸フィギュア »

2017年2月19日

長野土産 みすず飴&ジャム

0151bbda3e9634597db48aefea9245f2acb長野 全中観戦旅行の最終日、ホテルから連絡通路で繋がっている MIDORI のお土産コーナーで ジャムを購入

上田の飯島商店のジャム
店員さんが実に丁寧にお相手をしてくださり、試食も納得いくまでさせてくれる。

どのジャムも果実の旨味が引き出されていて甲乙つけがたい中、紅玉、杏、三宝柑 にした
三宝柑だけ和歌山産と表記されている

サイズは大、中、小 とあって、写真の小は160g で 500円~600円

ジャムは硬め
パン・ヨーグルトと一緒の他、お湯割りやソーダ割りでも良いという。

合わせて、飯島商店の看板商品 みすず飴も購入
今ならゼリーと呼ばれる 果汁を使った寒天

01ad6e216bc706e179f6f7a758a014c6683HPによると、100年の歴史があるゼリー菓子で6種類の完熟国産果汁を使用。
表面をオブラート(デンプンから作られる薄い膜)でコーティング、乾燥による濃縮で保存性を高めています。

今回は少量パックの簡易包装のものを購入しましたが、箱入りのものは なんとも懐かしい感じがしました

子供の頃、何度かみかけた箱のような記憶が。
あるいは 昔はお菓子の箱としてこのようなデザインが定番だったのでしょうか?


今回購入したジャムやみすず飴の評価も高いのですが、上田市にある飯島商店に関する口コミは高評価が多いです。
レトロ感ある建物も一見の価値があるそうですが、なにより 店員さんの応対が素晴らしいとのコメントが多く、是非次回は上田市まで足を延ばしたいと思いました。

今回私達の購入した店舗の対応も本店仕込みだったのでしょう。

また みすず飴繋がりで、新潟には翁飴(大杉屋惣兵衛他)というみすず飴の食感に近い伝統菓子があるとのこと。
こちらも気になります。

|

« お金が貯まるのはどっち? | トップページ | 17四大陸フィギュア »

あしあと@東海・北信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お金が貯まるのはどっち? | トップページ | 17四大陸フィギュア »