« 週末練習0408 | トップページ | 真央さん ありがとう »

2017年4月10日

シャセリオー展 @国立西洋美術館

国立西洋美術館で開催中のシャセリオー展に行ってきました。

国立西洋美術館といえば、最近では世界文化遺産登録で話題になりました。
ル・コルビュジエの建築作品として世界文化遺産登録された日本の建築物ですね。
因みに ル・コルビュジエの建築作品は 7か国に亘る現存する17作品が世界文化遺産登録となったんですね。
国別では フランスの10、スイス2、ドイツ、ベルギー、アルゼンチン、インド、日本が各1

国立西洋美術館は入口前の前庭にも教科書等でみかけたことのある彫刻が複数置いてあったり、常設展も見応えのある作品群が展示されている。

今回のシャセリオー展は 今年最初の特別企画展
正直 シャセリオーという画家の覚えがなく、HPやパンフの女性の肖像が印象深かったのですが、行った方の口コミに良コメントが多かったので興味が湧きました。

地下にある 企画展会場の入口には シャセリオーを紹介するビデオが流されていました。
このビデオのお蔭で、大変興味深く鑑賞できました。

シャセリオーは 早熟かつ短命のフランス画家だったんですね。
しかし、その才能は 僅か11歳で 巨匠 ドミニク・アングルに弟子入りするほど。
そして、37歳の若さで亡くなっています。

交流のあった画家にはドラクロワや影響を与えた画家にモロー等、私でも知っている名前が出てきて、展覧会では 影響を与え合った作品も展示されていました。

才能高く、当時の評価も高かった一方で、自分の容姿にコンプレックスを抱くなど、人間味溢れるエピソードも残っています。

一番の大作は会計検査院の壁画なのですが、既に壊されています。
救出された壁画の一部も展示されています。

見知った有名作品を観るのも楽しいですが、日本で知名度の少ない芸術家を知ることも楽しいですね。

シャセリオー展の会期は 5月28日まで。

国立西洋美術館
9:30-17:30 (金曜20:00)
月曜休館
当日一般1600円(常設展含む)

|

« 週末練習0408 | トップページ | 真央さん ありがとう »

あしあと in 東京♪」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末練習0408 | トップページ | 真央さん ありがとう »