« 八月納涼歌舞伎 第一部 | トップページ | 浅田真央 希望の軌跡 »

2017年8月14日

世陸 400M 銅メダル!

1日遅れの記事になりますが、世界陸上の4x100M(400M)リレー

日本チーム、世界陸上初のメダルは銅!
おめでとうございます。

ラストランになったボルト選手のアクシデントは残念でしたが、バトンパス等何が起こるかわからないのが400Mリレー
そのレースで、しっかり予選からバトンパスを修正し、タイムを上げて、ベストの走りができたことがメダルに繋がりました。

確かにボルト選手のアクシデントがなければ・・・となりますが、日本チームはお家芸のバトンパスがはまりました。
4走にバトンが亘った時点で4位位置でレースを展開し、ゴールまで逆転されなかった故のメダルです。

何より、今回初のJAPAN代表に選出された 多田修平選手(関西学院大)の本番の強さは素晴らしいですね。
6月の追風参考ながら9秒台を出してからの飛躍が凄い
個人でも予選突破でしたし、400Mリレーの決勝では快心のスタートだったとは、初の世界大会とは思えない 堂に入った パフォーマンスには 恐れ入ります。

リレー回避は残念でしたがサニブラウン選手の個人レースでの活躍(200Mで決勝進出)や多田選手が 日本チームに新しいポジティブな流れを作ってくれているように感じます。

2走 飯塚選手と3走 桐生選手は もう心配のない安定した走り

そして 4走の藤光謙司選手!
正直 兄貴と一緒に泣きました!
よかったぁ~

学生時代から 日本男子短距離界を牽引してきた藤光選手
日大時代からまさにいぶし銀の様な活躍で、優勝候補などと騒がれることはなかったが、かならず上位にいるし、サラッと優勝をかっさらっていくそんな選手だった。
一方で怪我に泣かされたことも多く、選考レースで結果を出せないこともあった。

今年で31歳の藤光選手は昨年のリオ五輪に200Mで出場。
リレーの補欠メンバーにも入っていたが、本番で出走するこはなく、脚光を浴びる銀メダルのリレーチームの外側にいた

リオ五輪で競技を終えることも考えたという藤光選手。

今大会もリレーメンバーの補欠で代表入り
日本選手権の結果から4人目のリレーメンバーが桐生選手という今までにない顔ぶれに ベテラン藤光選手のチャンスは少ないように思われた。

藤光選手のアンカー起用というコーチ陣の決断はレース6時間前だったという。
リオ五輪メダリストのケンブリッジ選手を外しての起用

コース紹介の時もレース後のインタビューも いつもの藤光選手だった。
そんな藤光選手の姿に こちらが泣けた。

ほんと、よかったなぁ~

やっぱりこの本を読みたくなりますね。
”夏から夏へ”佐藤多佳子著

北京五輪に挑むリレーメンバーを約1年取材したノンフィクションです
読後感の記事

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夏から夏へ (集英社文庫) [ 佐藤多佳子 ]
価格:555円(税込、送料無料) (2017/8/13時点)

これで 北京五輪の銅、リオ五輪の銀 と 400Mリレーはやってくれる・・・と東京五輪に期待値が上がりましたね。

充実の短距離陣は代表争いが熾烈を極めそうですが・・・

(追記:競歩50キロ 銀銅メダルと全員入賞おめでとうございます。20キロは残念だったけど、日本競歩陣 強い!)

|

« 八月納涼歌舞伎 第一部 | トップページ | 浅田真央 希望の軌跡 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八月納涼歌舞伎 第一部 | トップページ | 浅田真央 希望の軌跡 »