« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月31日

身毒丸 復活 @蜷川幸雄シアター

ジュリアスシーザーに続き 一周忌追悼企画 蜷川幸雄シアターの身毒丸 復活 を観てきました。

身毒丸(しんとくまる)は、寺山修司の舞台作品。

長者の息子 俊徳丸(しゅんとくまる)は継母の呪いによって失明し落魄するが、恋仲にあった娘の助けで観音に祈願することで病が直ったという伝説の人物を題材としている。
この噺は 歌舞伎や人形浄瑠璃でも使われている(摂州合邦辻)

寺山作 身毒丸は 母を売る店で買い求められた撫子と、その義理の息子・身毒丸とのストーリー
継母との禁断の愛とキャプションがつけられるが、その一言では語れないなかなか複雑な思いが入り混じるストーリーだ。

蜷川版 身毒丸 といえば 藤原竜也の代表作であり出世作

当時15歳だった藤原がオーディションで蜷川に見出され(1997年)、ロンドン公演で初舞台にもかかわらず 大絶賛の好演をみせた作品

今回の映画は 復活とついているのは、一度 2002年に藤原竜也・白石加代子主演の身毒丸は最終公演とされたため。

2008年に復活として 再度 藤原・白石の主演で上演された。
ただ、藤原デビュー作時は15歳で 継母との関係に惑う少年として当たり役だったが、20代半ばの藤原の身長や声色に違和感を感じるのも事実

身毒丸の義理の弟役で 中曽根康太・渡辺駿太がWキャスト
他に 品川徹、蘭妖子、石井愃一
上映時間 110分

第3弾は 間違いの喜劇 (シェイクスピア作、小栗旬主演)

| | コメント (0)

2017年5月30日

氷艶

もう1週間前のこととなりましたが、代々木体育館で開催された 氷艶、観てきました

市川染五郎さんがディズニーオンアイスがあるなら、歌舞伎オンアイスもあっていいんじゃないかとの発想で実現した企画
染五郎さんが演出、主役で、フィギュアスケートの高橋大輔さんがW主演

代々木体育館で3日間、昼夜の計6公演でした

歌舞伎とスケートの初コラボレーションで、歌舞伎役者もスケートをするというので一体どうなるのか、多いに期待高まる中始まった本公演

初日の昼の部から、スケートファン、歌舞伎ファン共に絶賛の声多く、その声は日に日に増し、3日間の公演にも拘らずリピーターも多かった様子

プロジェクションマッピングを使った舞台(リンク)の視覚的効果や、宙吊りなど歌舞伎要素もふんだんにあって、歌舞伎の可能性を観た気がします

続きを読む "氷艶"

| | コメント (0)

2017年5月29日

桃田選手 復帰戦

01fc8f132e741dabdd29ada2434eba5f01d

浦和のさいたま市記念体育館で開催されている バドミントンのランキングサーキットを観戦に行ってきました。

この大会は昨年不祥事で無期限の試合出場停止処分を受けていた 桃田賢斗選手の復帰戦ということで 注目されています。

私も桃田選手の活躍を楽しみにしていたので、不祥事とリオ五輪を棒に振ったことは本当に残念でした。

土曜日から始まった大会は今日が準々決勝

初めてのバドミントン大会の観戦だったので、今日の観戦者数が多いのか少ないのか分かりませんが、桃田選手の試合が予定されているコートには 報道用のカメラスペースがあり、コートへの入場の様子も撮影され、やはり注目度は大きいと思いました。

試合は序盤劣勢に回りましたが、徐々に試合の主導権を握り、2-0のストレート勝ちで準決勝へ駒を進めました

続きを読む "桃田選手 復帰戦"

| | コメント (0)

2017年5月28日

兄貴より報告

18日の未明に父(兄貴の実家)が亡くなり、少し間が開きましたが昨日・今日で無事葬儀を終える事ができました。

父は88歳で、ここ最近は体力が衰えてしまい、近い将来に覚悟をしなくては…と思っていたところで亡くなってしまいました。

実の父の死がこんなに堪えるものかと初めて知りましたが、姉が葬儀の準備をどんどん進めてくれて、本日無事終える事ができました。

また葬儀は「家族葬」で行った関係で家族や親族などごく近い者だけで行い、私の方としては中学や大学バスケの関係者よりお香典やお花、お供物を頂戴しました。

今回はこの場を借りてその報告とお礼申し上げます。皆様どうも有難うございました。これからも宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2017年5月27日

新マック購入!

