« 大学リーグ2週目① | トップページ | 今読んでいるのは »

2017年9月16日

大学リーグ2週目②

1

リーグ4戦目は2mセンターを擁するS玉工大です。

3部の中でも大型であるS玉工大は、このセンターだけでなく185〜190クラスのフォワードがおり、小さい我がチームとすると天敵のようなチームと言えます。

スタートは#0・#2・#7・#13・#87の4年生。

 

試合が始まるとS玉工大はセンター#8にボールを入れ、早速高さのミスマッチを攻めてきました。

このセンター相手にPF#13が応戦。ここでファールを吹かれても、交代で出たC#53が体を張って守ります。

だが、今日のS玉工大はガードフォワードのシュートがよく決まり、1ピリでは#5が連続で決めると、2ピリでも#3や#25がスリーポイントを外しません。

こちらもPF#87の1対1やシューター#7のシュートで応戦するも、展開としては得点の入れ合いの様な展開となってしまう。

前半を終えて30-39と9点ビハインド。

後半に入るとPG#0の気迫溢れるプレイが盛り上げる。彼による巧みなドリブルやルーズボールでチャンスメイクをしてエース#87が決めるというパターンで得点差が縮まっていった。

こうして早くも3ピリで追いつきそうな勢いになりましたが、S玉工大は大事な所でのスリーポイントが外れない。

角度の無いところや少し強めのバンクシュートでもスリーポイントが決まり、逆に我がチームがタイムアウト。再び得点差が開いてしまいました。

4ピリ終盤。かなり疲れてしまった我がチーム。PF#87のシュートが決まるもののS玉工大の攻撃を抑えきれず、最終スコア67-81で厳しい3敗目を喫することになりました。

来週は天皇杯予選の関係で、18日(月)の試合だけとなり、少し体を休める時間が出来るかもしれません。

選手達にはここで体と心の調整をしてもらいたい所です。

|

« 大学リーグ2週目① | トップページ | 今読んでいるのは »

バスケコーチMの独り言(17夏~)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学リーグ2週目① | トップページ | 今読んでいるのは »