« 大学リーグ1週目② | トップページ | フィギュアスケート ジュニアグランプリ »

2017年9月10日

9秒台! @福井全カレ

ついに出ましたね!
100Mでの9秒台

昨日 福井で開催中の全日本インカレ 男子100M決勝で 東洋大 桐生選手が日本新記録となる 9.98秒で優勝!

おめでとうございます。

9秒台を狙える選手が複数いる現在の男子短距離界の中にあって、どの選手が10秒の壁を突破してもうれしいが、やはり桐生選手が初の9秒台には最もふわしいと思う。

高3に出した10秒02から一番9秒台に近い選手と言われ続け、誰よりも9秒台への期待とプレッシャーを背負った4年間だったのではないでしょうか。

記者会見で 「東洋大のユニフォームを着ているうちに(9秒台を)出せてよかった」 とのコメントにこちらも頷いてしまいました。

それでも浮かれることなく、「これが世界のスタートライン、来季は常に9秒台をコンスタントに出したい」と次のステージへの抱負を。

今は喜びと安堵、そして新たな決意 というところでしょうか。

2位の多田選手も自己ベスト&大会記録
スタートから中盤までの加速は今大会でも素晴らしかった
桐生選手の終盤の加速がそれを上回る出来でした。

次の国体、そして来季の100Mでの争いが楽しみです。

一方、長距離種目ですが、毎年のことながら、全日本インカレの参加記録をもっていてもエントリーしない大学があります。
このため若干の盛上りに欠けるような気がしないでもありません。

応援している東海大は全種目複数エントリー

初日の1500M(館沢選手6位)と10000M(松尾選手5位)と入賞
昨日の5000Mでは阪口選手が3位で表彰台に乗りました。
1500Mとのダブルエントリーだった 館沢選手も5位と入賞

表彰台という華々しさはありませんが、確実に結果を残しているようでうれしいです。

注目度の高い、關選手、鬼塚選手がそれぞれラスト勝負の前に先頭集団から離れてしまい凡タイムで終わったのは悔しいですが、両選手頼みではないチームが着実に出来上がっているように感じます。

最終日には3000M障害の決勝
昨年4位だった三上選手が、現学生3000M障害では無敵の塩尻選手(順大)にどこまでついていけるか、、、
楽しみです

今大会の福井会場は来年の国体会場のようですね。
現地観戦を最後まで模索しました(往復夜行バスの日帰りとか・・・)
思っていたより福井への移動が時間がかかって、、、諦めました。

|

« 大学リーグ1週目② | トップページ | フィギュアスケート ジュニアグランプリ »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学リーグ1週目② | トップページ | フィギュアスケート ジュニアグランプリ »