新マック購入!
我が家で使っているiMac。もう10年くらい使っていたでしょうか。

まだ壊れた訳では無いのですが、立ち上がりが遅くなったり、ダウンロードに時間がかかったり、液晶はねが出てきたりと、そろそろ引退の頃か?と思っておりました。

そこで新たにiMacを購入することを決め、早々に納品してもらいました!

見た目は大きく変わりませんが、モニター薄くなり、4Kモニターでとても綺麗。

キーボードやマウスはブルートゥースを使いワィヤレスでスッキリ!

箱を開けて、セッティングしている私はすっかり童心に戻り、お口あんぐりしながら操作していました。

そこで気がついたのが(買う前に気がつかなければなりませんが)、新しいiMacにはディスクを出し入れできるスロットが装備されていないのですね!

私としては当然付いているものと思い、全くチェックしていなかったので買ってからびっくりしてしまいました。

あぁ、バスケのDVDの作成どうしようかな…。iPhoneへの音楽転送もどうしようかな。

時代はダウンロードして観る、聴くという時代になってきたので、私の考えは過去のものかもしれませんが、どうなんでしょうね?

新しいものを手に入れたのに、すっかり時代に取り残された気分となってしまいました。

| | コメント (0)

2017年5月26日

Bチームが大会参加!

大学バスケチームは現在新人大会に向けて練習中ですが、練習形態としてはこれまでとはすこし異なっています。

というのも、これまでは新人大会の運営は1、2年が中心になって行ってきましたが、今回はチームを学年で分けず、これまで通りのABチームでの活動を中心として行っています。

私はこれまで通りBチームを中心に見ていますが、Bチームもここ最近はAチーム同様にセットプレイの練習をしています。

同じ練習を行うことで、Bチームのメンバーもモチベーションが上がるようです。

そしてBチームは来月頭からはじまる都の大会に出ることが決まり、更にやる気が盛り上がっている様子。

この大会は都に所属するクラブチームや大学チームが参加する大会で、勝ち上がると関東大会がある様です。

もっとも我がチーム(Bチーム)ではまず初戦突破出来るかどうか?から始まりますが、先日組み合わせが発表されましたし、戦う気はMAXな様ですね。

初戦は来月3日。深川スポーツセンター会場は私は初めてですが、まずは彼らが全力で戦える様にフォローしたいと思います。

| | コメント (0)

2017年5月25日

激混みのミュシャ展 @国立新美術館

スラブ叙事詩 20枚が展示されていることで話題の ミュシャ展

アルフォンソ・ミュシャといえば アールヌーボー時代のポスター画で有名ですが、パリで成功したミュシャが祖国チェコに戻って取り組んだのが 今回展示さているスラブ叙事詩

いずれも 壁面いっぱいの大きな絵で、1枚が海外で展示されるのでも話題だろうに、それが20枚という。

私は以前チェコに旅行に行った際、現地でスラブ叙事詩の作品を観ている
その時の衝撃は今も覚えているくらい。

当時の私にとって ミュシャは オペラの女優をモデルにしたポスター画の作者としてしかイメージがなく、暗い画面に描きだされてスラブ民族の歴史に自分の知らない世界がまだまだ沢山あると自覚させられた。

そして カフカ、スメタナとともにチェコスロバキアの芸術の表層に隠れた奥深さを感じたものだ。

そのスラブ叙事詩との再会だったので、とても楽しみだった。

続きを読む "激混みのミュシャ展 @国立新美術館"

| | コメント (0)

2017年5月24日

伊東 林泉寺の藤

01f851f24b5c21e55709375795bbd76e7bd伊豆へのバス旅行で立ち寄った 林泉寺

伊東エリアでは藤で有名なお寺で、林泉寺の藤は静岡県の天然記念物に指定されています。

寺の藤は約300年前に信者が寄贈したもの
その藤を大切に守ってきたということでしょう。

300年という年数にも驚きですが、藤の幹がかなり太く、全く元気なのに驚きました。

藤棚はスチール製の立派なもので、大きく伸びた藤の枝をしっかり支えていました。

続きを読む "伊東 林泉寺の藤"

| | コメント (0)

