« 大学練習試合0318 | トップページ | 京てまり  »

2017年3月20日

富士重工業 施設視察会

01f56f8bfbb5da1ef2b8378a3b8d90c99cb

今月上旬に 三鷹市にある 富士重工業東京事業所の施設見学会に参加した

これは 富士重工業が株主に向けて開催したもの。
今まで群馬工場での見学会は行っていたが、研究・開発・実験拠点である東京事業所の施設見学会は初の開催だった。

01a5321957ae85a845b208e1d613876cbb8「群馬までは遠いが三鷹なら・・・」と応募したら、当選して夫婦で行ってきました。

第一回ということで、富士重工業側も十分な準備をしてきたことが窺える、とても充実して満足の行く視察会だった。
参加者の多くは 株主であると同時にSUBARIST(スバル愛用者)を自負される方々だったが、最後の質疑応答では 視察会の成功を称えるコメントが続いた

11時開始の視察会の前半は 「スバルの先進安全の取り組み」と題したプレゼンテーション

プレゼン後に昼食をいただいて、午後の視察まで小休止時間
皆さん、ショールーム内の展示車に足が向きます。

01dace9c41ea8ad40b7ec80d930d33dcb81

0181e16017cc1239bdd2986a59d7c84da81

0114852ac58b02d7cadeb0b030ae23bdaa7

兄貴のシャッターを押す指が止まりません。

午後は 研究実験施設の視察
約2時間です。

エンジン性能や環境対応、排ガス・燃費などの試験棟を訪れます。
また、デザイン棟ではデザインチームが作るラフデザインから型づくりまでの流れの説明もありました。
私達の最後の視察はアイサイトの試乗

TVのCMでおなじみのブレーキを踏まずに停止することも体験
確かに停まります。
但し、障害物を認識し、棄権を察知したらかなりの大きな警告音がでて、普通ならブレーキを踏んでしまうでしょうね。
また、前車速追従機能付クルーズコントロールという、前の車に追従して走り、停まる機能も体験しました

プレゼン内容や視察内容は対外秘ということでした。
午後の視察は ビデオ・カメラのほか携帯電話も持ち込み禁止ということで、視察中は事務局に預けることになりました。

携帯電話を預けることは、最初の視察会当選案内から幾度と案内されていたことなので、特にトラブルなく皆さん従っていました。
先日の沖縄のホテルといい、これからは写真不可のエリアは携帯を預けることになっていくのでしょうかね・・・

視察エリアは各研究棟とも、通常仕事をしているエリアを視察会用にオープンにしていた様子。
対外秘のものを移動したり大変だったと思います。
どのエリアも社員の方々が気持ち良く案内していただき、至るところ SUBARU愛を感じる視察会でした。

お土産には 兄貴にはたまらない SUBARU車のミニカー

015d4165ed776dfcb3702ffd92dfbec8b57

そして 昴サブレ
車の形をしています。

SUBARU尽くしの1日でした。

尚、富士重工業は今年4月にSUBARUに社名変更を予定しているそうです。

|

« 大学練習試合0318 | トップページ | 京てまり  »

あしあと in 東京♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学練習試合0318 | トップページ | 京てまり  »