« シャツを何枚着替えるか? | トップページ | 中日新聞社 浅田真央 報道写真集 »

2017年7月23日

涙の校歌斉唱

22日(土)の試合で神奈川のベスト16が決まった

私立の強豪校の中に、県立高校として 大師高校、氷取沢高校が勝ち上がった。

TVで氷取沢と第3シードの創学館の試合を観ていましたが、どちらが勝ってもおかしくない好ゲームでした。

序盤は創学館のペースだった流れの中で氷取沢はエース三羽投手を中心に良く守り、堪えました。
その後少ないチャンスを確実に点に繋げ、逆転
終盤も追いすがる創学館に対して、三羽投手の好投と好守備で流れを渡しませんでした。

氷取沢高校野球部創部初の5回戦進出!
勝利チームの校歌斉唱では、嬉しさの余りか泣きながら歌う選手がいました。
シード校に勝った嬉しさ、初の5回戦進出を決めた喜びに溢れた、素晴らしい校歌斉唱でした
敗れたチームが相手校の校歌斉唱の際に我慢しきれずに涙する場面は良くTV中継に流れますが、勝利チームの涙は珍しい
こういう場面を観れるのも高校野球・スポーツの魅力ですね。
私まで嬉しくなる。

一方の大師高校は3回戦で第3シードの桐蔭学園を破り、勝ち進んできました。
5回戦は2014年に続いての進出で、今年はベスト8を目指している

5回戦は23日に4会場で全試合が行われる
大師高校は桐光学園(@大和球場)と、氷取沢高校は立花学園(@保土ヶ谷球場)と対戦

大師は1日の休養があったが、氷取沢は連戦となる
氷取沢に敗れた創学館がエース川井投手を控えに回したのも連戦を考慮したためだったのかもしれない。

近年は予備日が大会スケジュールで設けられ、休養をとれる日ができたとはいえ、大会の終盤となるとコンディショニングが本当に難しいと思う。
烈火の陽射しの中の試合が続いている。
23日も 11時と13時30分から。

組合せ

|

« シャツを何枚着替えるか? | トップページ | 中日新聞社 浅田真央 報道写真集 »

#高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シャツを何枚着替えるか? | トップページ | 中日新聞社 浅田真央 報道写真集 »