2017年5月23日

平日練習0522

平日練習0522
先週より個人的に慌ただしく落ち着かない日が続いていますが、教えている中学チームは来月から始まる選手権大会に向けて1年〜3年で気合を入れて練習をしています。

気になるのは炎天下での体育祭練習。毎年これで怪我や体調不良を訴える者が出てきてしまいます。

また、体育館もこの日差しの中でしたので室温が上がり、気温計は30度付近まで上昇。やる気のあるメンバー故に水分補給のタイミングが重要です。

そして月曜日はオールコートが使えるので、練習の後半からはスクリメージを行い、課題のセットプレイの練習を中心に行った。

プレイの精度はなかなか上がりませんが、「ガードが指示をする」という姿勢だけは様になってきました。

細かなミスは分解練習で修正しなくてはいけません。能力の高い選手はスクリメージで「本能」が先に出てしまうので気合の割には良い練習になりませんが、これはしつこく言い続けるしかありませんね。

次の練習も頑張ろう。

| | コメント (0)

2017年5月22日

卒業生の試合を応援

卒業生の試合を応援
卒業生の試合を応援
卒業生の試合を応援
卒業生の試合を応援
21日は時間を作って、以前教えていた中学バスケチームの卒業生が進学した高校チームの試合(インターハイ予選)応援に出掛けた。

都立K立高校といえば都内でも進学校として有名な所。

そこに教え子が2人進学しました。

ついこの間まで指導していたと思ったらもう高校生。しかも3年生なんて、時が経つのは早いものですね。

教え子2人はベンチスタート。劣勢な展開の中、4ピリになって1人センタープレイヤーとして登場してきました。

中学の時は少し優しさばかりが目立つ選手でしたが、高校に入って少しだけ逞しくなった様で、出てきて活躍してくれました。

残念ながらチームは敗退し、これで彼等は引退となりますが、最後頑張っている姿が見れて良かったです。

お疲れ様でした。

| | コメント (0)

2017年5月21日

李相佰盃を観戦

李相佰盃を観戦
今年で40回目を迎える李相佰盃〜日韓学生バスケットボール競技大会。

今回は大田区総合体育館で行われるということで、前から時間を作って見に行こうと思っていました。

この大会は年に一度、会場を日本と韓国交互に行なっており、実力はお互い近いものがあれど、韓国が勝利していることが多かった。

ですが、今回の日本男子チームはなかなかの粒揃いであり、これで勝てないとこれからの日本男子はどうなんだろう…?と思ってしまう程です。

観戦したのは初日の試合。日本チームは具体的課題を持って試合に臨んでいたと思われ、特にセットオフェンスでの動き方(スクリーンを使った攻撃)にそれが見られました。

ですが、全体練習時間も短かったのでしょう。なかなかフィニッシュが決まりません。

これは韓国チームも同様で、ポジション取り自体は韓国チームの方が上手でしたが、こちらもフィニッシュが決まらず試合は接戦になる。

結局初戦はドタバタしながらも速攻で流れを掴み、勝負所でスリーが決まった日本チームが74-70で勝利しました。

大会は21日まで続きます。日本チームの選手並びにスタッフの皆さん、頑張って下さい!

| | コメント (0)

2017年5月20日

平日練習0515~0517

なかなかハードだった14日の練習試合。格上との対戦は心身疲労します。

ですが、あまり出番の無かった2年生や全く活動出来なかった1年生はフラストレーションが溜まったことでしょう。

15日の練習はオールコートが使えたので、下級生を中心にスクリメージを行い、ここでハッスルしてもらおうと昨日から考えていました。

やる気満々の1年生達。どんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみでした。

スクリメージは6分ゲームで、2年対1年、3年対1年、3年対2年という順番で行いました。

初心者ながらに能力の高いメンバーが多い1年生。2年生もそれは分かっているので序盤から攻め込みます。

得点差がつくのは当たり前で、その中で1年生はどう戦うのか?その姿勢が見たかった。

3年生も手抜きせず戦います。2年生よりも体の当たりが強い3年生達に1年生は手も足も出ませんでしたが、2年生も3年生も汗だくで新人の相手をし、先輩達の伝えたい「何か」は伝わったことでしょう。

