« 高校バスケ関東大会観戦 | トップページ | 天麩羅ランチ @花かんざし »

2017年6月 5日

17世界卓球@デュッセルドルフ

本日 大会最終日となる 今年の世界卓球(於:ドイツ デュッセルドルフ)

各カテゴリーで日本人選手の活躍があり、大いに盛り上がった大会でした。

複合ダブルスの 石川佳純・吉村真晴ペア、48年ぶりの優勝 おめでとうございます。

女子シングル 平野美宇選手の銅メダルも48年ぶりでした。

男子ペアでは 大島祐哉・森園政宗ペアは56年ぶりの優勝を目指しましたが、惜しくも銀メダル(48年ぶり)

そして、今大会一番の旋風を巻き起こしたのが、男子 張本智和選手(中2、13歳)
メダルには届かず、ベスト8どまりでしたが、2回戦で日本の大エース 水谷隼選手(世界ランキング6位)に勝ち、その後も13歳をかんじさせない堂々とした卓球を展開した。

最終日には 女子の高校生ペア 伊藤美誠・早田ひなペアが登場
メダルまであと1勝だが、相手は中国ペアで タフな試合が予想されるが、是非とも頑張っていただきたい。

それにしても 日本選手が一段と強くなっていて、本当に東京五輪が楽しみ。
特に 平野選手、張本選手の卓球スタイルは 新時代を感じさせる 高速・パワー卓球

一方 中堅組の丹羽選手や大島・森園ペアもパワーがついて、ラリーを制する場面が多く、面白い試合だった

その日本勢に立ちはだかる中国の壁は 以前ほど高くは感じなくなったけど、やはり高く・頑丈だった。

平野選手は4月のアジア選手権で丁寧選手(世界ランク1位)に勝ったが、やはり簡単には2連勝はさせてもらえなかった。

大島・森園ペアも決勝での中国ペアとの戦いは互角だったが、最後のゲームポイントを奪いきれなかった。

それでも日本卓球界の強化は順調に実を結んでいるように感じた。

張本選手に敗れた 水谷選手が ”彼(張本選手)のためにも自分が成長したい・・・”とコメントしているが、厚い選手層の中で切磋琢磨して日本卓球のレベルをさらに上がることが非常に楽しみ

せっかくの好試合が続いているのに、放映権をもつテレビ東京の番組編成酷かったですね。
世界卓球と全仏テニスの日程が被ってしまった苦肉の策なのかもしれませんが、同時放映って無理がありました。

錦織選手の活躍も気になりますが、録画のテニスの試合を流すなら、張本・水谷の日本人対決をライブ放映して欲しかった。
テレビ東京に放映権があるからか ittfのストリーミングサイトはブロックされてみれなかったし、、、、

さらに 石川・吉村ペアの48年ぶり優勝の試合も生中継しないなんて・・・
もったいない
今までコツコツと毎年世界卓球を放映してくれて、ファンの支持や期待もあったと思うけど、今年の放送で失望させられた感じで残念

|

« 高校バスケ関東大会観戦 | トップページ | 天麩羅ランチ @花かんざし »

#卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高校バスケ関東大会観戦 | トップページ | 天麩羅ランチ @花かんざし »