« パピロン | トップページ | 週末練習0513 »

2017年5月13日

今年も月イチシネマ歌舞伎、そして 蜷川シアター

昨年多いに楽しんだ 松竹の月イチシネマ歌舞伎
歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影しスクリーンで上映する(松竹HPより)、映画とは違った映像作品

今年も5月13日から月1回1週間の期間限定ですが、月替わりで上映されます。

5月は 連獅子・らくだ の2本立て
6月以降も楽しみな演目ばかり (演目一覧

今年から前売りチケットがムビチケで発売されるようになり、ネットで席の指定ができるようになった。
(今までは 前売り券を窓口に持参し、座席指定をする手順)

私は 近くの湘南テラスモール内の東急シネマで鑑賞するが、東急シネマカードホルダーの特典でエグゼクティブシートが差額なしで利用できる。
しかし、昨年までの前売り券では窓口での交換開始時刻には既に満席になっていた。

ネットで座席指定ができるようになり、午前0時過ぎに指定したので、今回はエグゼクティブシートを確保できました。

そして 今月は 蜷川幸雄氏の一周忌追悼企画 として 蜷川幸雄の代表作4作が 1週間交代で上映される

蜷川幸雄シアター

13日から ジュリアス・シーザー
20日~   身毒丸
27日~ 間違いの喜劇
6月3日から ベニスの商人

どれも話題になった作品ばかりで、私は4作品全部見る予定です。

月イチ歌舞伎も蜷川幸雄シアターも各作品の上映期間が1週間と決まっている上、上映回数も1日1回の映画館がほとんどです。

ちょっと行動が制限されてしまいますが、5月は個人的に映画月間ということにしました。

|

« パピロン | トップページ | 週末練習0513 »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パピロン | トップページ | 週末練習0513 »