そして17日の練習はハーフコートになりましたが、燃える1、2年生にはスペースなど関係無いようです。所狭しとドリブルやシュートを放りまくりです。

5月から平日練習が30分長く練習出来るようになったことからシュートやセットでの合わせの練習が出来るようになりました。

3年生は選手権大会に向けてスキルアップしていかねばなりませんが、その為にはチーム全体としてのレベルアップも必要。1年生が加わったことで一時的に全体練習のレベルが下がってしまいましたが、やる気満々の1年生の成長速度は早く、今月中にはある程度のレベルまで引き上げることが出来そうです。

あとは体育祭での疲労や怪我だけが心配です。みんな頑張れ!

| | コメント (0)

2017年5月19日

修禅寺と修善寺

01a5eb99d6ee5975af7995db29dca88b6a0先日のバス旅行で久しぶりに修善寺に立寄る

添乗員さんが、修善寺と修禅寺は ”ぜん”の字が違うんですよとコメントに、学生の頃習ったなぁ・・・と思い出しました。

お寺の修禅寺
敷地は左程大きくありません。
お庭の手入れが良くされていて、訪れて気持ちの良いお寺です。

驚いたのが 山門を入ってすぐにある水屋の手水01402ceb1a303a7c7de60fcb522a6f86234

お参り前に清めるものですが、こちらは龍の口から水がでています。
一見 一般的な水屋と思ったら、龍の口からでていたのは温泉でした。

水屋の水は冷たいという先入観があるからか、熱さに驚いてしまいました。

続きを読む "修禅寺と修善寺"

| | コメント (0)

2017年5月18日

月イチ歌舞伎 連獅子/らくだ と ムビチケ

今年の月イチ歌舞伎の1弾は 中村屋親子による連獅子(2007年新橋演舞場) と 故三津五郎と故勘三郎 主演のらくだ(2008年歌舞伎座)の2本立てでした

1本目のらくだ は 長屋中の嫌われ者 らくだの馬太郎(亀蔵)が亡くなり、仲間の半次(三津五郎)が弔いの金を用立てようと、紙屑買いの久六(勘三郎)とともに、馬太郎の遺体を担いで家主宅に乗り込む話
遺体にカンカンノウ(当時流行った踊り)を踊らせ、家主から酒と肴をまんまとせしめることに成功
馬太郎宅に戻り、通夜として酒を飲み始めると大人しかった久六の酒癖の悪さが出てくるお話

遺体となった亀蔵も大変な役だし、人の死の場面であるが、遺体を踊らすという荒唐無稽な展開に大笑いとなる芝居だった。

連獅子は 親獅子が子獅子を千尋の谷に突き落とし、駆け上がって来た子獅子だけを育てるという故実を演目にしたもの
中村親子の踊りをみるのが、個人的に新鮮で、歌舞伎役者の技量の幅を感じました。

来月の月イチ歌舞伎は 市川染五郎・市川猿之助のW主演 東海道中膝栗毛〈やじきた〉
で6月3日~

続きを読む "月イチ歌舞伎 連獅子/らくだ と ムビチケ"

| | コメント (0)

2017年5月17日

ジュリアス・シーザー @蜷川幸雄シアター

蜷川幸雄氏の一周忌追悼の企画として 先週末から 蜷川幸雄シアターが始まった。

これは 蜷川幸雄の舞台公演4本が、1週間づつ4週に亘ってスクリーンで上映される。

第1弾が ジュリアス・シーザー
2014年、彩の国シェイクスピアシリーズとして上演されたもの。
阿部寛、藤原竜也、吉田鋼太郎、横田栄司 ほか
上映時間:175分

舞台セットとオープニングから観客を惹きこませる演出だった。

劇場内で上演中の注意事項がアナウンスされている中、マント(コート)役者が一人二人と舞台に現われ、階段状のセットに腰掛ける

そして一斉にマントを脱ぐと舞台が始まった

観客席の通路も何度も使われ、劇場全体が舞台のような壮大さもあった

実際に彩の国シアターで観劇していたら、ワクワクしただろうなぁ、、、と思いながら鑑賞。

続きを読む "ジュリアス・シーザー @蜷川幸雄シアター"

| | コメント (0)

