« 月イチ歌舞伎 連獅子/らくだ と ムビチケ | トップページ | 平日練習0515~0517 »

2017年5月19日

修禅寺と修善寺

01a5eb99d6ee5975af7995db29dca88b6a0先日のバス旅行で久しぶりに修善寺に立寄る

添乗員さんが、修善寺と修禅寺は ”ぜん”の字が違うんですよとコメントに、学生の頃習ったなぁ・・・と思い出しました。

お寺の修禅寺
敷地は左程大きくありません。
お庭の手入れが良くされていて、訪れて気持ちの良いお寺です。

驚いたのが 山門を入ってすぐにある水屋の手水01402ceb1a303a7c7de60fcb522a6f86234

お参り前に清めるものですが、こちらは龍の口から水がでています。
一見 一般的な水屋と思ったら、龍の口からでていたのは温泉でした。

水屋の水は冷たいという先入観があるからか、熱さに驚いてしまいました。

01b4ee6989f4f94d5f2f40911e423ada421水屋には 桂谷霊泉 大師の湯と書かれた看板

飲用も可能な温泉でした。

修禅寺の山門は2014年に改修されたもの。
改修に伴って、指月殿から金剛力士像が移動されたそうです。

指月殿とは修禅寺と桂川を挟んだ反対側にある建物で、北条政子が息子頼家の菩提所として建立とされます。
風雪にあたりかなり傷みのみえる建物でした。

013b276648a3daf1dea2a3b93b1a2b3302e01193141cfe6d78629e577e6fffc8f64ec8

指月殿には釈迦如来像が鎮座する。
禅宗式という珍しい形で、持物のないはずの釈迦像が右手に蓮の花を持っているのが特徴だそうです。

最近の修善寺では 桂川にかかる五つの橋にそれぞれ恋愛にちなんだ別称がつけられ、恋愛成就のご利益があるといわれているそう。

渡月橋(みそめ橋)
虎渓橋(あこがれ橋)
桂橋(むすばれ橋)
楓橋(よりそい橋)
滝下橋(安らぎ橋)

恋の橋めぐりという散策コースもあるそうです。

手頃なサイズの観光地で、自然も多く、リフレッシュできました。
残念だったのは 修善寺温泉発祥の湯といわれる独鈷の湯近くに無料の足湯があったのですが、足湯を利用できる服装でなかったのが悔やまれます。

|

« 月イチ歌舞伎 連獅子/らくだ と ムビチケ | トップページ | 平日練習0515~0517 »

あしあと@東海」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 月イチ歌舞伎 連獅子/らくだ と ムビチケ | トップページ | 平日練習0515~0517 »