2017年5月16日

練習試合0514

練習試合0514
今週も日曜日は中学バスケチームの練習試合。

徐々に引退に近づく3年生にとっては1つも無駄な試合はできません。

今回は同じ市内のS陵中を会場に、同校とT摩市立S訪中、K江市立第四中、K崎市立Hるひ野中が集まって試合をしました。

練習課題はセットプレイの熟成と、ディフェンス時のボックスアウトと大きく2つ。

この日はスタメンの内ポイントガードが体調不良でおらず、セカンドガードも怪我のためにベンチを温めるという状況。

従ってこの日は練習課題だけでなく、リザーブガードの育成というのがまず先になってしまい、なかなか厳しい状況からスタートしました。

リザーブのポイントガードは3年生。来期スタメンを考えている2年生ガードと交代しながら頑張りました。両名共ミスは多かったですが、課題をこなそうとする姿勢は良かったと思います。

肝心の試合は良いところが出たり、そうでなかったりと、依然不安定なところはありますが、セットプレイに対する動きはかなりスムーズになってきました。

あとは自分たちのシュートセレクトやシュート力が上がれば結果につながるものと思います。

本日お世話になりました各中学校バスケチーム皆様、遅くまでどうも有難うございました!

| | コメント (0)

2017年5月15日

ATM備付の封筒

01bed5ab2811d2b80dcb80328cd30efe60e
少し前から三菱東京UFJ銀行のATMに備え付けの封筒に印刷文字等が増えて、白地(無地)部分がほとんどなくなりました。(一番右)

少し前の封筒がその隣です。

ちょっとしたメモを書くには便利な白地スペースだったのですが、最近はメモも書けません。

思い当たるのが、昨夏あたりから話題になった、ATMの封筒を郵便の封筒として利用する話

その対策なんでしょうか。

ATMの封筒は紙幣封筒と呼ばれ、銀行の窓口やATMから下ろしたお金を一時的に保管する袋。

強度を考えても機械処理をされる郵便には不向きに思われるのですが、少しでも「節約」したい方達の苦肉の策なんでしょうか。

記憶では 封筒を使われた銀行も郵便局側も 郵便用の封筒ではないといいながら、郵便に使用してはダメだとは言わなかったように思います。

まさかそんな使い方をするなんて・・・という常識外の発想自体を否定はしませんが、やはり首を傾げてしまいますね。

写真左端は郵便局ATMに置いてあった封筒ですが、最近は地元企業の広告入りになってこちらも白地(無地)部分が大幅に減っています。

| | コメント (0)

2017年5月14日

週末練習0513

週末練習0513
13日は午前中から中学バスケチームの練習となりました。

体育祭が近づき、3年生で担当の係になった者が練習になかなか加われなくなってきた平日の状況を考えると、この週末の練習はすごく貴重な時間です。

さて、今回はコートの半分を女バレが練習試合をしている関係で、オールコートでは無くハーフでの練習になりました。

そうなると、1年生が加わった今日の状況では練習環境を考慮しないと上級生の良い練習にはなりませんし、そこがリードする方の課題でもあります。

それでも途中ラントレを入れながらもやりたい練習を全てこなし、狭いながらも良い練習になったと思います。

明日はT摩市立S陵中学会場で練習試合を行います。初めて対戦する学校も来るということで刺激は多いと思います。

ここで試すべき内容をしっかり試し、本能でやるバスケに頼らない練習試合になれば良いなと思います。

| | コメント (0)

2017年5月13日

今年も月イチシネマ歌舞伎、そして 蜷川シアター

昨年多いに楽しんだ 松竹の月イチシネマ歌舞伎
歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影しスクリーンで上映する(松竹HPより)、映画とは違った映像作品

今年も5月13日から月1回1週間の期間限定ですが、月替わりで上映されます。

5月は 連獅子・らくだ の2本立て
6月以降も楽しみな演目ばかり (演目一覧

今年から前売りチケットがムビチケで発売されるようになり、ネットで席の指定ができるようになった。
(今までは 前売り券を窓口に持参し、座席指定をする手順)

私は 近くの湘南テラスモール内の東急シネマで鑑賞するが、東急シネマカードホルダーの特典でエグゼクティブシートが差額なしで利用できる。
しかし、昨年までの前売り券では窓口での交換開始時刻には既に満席になっていた。

ネットで座席指定ができるようになり、午前0時過ぎに指定したので、今回はエグゼクティブシートを確保できました。

続きを読む "今年も月イチシネマ歌舞伎、そして 蜷川シアター"

| | コメント (0)

2017年5月12日

パピロン

高校バスケットの大会を観戦する際はおにぎりやパンなど簡単に食べれる物を持ち込んでしまうことが多いのですが、先日の神奈川県春季大会は 会場から徒歩圏のレストラン パピロンでランチしました。

看板にはかわいい犬のイラストとともにスパゲティ・サラダの店とあります。

01306185d19df7f1ba34856dabafde5f604店内はカジュアルな感じで、4名掛けのテーブルが多めです。
この日は休日でしたが、家族連れはなく、2人組の利用が多かったですね。

メニューは サラダ・スパゲティ・ピザ・グラタン の4種類のグループ別に素材の組み合わせで、かなり選択肢が多いです。

サラダはさらに大と小の2サイズがあります。

写真はツナとコーンのサラダ(小)
お値段が500円くらいだったのですが、2人でシェアするには十分の量でした。

続きを読む "パピロン"

| | コメント (0)

2017年5月11日

竹林の小径 @ 修善寺

013245033a9cadfff016abc8c3b9ec206e0
先日のバス旅行は 中伊豆日帰りツアーで、目玉の立ち寄り地は 新緑の修善寺と林泉寺の砂擦りの藤

018fd92d583fec67d15b8fc5ebb66a5bac9最近修善寺観光の人気スポットのひとつ 竹林の小路はとっても清々しいエリアでした。

続きを読む "竹林の小径 @ 修善寺"

| | コメント (0)

2017年5月10日

世界一の寄木細工展 @鈴廣 かまぼこ博物館

01158413aa68687842e9d36e8a8ad78f003先日 優待のバス旅行に参加した際、最終の立ち寄り地が 小田原の鈴廣だった

旅行最後のお土産を買うつもりだったが、隣の かまぼこ博物館で行われていた展示に目が留まった

世界一の寄木細工展  (4月29日~6月11日)
無料でもあるし、、、と覗いてみた

期待以上の立派な展示品の数々で圧倒された

美術工芸品の調査・収集をライフワークとしている金子皓彦氏の個人コレクション10万点から150点を展示しているというから驚きだ

パンフにも掲載されている ライティングビューローは海外に亘った寄木細工で 高さ181cm、幅241cm
明治時代の作品だが、細部にまで寄木細工が施され、美しかった

また 海外(例えばシチリア地方)の寄木細工作りの作品も展示されていて、箱根の寄木細工との共通点・違いがあって、とても興味深かった。

かまぼこ博物館の3階の新装に合わせての展示会

続きを読む "世界一の寄木細工展 @鈴廣 かまぼこ博物館"

| | コメント (0)

2017年5月 9日

練習試合0507

練習試合0507
ゴールデンウィーク最終日の7日は中学バスケチームの練習試合です。

今回は後輩の指導するW光中学にて、同校とH王子市のY井中の三校で行いました。

個人的に気合の入る今回の練習試合でしたが、会場に入ると我がチームのダメっぷりが全開で、すぐに試合なのにダラダラとだらしなくガッカリする。

そもそも、試合に入る前にスタートのポイントガードとセカンドガードは体調に問題があり使えないことが判明。この時点で「はぁ?」という感じに…。

選手層の薄い中学チームですからそれだけで異常事態で、最初のY井中戦では噛み合わない時間帯にミスプレイの山を築いては全く何もできないで終えてしまう。

少し間を開けたW光中戦ではもう少し落ち着いた展開になりましたが、ここ一番のミスで勝利を掴むことができずに終わってしまいました。

唯一2年生チームが気を吐いて、ディフェンスを頑張って逆転からの一勝を上げたのが嬉しかったです。

中学バスケチームは来月になると体育祭に続いて選手権大会がすぐに始まります。これに負けると3年生は引退となるので、是非ここで勝利する為にもチーム一丸となって欲しいのですが…。

本日お世話になりましたW光中、Y井中のバスケットボール部の皆さん、どうも有難うございました!

| | コメント (0)

2017年5月 8日

久しぶりのMotiのカレー

011ea9a655e8327224680bd79e817edca5c先月 赤坂歌舞伎をTBS近くの赤坂ACTシアターに観劇に行った時、周辺の雰囲気が私の記憶と全然違って、正直お上りさん状態でした。

TBS周辺に来たのが、○年ぶりっていう状態でした。

そこで、後日表参道に予定があった時、兄貴を誘って 再びTBS付近を散策
お上りさんでも2人なら恐くないって感じでキョロキョロしてしまいました。

そして いざランチ・・・となり、オープンカフェ付のお店にしようかと思っていた時に目に入ったのが ”MOTI” の看板

インド料理の老舗です
兄貴も私も 在東京時代は随分お世話になったものです。
懐かしくなって 迷わず入ってしまいました。

1時を過ぎた時間帯だったので、店内も落ち着いていて、久しぶりにMOTIのカレーを堪能しました。
ランチは ドリンク付で 1000~1200円位でした。

手前はバターチキンだったのですが、バターミルクの味が濃厚でした

カレーのボリュームが割とありました。
食べ終わって落ち着いて周囲をみると、3種類のカレーが味わえるスペシャルセット(1150円)を注文する人が多かったようです。

店内は昔からのMOTI風味を維持していますが、今となってはレトロな感を覚えます。
周辺のビルが建替えられる中、細い階段あるいは狭いエレベーターで昇るのも、妙に青春を思い出してしまいました(笑)

MOTI 赤坂TBS前店
港区赤坂2-14-31  金波ビル3F
03-3584-6649
定休日:日・祝
11:30-23:00
(ランチは15:00まで)

| | コメント (0)

2017年5月 7日

メットガラ ドレスをまとった美術館 @ル・シネマ

現在上映中の メットガラ・ドレスをまとった美術館を観てきました。

場所は 渋谷 文化村のル・シネマ

公式サイトの劇場一覧によると、神奈川県内の映画館でもこれから上映予定のようですが、待ちきれませんでした。

ネットで座席指定・チケットが購入できるので、納得できる席が確保できたので、出掛けました。

映画はニューヨークのメトロポリタン美術館で行われた 2015年のメットガラの舞台裏を追ったドキュメンタリー

メットガラは Vogueの辣腕編集長で、映画「プラダを着た悪魔」のモデルといわれる アナ・ウィンター(Anna Winter)が仕掛ける チャリティーイベント
彼女の人脈もあり ファンション・映画・音楽業界を始め多方面の著名人が出席し、1席25000ドル(約285万円)もすぐに満席になるという
メトロポリタン美術館の特に衣装部門へ大きく貢献しているイベントという。

アナ・ウィンターにとってメットガラはビジネスではなく ファッションを美術として根付かせる活動のようだ。

続きを読む "メットガラ ドレスをまとった美術館 @ル・シネマ"

| | コメント (0)

2017年5月 6日

美味しい出汁のラーメン

美味しい出汁のラーメン
少し前のことですが、とてま美味しかったのでアップします。

中学バスケチームの試合での移動時のこと。京王高幡不動駅に隣接したレストランのラーメン店「纏〜まとい」の鶏ガラチャーシュー麺に出会いました。

つけ麺が目玉の様でしたが、個人的な好みを優先してオーダーする。お昼は大盛り無料で、出汁が効きながらもサッパリしょうゆ味が美味しかった。

試合も勝って良い1日でした。

| | コメント (0)

2017年5月 5日

練習試合0504

練習試合0504
4日は中学バスケチームの練習試合の日です。

今回はT川市にあるT川国際中等教育学校を会場に、同校とN東京C鮮中学と3チームで回しながら行いました。

どちらも我がチームからすると他地区での中堅チームであり、地区のレベルから考えると格上と言えます。

今回の課題は昨日練習したセットオフェンスの実践がメインで、ガードの指示により3メンアウトもしくは4メンアウトの体型で練習したセットプレイを練習することでした。

しかしながら最初に対戦したN東京C鮮中学の、バスケの当たり(接触プレイ)に圧倒された我がチームガード陣。全く練習した内容を表現できません。

次のT川国際中等教育学校戦では幾分か戦えましたが、こんなに苦労できるなら練習試合に来た甲斐があったというもの。

この日は3年生だけでなく2年生や1年生までも投入して、練習課題も意欲的に取り組めた賑やかで刺激的な練習試合になりました。

本日胸を貸していただきましたT川国際中等教育学校とN東京C鮮中学の皆様、本当に有難うございました!

| | コメント (0)

2017年5月 4日

強豪に惨敗

30日に引き続き、1日の午後も大学バスケチームのトーナメント戦になります。

今回の対戦相手は関東1部のA山学院大。数年前までインカレチャンプだった同校ですが、今も大型チームであることには変わり無く、我がチームとしては格上(相当な)と公式戦の場で対戦する貴重な機会となりました。

立ち上がり相手の高さになれない我がチームは、横のフェイクを使いながらディフェンスの隙間を作り突破を試みますが、その体格差はちょっとやそっとではかわしきれず、必然的にタフショットとなっては得点に繋がりません。

得点できないなら必死で守るだけですが、前半はジャッジの笛に助けてもらったところはあれどもA山学院大の攻撃に耐えました。

前半を終えて18-32とビハインドながら良い試合を展開。得点が入れば文句ありません。

ですが後半に入りA山学院大は前半展開したフォーメーションでは無く、強引な1対1から得点を取りに来ました。

こうなると体格・個人能力に劣る我がチームは劣勢になり苦しい時間を過ごすことになる。

ですがこちらも途中交代のセンターやガードのドライブからチャンスを作る事も出来、最後まで闘志は見せたものの最終スコア35-79で敗退。我がチームの今季トーナメント戦が終わりました。

試合後は学生幹部を誘い、これまでの反省会を兼ねた食事会を開き労をねぎらい、今日の活動は終わりました。お疲れ様でした!

| | コメント (0)

2017年5月 3日

大学トーナメント戦初戦!

大学トーナメント戦初戦!
大学バスケチームは30日からトーナメント戦に参戦します。

緊張感漂う初戦。リーグ戦とは異なり、トーナメント戦は独特の雰囲気があります。

対戦相手は関東4部のM蔵大。M蔵大はここに来るまで、既にトーナメントを2勝してここまで来ています。

立ち上がりは我がチームのマンツーマンを攻めあぐねていたM蔵大でしたが、2人のシューターからのスリーポイントが決まり始めると接戦になります。

こちらはエースフォワードのスリーポイントやガード陣の1対1で得点を稼ぐが、効果的に速攻が出ず突き放せません。

もたもたしているうちに前半を29-33とビハインドで折り返すことに。

ですが後半はディフェンスのプレッシャーを上げて臨み、勝負所で速攻が決まり始めて突き放しに成功。

最後はベンチメンバーも出すことが出来て、最終スコア80-58で初戦に勝利することが出来た。

明日は関東1部の強豪A山学院大との対戦です。

格上との対戦となりますが、これまでやって来た練習の成果を出せるよう頑張ってもらいたい!

| | コメント (0)

2017年5月 2日

県高校バスケ観戦

県高校バスケ観戦
中学バスケ敗退の翌日、4月30日から大学バスケチームは春のトーナメント戦に参戦します。

試合は夕方なので、この日の午前は小田原アリーナに行き、神奈川県の高校バスケを観て来ました。

前日の疲労感を残して会場入りし、この責任のないバスケの試合観戦は肩に力が入らず心地良かった…。必死にやっているチームに申し訳ない。

神奈川県は上位5校が関東大会に出場出来ます。勝ち上がったチームの健闘を祈ります!

| | コメント (0)

2017年5月 1日

春季大会4回戦

春季大会4回戦
今日は中学バスケチームの春季大会4回戦です。

対戦相手はH野市立H山中。我がチームの学区の新人三位チームであり、この大会のシード校と対戦です。

今週は疲れはあれども良い練習が出来ていたので「勝つぞ!」という気持ちで臨みましたが、本番はなかなか甘くなく、H山中のオールコートディフェンスに我がチームのガード陣がミスを繰り返し、それに興奮した気持ちをコントロール出来ず思わぬ点差がついてしまう。

だが、落ち着いて来たら我がチームもイーブンの展開を見せ始めたので、前半の差を後半どれだけ詰められるかが課題になった。

後半はベンチメンバーの交代を早めながら、全員で戦う姿勢を見せ、あと少しで決められる…!というところまでは修正出来た。

だがその「あと少し」がなかなか遠い…。

結局最終スコア52-87で我がチームの春が終わりました。

センターにさえボールが入ればシュートは決められたのに、試合後悔しさが残ります。

多くの選手達が力を使いきり、クタクタになったこの試合でしたが、持ち味の「粘り」は見せることは出来たかなと思います。

3年生は残すところ6月の選手権を残すのみとなりました。ここでの成長を更に伸ばし、有終の美を飾って欲しい。

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »